Hatena::ブログ(Diary)

ハイカロリー

Shin Yamagata

お知らせ  リンク  zine  Twitter

 

2017-11-23

f:id:blepharisma:20171123123324j:image

10月17日

ずっと雨が降っていて、赤道近くの海では台風が発生したとか言っていて、だからというわけでもないけど、期日前投票へ出かけた。わたしが暮らす選挙区には小池の横でチラチラとよくテレビなどに映っている、あの、髭をはやしていたけど、小池に剃れと言われたのかどうかは知らないけど、選挙ポスターでは髭のない、人相が悪そうな男が緑に包まれて立候補している。こんな奴や政党には絶対に入れないし、現体制に不満があるのだからあの党にもこの党にも絶対に入れない。するともう限られてくる。今回の選挙は簡単だ。

2017-11-21

f:id:blepharisma:20171121092459j:image

8月7日

雨が降り向かいの山の木々が風で揺れている。台風だ。夜には緩んだ土に気をよくしたのかイノシシが山から下りてきて窓の外でぶひぶひと声をあげている。土をほじくりかえしてミミズでも食べているのだろうか。雨は朝方まで降るようだがすでに小降りとなっていた。

2017-11-19

f:id:blepharisma:20171119084751j:image

10月13日

ホールのコリアンダーと白胡椒をすり鉢で一緒にすり潰す。にんにくをすり下ろし、塩とホールのクミンを用意する。一口大に切った鳥もも肉に、にんにくと塩を擦り込み、コリアンダー、白胡椒、クミンを振りかける。その鶏肉をビニールに放り込んでおく。かぼちゃを小さく切り、レンジで蒸す。蒸しあがったかぼちゃを潰し、マヨネーズ、塩、胡椒で味をつけ、最後にレーズンを加える。お湯を沸かしている間にジャガイモを切りはじめる。ブロッコリーも切る。オクラは

2017-11-17

f:id:blepharisma:20171117091158j:image

10月27日

芋掘りに行きました。芋はさつまいもです。畑のおじさんが真っ黄色のホクホクした芋だと説明してくれましたが、芋の正式な名前は忘れてしまいました。畑のおじさんがここからここまで掘ってもいいと、畑に細い棒を突き刺しました。ズボーーーと土に突き刺さる棒を見て、畑がやわらかそうだと思いました。持ってきた軍手をはめて、畑のおじさんが貸してくれたスコップを握って畑の畝の前にしゃがみました。芋の葉っぱは取り除かれていて、茎の残りが畑から突き出ています。姉はいきなりその茎を掴んで引っこ抜きました。大きなさつまいもが二つ、土の中からつるっとぶどうの皮が剥けるみたいに出てきました。妹は芋掘りに興味がないみたいで畑の横に座り込んで日向ぼっこをしています。ぼくは茎が出ているところの土をスコップで少し削りました。そしたら湿った茶色い土の中から目に眩しい紫色の芋の表面がすぐに出てきて、びっくりしました。

2017-11-15

f:id:blepharisma:20171115092014j:image

8月5日

あの当時からさびれていた商店街はさらにさびれ、汚れたりかすれたりした文字が残る看板が点在する商店街はただの道路となっていた。よく見ればここはかつて呉服屋、ここは肉屋、あそこは金物屋、と識別できるのだが、県外からの車はこの町から峠を越えさらにもう一つ峠を越えた先にあるレジャーを楽しむための場所へと急いでいる。車の窓からこの町を眺める人たちの目にとまるのは、曲がりくねった見通しの悪い道と道路標識だけで、看板の文字にまで目がいくことはない。商店街だとは気づかないものの、何かの気配を感じるものは少ないながらもいるはずだ。でも何を思うでもなく、出発地と目的地の間にだだっ広く横たわる

2017-11-13

f:id:blepharisma:20171113091545j:image

9月26日

写真をみて、写真家と話す。「百聞は一見に如かず」とは言うけども、見たからといってわかるものではない。いや、わかるのだけどわからない。写真は具体的に何かを写しているのに言葉が抽象的だ。この抽象的な言葉が写真を見ることを邪魔しているようにも思える。具体的な写真と抽象的な言葉がほとんど重なり合わないまますれ違っていく。なんのための言葉なのかわからない。遅くまで話し込んでいると画廊のオーナーらしき人が靴音を響かせ階段を降りてきた。あら、こんなに遅くまで、と言う顔はご機嫌ではない。とりあえずにこやかにしているが、目の奥に迷惑だと言いたげな色が滲んでいる。閉めましょうね、とオーナー自ら電気を消しはじめる。早く出て行け、ということだ。

2017-11-12

f:id:blepharisma:20171112130955j:image

9月2日

長袖を二枚着ていても寒いからさらにカッパを着た。もうこれで他に着るものはない。それでもまだ寒い。

2017-11-09

f:id:blepharisma:20171109085321j:image

8月20日

今日も午後から雲が増えはじめる。昨日の増え方と違い大きな雲が急に増えだした。なんとなく嫌な予感がする、なんとなく怪しいと、積み重なっている経験が言いはじめる。大きな雲を見ていても動きが遅く、待っていてももう太陽は出そうにないと判断し、移動することにする。大きな雲の大きさ分移動すると太陽が照りはじめる。もう少し進んでおこうと先を急ぐとまた雲が増えはじめ太陽が隠れてしまう。ならばもう少しと移動すると

2017-11-07

f:id:blepharisma:20171107085356j:image

10月27日

ずっと右手に握っていたカメラを持っていないことに気づいた。立ち止まって今日の服に付いているポケットを全部触った。カバンの中も見ようと思ったけど、カバンには入れていない自信があった。道の端へ移動してもう一度ポケットを触った。念のためにカバンも開けて見た。もう無理だと思った。もう絶対にカメラは見つからないと思った。どこで落としたのだろうと考えた。最後に写真を撮ったのは駅前だということは覚えている。それから電車に乗って移動してここまできたのだから、その途中のどこかで落としたことになる。電車の座席に忘れたのかもとしばらく考えていたけど、電車に乗る直前に上着を着たことを思い出した。上着を着るときにカメラを持ったままは着ないだろうから、

2017-11-03

f:id:blepharisma:20171103094906j:image

9月15日

二つの渦巻きがガッチリと合わさっているのを折れないように解いて火をつけて使うのが蚊取り線香だけど、ガッチリ合わさったまま火を付けたものだから渦巻き状に徐々に燃えていくはずの蚊取り線香は火のついたところから扇型にゆっくりと燃え広がっていて、そのぶん煙がいつもの数倍はもうもうと出ているわけだから、蚊も近づいてこないはずで、お香でも焚いているのか思わせるくらいに部屋には煙と匂いが漂っているその古本屋で欲しいと思った本が1500円くらいして、その前に立ち寄った古本屋は閉まっていて、だから思い切ってその1500円の本を買ってもいいのだけど、などと迷ってい