スマートフォン用の表示で見る

特定非営利活動法人

一般

特定非営利活動法人

とくていひえいりかつどうほうじん

特定非営利活動法人とは、特定の公益的・非営利活動を行うことを目的として、特定非営利活動促進法(NPO法)に基づいて、法人格を付与された非営利団体NPO法人ともいう。

所轄庁(内閣総理大臣または都道府県知事)の認証を得、登記して法人格を取得する。

  • 要件は大きく分けて目的・事業内容に関するものとメンバーに関するものに二分できる。
    1. 目的・事業内容に関する要件は、活動が17の分野いずれかに該当すること、公益を目的とすること、営利を目的としないこと、政治・宗教を主目的にしないことなど。
    2. メンバー要件としては、10人以上の社員(会社員のことではなく議決権をもつ会員のこと)、役員として理事3人・監事1人以上、社員の得喪に不当な条件をつけないことなど、細かい規定がある。
  • 設立手続は、認証申請書、定款、役員名簿、設立趣旨書など11種の書類をそろえて所轄庁の窓口に申請する。行政書士等に設立の代行を委託することもできるが、近年所轄庁が相談窓口を設け、手引や書式を充実させたため、最近では委託せず自分で申請する団体が増加している。

法人数*1

認証法人

49,970

認定法人

789*2

*12015年2月末現在

*2:うち、所轄庁認定625件(認定461件、仮認定164件)