Hatena::ブログ(Diary)

ハイカロリー

Shin Yamagata

お知らせ  リンク  zine  Twitter

 

2017-07-21

f:id:blepharisma:20170721081624j:image

2017-07-19

f:id:blepharisma:20170719091106j:image

6月27日

コーメートーの選挙カーが、犬を連れて散歩をしているおばさんの横を通るとき、いきなり、「殺処分ゼロ」とかなんとか言いはじめた。犬を連れたおばさんは選挙カーを睨んだ。わたしもおばさんと同じように選挙カーを睨んだ。おばさんとわたしは心を一つにした友達となって選挙カーを睨んだ。

2017-07-15

f:id:blepharisma:20170715081354j:image

2017-07-13

f:id:blepharisma:20170713090831j:image

2017-07-11

f:id:blepharisma:20170711083112j:image

6月22日

角を曲がった。その角に建つ、去年新しく建った建売住宅の玄関に続く4段ほどの階段を駆け上がっていく制服姿の女子高生の姿が目に入った。「ただいまー」関東のイントネーションの、思っていたよりも低い声が聞こえた。なるほど、と思った。何が、なるほど、なのかは思った本人もわかっていなかった。ただ、なるほど、という言葉が頭に浮かんでいた。バタンと玄関の重そうな扉が閉まった。ただいまーか、久しぶりに聞いたぞ、それも関東訛りだ、駿介はそう思った。ただいまーなんて、もう10年は聞いてなかったのではないか、なんだ、この新鮮な気持ちは、テレビドラマをみているようだ。緩い下り坂のために普段は速くなってしまう足を緩め、駿介は振り返った。

2017-07-09

f:id:blepharisma:20170709084809j:image

2017-07-07

f:id:blepharisma:20170707185659j:image

糸崎さん(http://itozaki.fc2web.com)の展示を見に行ったのは確か、5月のどこかだったか。フォトモの展示だった。最近のものより、過去に手作業で作ったものの方が圧倒的におもしろかった、というようなことを書いた気がする。展示のことよりも糸崎さんが連載していた、カメラを改造したりする連載が終わってしまうことが残念だ、みたいなことに分量を割いて書いたはずだ。そういう話を聞いたからだった。あの連載は良かった。写真の根っこを常に問い続ける連載だった。写真に内面や感情が写るのか、みたいな、未だに問い続けられている、ほとんど意味のない問いを真っ向から無視する素晴らしい連載だった。カメラやレンズを改造、あるいは自作し、まだ見ぬ映像を提供し続けた貴重な連載だった。写真とはカメラやレンズといった機械が写すものだ、光学的な現象なのだ、この写真の基本中の基本を徹底的にやり抜こうとした姿勢は見事だった。この連載が終わることで、まだまだ世の中にくすぶり続けている、写真に内面や感情が写るのか、というような、全く意味のない、問いが活発になることが懸念される。残念だ。昨今、写真に過剰な意味を与え、あーでもないこーでもないと言いたがる、どんだけ写真にいろんなものを背負わせれば気が済むんだ、と言いたくなるような写真が溢れる中で、どんな写真が撮れるだろうか、どんな風に写ってしまうのだろうか、そんな好奇心むき出しのあの連載が終わってしまったのはこの世の損失だといっても過言ではない。様々なレンズから繰り出される見たことのない映像を提供し続けたあの連載、これからも未知なる映像を提供し続けたであろうあの連載、写真のこれからの可能性を示し続けたあの連載が終わるのだ、残念で仕方がない。書き直すと随分と大げさになってしまったが、確かこのようなことを書いたのではないだろうか。

2017-07-05

f:id:blepharisma:20170705181600j:image

2017-07-03

f:id:blepharisma:20170703174245j:image

カメラのレンズは目に似ている。赤ちゃんの目は動くものに次第に反応するようになる。カメラのレンズは目に似ている。

2017-07-01