Hatena::ブログ(Diary)

NPO法人BrainHumanity公式ブログ「今日の事務局」 RSSフィード Twitter

2017-09-19 今いいですか?はダメですか?

例えば、町でばったり偶然の出会いがあったとしよう。
それは本当に偶然なのだろうか。

相手の行動パターンを把握すれば偶然は生み出せるような気がする。
まさかここで会わないという絶妙なタイミングで、
しかも相手の前をさりげなく通り過ぎれば偶然性は高まるような気がする。

なにが言いたいかというとみんなも人に話しかけるときは十分に相手の様子、
タイミングを伺うことが大切だということだ。

こんな時に話しかけられるとすこし嫌だなと思う瞬間をご紹介しよう。

1.電卓をたたいている時
これは史上最悪な瞬間だ。
電卓なんてどこまで打ったかすぐわからなくなる。
それなのに今いいですか?と聞かれてもいいわけないでしょと思う。
ほんとうに電卓を鍵打している瞬間に話しかけるのはやめて欲しい。
かなりのにらみをきかせることうけおいだ。

2.細かな数字をチェックしている瞬間
これもまぁまぁ嫌な瞬間だ。
いくつもの書類の整合性や間違いを見ているときはとてつもなく集中している。
なのに「今いいですか?」と聞かれてもよくはないに決まっている。
これは少し不機嫌そうな声を出してしまう。

3.エクセルの数式を組んでいる瞬間
これも嫌だ。
数式によってはかなり緻密に式を組み立てている。
これはドミノを並べている途中に話しかけられているようなものだ。
しかしこれは私の画面を見ないとわからないので相手を責めるわけにはいかない。
ただ、すこしムッとはしてしまう。

じゃあ逆にいつならいいの?
と思われる方もいるかもしれない。
なのでこの瞬間はおすすめですという機会も書いておこう。

1.早く終わった常務会後
常務会後は1日終わった!感があるけどまだ21時前だからまだ帰るには早いなでも、
やる気起きないから帰ろっかなーと考えてたりする。
その瞬間であれば相当めんどくさくない用事以外はだいたいOKする。
むしろごはんとか行きませんか?
とか言われると70%くらいの確立でOKすると思う。
しかし、くまさんが「ごはん」とつぶやいている時は要注意だ。
そちらに持っていかれる可能性が高い

2.行き詰って「あぁー」と言っている時
ここも狙い目だ。
しかし普通に話しかけてはダメだ。
「コーヒーでもどうですか?」とか声かをかけてもらえると、
意外と単純なので「お!いいね!」ってなる。
そして、コンビニに行きながら
「帰ったらこれお願いしてもいいですか?」とか言ってもらえるとほぼOKだ。
これがうまいのが久米くんだ。
彼のタイミングのうまさはなかなかである。

3.ふらっとフリスペに入ってきたとき
この時も暇な時だ。
しかし間違ってはいけないことがある。
それはいきなり要件を伝えることだ。
ビジネスシーンでは要件を先に言えと教えられる。
しかしそういうときに、結論から申し上げててはダメだ。
結論から申し上げることがダメな瞬間があるのだ。
福井くんなどはこれを身をもって体験している。

重要なのは、「コンビニ行きましょう!」というワンクッションだ。
私は別に雑談は好まない。でも暇なときはコンビニまで移動したいものなのだ。
クッションを挟むことによって空気が和み、
ついついお願いを聞いてしまうというものだ。

いろんなものが省かれている世の中で、
無駄なワンクッションは大切だと思う。
松本さんは無駄なことが嫌いそうと思っている方もいるかもしれない。
でもそれは仕事モードなだけで、
それを解除すると意外と無駄なことが大好きだ。
そこの鍵を開けれるかはあなた次第だ。

松本

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/brainhumanity/20170919

2017-09-15 制服のリサイクル

尼崎で女性の雇用促進など社会的な取り組みをされている株式会社栄水化学さんが新たな取り組みを開始されました。
今回の取り組みは「制服のリサイクル」です。
中学校に入学するとほとんどの学校で制服などを購入する必要がありますが、制服の価格は結構、高いものです。一式それえると10万円近くかかることもあるといいます。
7人の1人の子どもが貧困状態にあると言われるわが国において、制服費用を負担することが極めて困難な家庭も少なくありません。
その一方で、中学校などを卒業するとそれらの制服は不要なものになります。
そこで、栄水化学さんは「制服のリサイクルショップ」をオープンさせました。
不要になった制服を集め、洗濯や修理をして、必要な方に極めて安価で提供する。
とてもよくできたプログラムだと思います。
詳しくは下記のHPをご覧ください。(のじま)

▼学生服のリサイクル「さくらや尼崎店」
http://www.eisui.co.jp/sakuraya-amagasaki/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/brainhumanity/20170915

2017-09-14 会議4連チャン

この4月から週4日はあ尼崎市役所で働いているので、平日に自由に動ける日は木曜日しかありません。
そんなわけで、私が関係する会議などは皆さんが配慮して木曜日に設定してくださっています。
今日は朝から全国子どもの貧困教育支援団体協議会の幹事会。会議自体は東京で開催されているので、私はスカイプにて参加。スカイプなどはとても便利なのですが、やはり音声が滞ったりすることもあり、ややストレスを感じますね。そして、それが終わり、一路、大阪・梅田へ。
午後一番目の会議は、一般社団法人Collective for Childrenの経営戦略会議。コレチルの今後の戦略などについて協議。
そして、同じ会場で引き続いて、一般社団法人Collective for Childrenの広報会議。来年度に向けた広報戦略について協議。
2本連続計4時間の会議を終え、JRにのって六甲道へ。夜は一般社団法人プラスネイチャーの理事会。一般社団法人プラスネイチャーは関西圏のキャンプなどをやっている4つの団体が集まり設立した法人で、今年4月に伊丹市から伊丹市野外活動センターの譲渡を受け、現在、その運営を行っています。一応、来年4月にグランドオープンの予定なのですが、この7月からお客様の受入を行っています。
30人以上収容の山小屋から家族利用にぴったりのバンガロー、そして研修などでもご利用いただける和室などもそろっております。
皆様のご利用をお待ちしています。

▼神戸三田アウトドアビレッジTEMIL
http://sanda.shosapo.jp/
f:id:brainhumanity:20170915103507j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/brainhumanity/20170914

2017-09-12 CFCの理事会でした

先週の日曜日に東京で公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンの理事会が開催されました。
このチャンス・フォー・チルドレンという団体は、もともと当法人の一プロジェクトとしてはじまったもので、経済的に困難な状況にある子どもたちに対して、塾や習い事、スポーツ教室、野外活動などの様々な学校外教育に使うことができるクーポン券を提供する活動をしています。
当初は当法人のボランティアスタッフたちが街頭募金しながら資金を集め、それを原資に関西の生活保護世帯の子どもたちにクーポンを提供していました。
2011年の東日本大震災後、被災した子どもたちにもクーポンを提供しようと法人を独立させ、全国規模で事業を展開することとなりました。
その法人も今年で設立から6年を迎え、大きな転換点を迎えつつあります。
今回の理事会でも2030年を見据えて、いま我々がなにをなすべきかという濃密な議論が交わされました。
CFCのこれからの展開にも是非、ご期待ください。(のじま)

f:id:brainhumanity:20170910162916j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/brainhumanity/20170912

2017-09-08 絶対に負けられない戦い

職員旅行2日目。

毎年恒例となっているグランドゴルフ対決。
翌日至上の幸福ともいえる食事をたいらげたおっさん5人によって行われる。

f:id:brainhumanity:20170910080711j:image

とてもさわやかな写真に見えるが、
この内側にはとてもぎくしゃくした人間関係が見え隠れする。

負ければどうなるのか?
私たちがもっとも嫌なこと!そう、このブログを一週間他の職員の代わりに書くという
感受性が少ない職員にとってもきつい罰が下される。

負けたくない。そのためには手段を選ばない。
そうここは関が原にも近い土地。ここは戦場なのである。

しかもこのグランドゴルフというのがやっかいなので、基本的にはそこまで差が出ない。
要は、一回のミスが命取りになる、1打1打が気を抜けないゲームなのである。

・くんちゃん
いつも安定なスコアで、上位に食い込む。今回も優勝候補筆頭。しかも前日にえのき、まいたけ、エリンギとキノコを食べまくっているので、かなりHPは回復している。ただ、このゲームは最下位にならなければいいゲーム。彼のスコアを気にしすぎないことが大事なのである。

・まなぶちゃん
学生時代テニス部に所属していたからかホームがやたらきれい。長距離でもなんなく一打で寄せてくる強打者。ただ、何度も言うが、このゲームは最下位にならなければ問題ない。むしろ暗黙の同盟を組み、誰かをハメに行った方がいいのか悩まされる。

・おかちゃん
この旅行でいじられまくるおぼっちゃまん。運動神経はよく、なんでも卒なくこなすが、サッカーのPKは必ず外すだろうと思わせる不安定なメンタル。大事なところで、くんちゃん、まなぶちゃん、私で精神的なゆさぶりをかけてスコアを落とさせる作戦が決行される。

・おでぶちゃん
巨体から放たれる力弱いボール。長距離が苦手でやたらと刻んでくるが、途中ミラクルを連発する一か八かの吹っ切れたゴルフを展開。一番最後に打つと周りに誰もいないことを嫌がるさみしがりやな一面もみせる。

そんなこんなで全部で16コース。
何度も言うが、基本的には差が出ない。見えないところでの心理戦が繰り広げられる。

結果、前半最終の8コースで痛恨の8打をたたいてしまった社長の負け。
来週よろしくお願いします!

今年もいい思い出になりました。

片岡

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/brainhumanity/20170908