スマートフォン用の表示で見る

アールグレイ

アールグレイ

あーるぐれい

:紅茶

Earl Grey

古典的なフレーバーティーの一つ。

セイロンなどのタンニンの少ない茶葉にベルガモットで香り付けしたもの。


1830年代、グレイ伯爵中国で聞いた紅茶に着香する製法をロンドンの紅茶商ジャクソン社に教えたことから始まります。


詳しくはこちらのコラム参照。


一口メモ

業務用のアイスティーは殆どがアールグレイ。淹れて冷やした時にダウン(お茶が濁る現象)が他の茶葉に比べて少ない事から、比較的多く用いられるようになった。ある小説(もしくは、イギリスの一部)では“嫌いな客(帰ってほしい客)にはホットのアールグレイを出す”などで示すとおり、ホットのアールグレイは匂いがちょっときついので、慣れてない人には辛いかも。

そういう時は、好みの茶葉にアールグレイを一匙いれると、やわらかいアールグレイの香りが楽しめます。

お試しあれ。