日本分析化学専門学校「せんせのブログ」 RSSフィード

2017-02-22 実験室がスタジオに!

テレビ朝日系列(朝日放送)で毎週木曜日の深夜に放送されている
ビーバップ!ハイヒール』という知識教養バラエティ番組をご存知ですか?
f:id:bunseki:20170223092731j:image
MCはハイヒールのお2人で、作家筒井康隆さんや漫画家江川達也さんを
ブレーンに迎え、たむらけんじさんやブラックマヨネーズさん、
チュートリアルさんなどが出演されています。

番組内では世の中であまり知られていないことを、分かりやすく解説され、
そのために再現VTRが使われます。
今回、その再現VTRのロケ地として、本校の実験室に白羽の矢が当たりました!
そして今日、スタッフの方が来校され、実験室の下見と打ち合わせを行いました。

f:id:bunseki:20170223092732j:image
本校実験室をカメラに収める番組スタッフの方。

実は、この番組の撮影現場としてご協力させて頂くのは3度目で、
以前は日本のある家電メーカーの商品開発の再現VTRの撮影や
アメリカの研究者が研究しているシーンの撮影など、見慣れた実験室が
様々な姿に変身を遂げました。
f:id:bunseki:20170223092733j:image
ある時は、アメリカのある研究室に。

f:id:bunseki:20170223092734j:image
またある時は、議論の場に。

詳細はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20140801
http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20130329/1364595588

今回来校されたスタッフの方は、前回と異なる方でしたので、
本校の実験室をご覧になるのが初めてでしたが、
絵コンテで考えていた通りの理想の現場です!」と
写真を撮りながら、使用する実験室を検討しておられました。

実際の撮影日は明日です!
どんな役者さんが来られるのか、どのように撮影が行われたのかは
当日のtwitterやこちらのブログでご紹介して参りますので、お楽しみに♪



◆番組情報
  「ビーバップ!ハイヒール
   朝日放送 毎週木曜日午後11時17分放送
   ハイヒール(リンゴ・モモコ)さんら出演
  ※本校協力の回の放送日時は決定次第ご報告いたします。

本校はこれまでにも同様にいろいろな番組の取材協力をしています。
よろしければ以下のリンクをご覧ください。
テレビ大阪『かがくdeムチャミタス!』
http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20161107
 http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20130716/1374012333
 http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20120122
朝日放送ビーバップ!ハイヒール
http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20130329/1364595588
読売テレビ朝生ワイド す・またん!』
http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20140108
 http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20140606
★CATV番組『チカラコブ』
http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20120217
日本テレビ世界一受けたい授業
http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20111114

By ぷぷ

2017-02-21 新しい年度に向けて!

実験準備は着々と!


学生たちは春休み期間ですが、先生たちは次年度に向けた準備を進めています。
実験室を覗いてみると、かもみーる先生とテノール先生が何かをしています。

f:id:bunseki:20170222081808j:image

有機テクノロジー学科の2年生が春から行う実験の準備を進めているようです。
この実験では、医薬品プラスチックの合成と、それらの機器分析を行います。
その実験の準備を行いながら、かもみーる先生とテノール先生からは・・・

 『学生たちが次年度の実験を通して、どのような発見をしてくれるのか、
  今から楽しみです。そのためにも、しっかりと準備を進めていきます。』

と話しつつ、今年度の実験をふり返り、もうすぐ卒業していく2年生が実験
していた時の思い出話に花を咲かせていました。

実験を通じた学生の成長を教員は楽しみにしています。

希望する進路に向けて!


別の時間に図書資料室を覗いてみると、テノール先生が今度は学生指導中です。

f:id:bunseki:20170222081804j:image

写真は生命バイオ分析学科のTさんですが、担任のテノール先生から履歴書に
ついてアドバイスを受けていました。Tさんは・・・

 『アルバイトをしたことがなく、これからの就職活動で初めて履歴書を
  提出することなります。入学以降、先生から丁寧に指導していただき
  しっかりとした履歴書が作成できるようになってきました。希望する
  医薬品分野の就職内定を目指して、頑張っていきます!』
  
Tさんを一例として紹介しましたが、大学編入学や就職活動に向けた準備等を
行うために登校している1年生は少なくありません。希望する進路に、1年生
全員が進めるよう、教職員全員でサポートしていきます!

by あずみ

2017-02-20 卒業まであと少し!

春期休暇中ですが、卒業を控えた
2年生の生命バイオ分析学科の学生たちが、
せんぱい先生と話していました。

f:id:bunseki:20170221081750j:image:w360

何を話しているのかを聞いてみると、
卒業記念パーティーについてでした。

3月13日の月曜日に
本校平成28年度卒業式が行われますが、
その後には、卒業生と教員との懇親を深めるため、
卒業記念パーティーが行われます。

このパーティーは基本的に2年生が主体となって、
教員と学生の思い出に残るようなパーティーを計画するのです。

パーティーを計画する学生はいくつかのグループに分かれて、
それぞれ準備を進めていました。

話を聞いてみると、

「詳しい内容はまだ言えませんが、楽しい会になると思います!
もう少しお待ちください!」

とのことでした。

これが学生生活最後のイベントとなります。
学生の活躍を応援しながら、
当日のパーティーを楽しみにしていたいと思います!

by アメフト

2017-02-19 資格取得と就職活動を両立するぞ!

化学分析コース(平成29年度入学生からは分析化学応用学科)は、
平日に通学できない社会人や大学生、大人数で勉強するよりも少人数で
ゆっくりと勉強したいと思っている方に適したコースです。

土曜日・日曜日の時間を有効に活用して、分析化学の知識・技術を修得し、
平日の学科・コースと同様に2年間で卒業できます。
また、卒業と同時に国家資格(毒劇物取扱者責任者・化粧品総括製造販売責任者
化粧品製造業責任技術者)も取得できます。

平日に登校する必要がありませんので、社会人が働きながら分析化学を学ぶことができ、
大学生はWスクールとして、平日に学んでいる分野とは異なる分野の技能を修得できます。

そのため、入学目的も学生によって、「転職や再就職を目指す人、
現職でのスキルアップやキャリアアップを志す人、経営する(または勤務先)
企業の事業拡大のために国家資格の取得を目的とする人、
就職活動への備えとする大学生等」様々です。

このような多様なニーズに対応するため、このコースは定員20名の少数精鋭で
開講しています。週末に集中して学ぶことができるコースのため、
週末のみ遠方から長距離通学をしている学生もいます。

f:id:bunseki:20170220102233j:image
昨年4月に入学した1年生もそろそろ1年が経とうとしています。
平日は仕事やアルバイトをしながら、土曜、日曜日に本校に通うことに、
4,5月は慣れずに体調管理など大変だったようですが、それにも少しずつ慣れ、
今では土曜日・日曜日が待ち遠しいと思っている学生も多くいます。

今日は、実験はなく授業だけでしたが、1年間のまとめの授業を真剣に受講していました。
f:id:bunseki:20170220102231j:image
f:id:bunseki:20170220102311j:image
f:id:bunseki:20170220102230j:image
学生が真剣に受講するため、我々教員も力を込めて授業しています。

今年の初めは、土曜、日曜日の通学と平日行っているアルバイトや資格の勉強が両立できるか
不安を持っていたN君も1年間で多くの資格を取得しました。
今は就職活動に向けて担任であるバッテンと2年担任のみなと先生にアドバイスを受けています。
f:id:bunseki:20170220102232j:image

N君は、
「入学して本当に良かったです。」
実験に対する自信もついたし、資格も多くとることができました。」
「これからは就職活動と資格取得に取り組んでいきます。」
と言っていました。

このような力強い感想を聞き、1年間という長いようで短い期間の大切さ、
その期間に前向きに取組むことの大切さを今更ながら知ったバッテンでした。


by バッテン

2017-02-17 国内研修旅行3日目&職業体験学習

小田原方面を観光!〜3日目〜


今年度、1年生の国内研修旅行は、
2月15日(水)から2泊3日の行程で、横浜小田原を旅してきました。
本日が3日目、とうとう最終日を迎えました。

1日目と2日目の様子は、こちらのブログをご覧ください。
国内研修旅行に出発 〜1日目〜
魅力いっぱいの横浜を満喫!〜国内研修旅行2日目〜

3日目は小田原方面に向かいました。
目的地はライオン小田原工場と箱根登山電車です。
宿泊先の横浜市内から、バス小田原市内まで移動しました。

f:id:bunseki:20170218110444j:image:w360

本日最初の見学先は「ライオン小田原工場」です。
ここでは、会社概要の説明や製造ラインを見学しました。
f:id:bunseki:20170218110437j:image:w360

学生は、
「身近な日用品が時代と共にどのように変わってきたのか、知ることができました」
「実際に製造ラインを見ることができて良かった」
と感想を聞くことができました。

この研修旅行では3か所の工場を見学しました。
それぞれ作っているものは異なりましたが、機械化が進んでも人が必ず携わる部分があり
そこには今学んでいる分析化学が関わっていることが印象に残りました。

次に向ったのは「かまぼこの里」、ここでお昼ごはんを食べました。
できたてのかまぼこと金目鯛をいただきました。
あっさりと和食も満喫することができました。

f:id:bunseki:20170218110442j:image:w360

f:id:bunseki:20170218111259j:image:w360

f:id:bunseki:20170218111300j:image:w360

その後は、箱根登山電車早雲山を目指しました。

f:id:bunseki:20170218110438j:image:w360

小田急電車箱根登山鉄道箱根ケーブルカーを乗り継いで、目的地に向かいます。
途中、高低差のあるため、スイッチバックを3回繰り返しながら、進む場面もありました。

f:id:bunseki:20170218110440j:image:w360

f:id:bunseki:20170218110439j:image:w360

普段使う電車とは違った電車の魅力を感じることができました。
ケーブルカーの終着地である早雲山に到着し、集合写真を撮影しました。

f:id:bunseki:20170218110441j:image:w360

ここからは箱根温泉街と海そして、きれいな夕日も見ることができました。

そして、箱根駅伝のコースにもなっているところを通って、
小田原駅までバスで無事に戻りました。
休憩を兼ねてお土産も買い、新幹線を待っています。

f:id:bunseki:20170218111301j:image:w360

そして、新幹線に乗り込み、新大阪まで帰ります。
さすがにお疲れの様子かと思いきや、
学生は、お菓子を食べたり、トランプゲームをしたりと
最後まで楽しんでいました。

この研修旅行は、単なる旅行の思い出づくりだけでなく、
次の進路に向けての準備をすることも目的としていました。

旅行中は、同じ目標をもつ友人だけでなく、
担任4人の先生ともたくさん話をしました。
今の悩みや不安を話しては、自分をみつめ直すことにも
時間を費やすことのできた、貴重な3日間となりました。

明日からもこの仲間と一緒に目標に向かって歩んでいきましょう!

by かもみーる

中学生を迎えての「職業体験学習」!!


こんにちは!ましおかです。
さて、本校には八尾市立大正中学校の1年生を
約30名、お迎えして職業体験の実験会が開催されました。

f:id:bunseki:20170218091248j:image:w300

本校の学生と比べると、やはり中学1年生。
賑やかな実験会となりました。

f:id:bunseki:20170218014743j:image:w360
f:id:bunseki:20170218014739j:image:w360

「職業体験学習」とは、「将来の夢」を考えるにあたって、今のうちにいろいろな職業を知り、
その体験を通じて、早い時期から職業観を養おうという目的で実施されます。
そのうち本校では「分析化学者」という仕事を知っていただくため、
身近な化学の講演と簡単で楽しい実験に取り組んでいただきました。
この中学校からこういった実験会受け入れのご依頼を受けたのはこれで3回目になります。
以前の模様はこちら


本日は以下のプログラムで実施しました。

1.化学実験
   ・分析化学で君もマジシャン
   ・気分は捜査官!
   ・魔法の手紙を書こう
   
2.化学講演

さっそく白衣に着替え、実験に移りました。

f:id:bunseki:20170218014740j:image:w360
f:id:bunseki:20170218014745j:image:w360
f:id:bunseki:20170218014751j:image:w360
f:id:bunseki:20170218014748j:image:w360
f:id:bunseki:20170218014736j:image:w360
f:id:bunseki:20170218014750j:image:w260
f:id:bunseki:20170218014737j:image:w360

実験中は、「わー!」、「お〜!」、「すごい」など
驚きの声がいたるところから上がっていました。

その後、分析化学私たち生活に非常重要であるという内容の
化学講演を聴いて頂きました。

f:id:bunseki:20170218014734j:image:w360

目立たないけれど、実は身近なところで
しっかりと分析化学が関わり、生活を支えていると伝えると、
今度は「へ〜」と、驚いた様子でした。

生徒さんからのコメントを少しご紹介します。

化学は身近なところにあってびっくりした。」
「実は見えないところで化学が役に立っているとは思いませんでした。」
化学って色々な分野で活躍できるんだと分かりました。」
と、驚いたことから、

実験がすごく楽しかった。」
納豆で字が書けてびっくりした。」
「正直化学にあまり興味がなかったけど、
今日色々学ぶことができて少し好きになりました。」
実験も先生たちもおもしろかったです。」
「できればこの学校へ行ってみたい!!」
「とても楽しく勉強になった。」
と、こちらが嬉しくなるようなコメントまで
多くいただきました。

本日の分析化学者の体験を通じて、
少しでも「分析化学者」という職業を知っていただき
将来の選択肢の1つに加えてもらえるとうれしいです。

生徒のみなさん、本日をきっかけに幅広い分野に興味を持ち、
是非とも自分の将来の可能性を大きく広げて下さい!!

by ましおか