日本分析化学専門学校「せんせのブログ」 RSSフィード

2017-01-22 「化学分析技能士」受検に向けて

化学分析コース(平成29年度入学生からは分析化学応用学科)は、
平日に通学できない社会人や大学生、
大人数で勉強するよりも少人数でゆっくりと勉強をしたいと思っている方に適したコースです。
土曜日・日曜日の時間を有効に活用して、分析化学の知識・技術を修得し、
平日の学科・コースと同様に2年間で卒業できるコースです。

また、卒業と同時に国家資格(毒劇物取扱者責任者・化粧品総括製造販売責任者
化粧品製造業責任技術者)も取得できます。

平日に登校する必要がありませんので、社会人が働きながら学ぶことができ、
大学生等はWスクールとして、平日に学んでいることとは異なる専門分野の
技能を修得することができます。

そのため、入学目的も学生によって、「転職や再就職を目指す人、
現職でのスキルアップやキャリアアップを志す人、経営する(または勤務先)
企業の事業拡大のために国家資格の取得を目的とする人、
就職活動への備えとする大学生等」様々です。

このような多様なニーズに対応するため、このコースは定員20名の少数精鋭で
開講しています。週末に集中して学ぶことができるコースのため、
週末のみ遠方から長距離通学をしている学生もいます。

今日は、1年生に対して定量分析実験の実技試験を行いました。
f:id:bunseki:20170123101045j:image

この定量分析実験では、サンプルに目的とする物質がどれだけ含まれているのかを分析する技術を身につけます。
f:id:bunseki:20170123101044j:image
この実験内容は、分析化学に関する国家資格である「化学分析技能士」という資格の実技試験でも出題されています。
土曜日、日曜日に本校に通う学生の中には、この資格を取得することを目的としている学生もいます。
その学生にとっては、今日の実技試験は「化学分析技能士」の実技試験対策にもなる内容でした。
f:id:bunseki:20170123101043j:image

本校は「化学分析技能士」の実技試験の大阪会場になっており、毎年、在校生や卒業生が受検しています。
在校生、卒業生にとっては、見慣れた実験室で受検することができるのは大きなメリットです。
また、その際の試験監督は本校の教員も担当していますので、
見知った試験監督の前で受検できるのも他の受検者に比べると有利な点です。

平成28年7月に行われた3級試験(計3日間)は、以下のブログに様子を掲載していますので、ご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20160716
http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20160717
http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20160718

また、平成28年8月に行われた1・2級の試験は、以下のブログにその時の様子を掲載していますので、ご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20160828

化学分析コースでは、その受験対策になる実技試験を行っています。
以下のブログに、他の実技試験の内容を掲載していますので、ご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20161218

今年7月には、化学分析技能士の3級、8月には1,2級の実技試験が行われる予定です。

多くの在校生、卒業生が受検することでしょう。

by バッテン

2017-01-20 入学理由を語る2年生の動画 第二段!! &1年生の成長

今日は、2年生の卒業研究と、1年生のレポート作成の様子を紹介します。

まずは、2年生から。

入学理由を語る2年生 〜第2段〜 

昨日、ぽてと先生から2年 生命バイオ分析学科の学生が
本校の入学を考えた動機や、学生生活、そして内定までの様子を学生が語る動画が紹介されました。
そのときの様子は、昨日のブログをご覧下さい。

http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20170119

今日は、資源分析化学科の学生を紹介します。

f:id:bunseki:20170121092126j:image

写真は、私が担当教員で、アマモの研究を行っているチームの写真です。
卒業研究発表会に向けて、打合せをしました。

この研究は、海を豊にするアマモを増やすことを目的に、
アマモが生育する海の底質を分析する研究です。
先輩から引き継がれ7年間続けてきました。
また、本校だけでなく外部のNPO団体、専門学校、企業の方と
共同で実験を進めています。

以前に研究の目的や、サンプリングの様子をブログで紹介していますので、ご覧下さい。

http://d.hatena.ne.jp/bunseki/20160927/1475038572


下の写真は、打合せを終え発表用のスライドを作成している様子です。

f:id:bunseki:20170121093338j:image

f:id:bunseki:20170121093348j:image

アマモの研究をしているチームの一員である、2年 資源分析化学科のSさん(写真右)は、
高校時代化学は好きだけど将来どのような仕事に就きたいか
全くイメージが持てず、でも化学の勉強や実験をしたいという思いで本校に入学しました。
入学後は、本校で自分が就きたい仕事の分野を見つけ、見事内定しました。

そんな彼女のことを少し紹介します。

◆高校卒業九州出身)→本校入学→環境分析技術者で内定
 『どこに行きたいかよりも何をしたいか
高校では、当初物理が好きであったが、化学実験があることで化学に興味が湧き、本校に入学。
本校在学中に課外活動で参加した『道頓堀川水質調査』が楽しく、環境分野への就職を志望、見事内定!
本校への入学動機、学校生活、内定先について語っています。
進路選択のご参考に、ぜひご覧ください!

D

1年生の成長 〜レポート作成〜

1年生の定量分析実験の様子を紹介します。
今日は、作成したレポートを先生に添削してもらい、修正をする「レポート日」でした。

f:id:bunseki:20170121093359j:image

写真は、テノール先生から指導を受けている様子です。

レポート作成について感想を語ってくれる学生がいました。
f:id:bunseki:20170121093427j:image

写真右の1年 生命バイオ分析学科 Hさんは、
「これまで1年間レポートの作成をしてきたので、修正箇所が減り、
書き方のポイントが分かってきました!」

写真左の1年 生命バイオ分析学科 Yさんは、
実験後に考察を考えることが苦手で、分からなかったけど
今は先生の説明を聞き、ゆっくり考えると理解できるようになりました。」


この写真は、早々にレポートの作成を終えた学生の様子です。
時間に余裕ができ、資格取得の勉強や就職活動の準備に時間を当てていました。
f:id:bunseki:20170121093415j:image


どの1年生も、昨年4月には想像も出来なかった姿です。
これから自信を持って、前進し続けてほしいと思いました。

byせんぱい

2017-01-19 入学理由を語る2年生の動画完成!〜入学前から就職先まで〜

本校では、ようやく定期試験が終わり、
今日から通常の授業や実験に戻りました。
とは言っても、2年生は2月4日(土)に控えた
卒業研究発表会に向けて発表用スライド作りに
余念がありません。
パソコンでスライドを作成中の生命バイオ分析学科の2年生です。
f:id:bunseki:20170120064041j:image:w320
f:id:bunseki:20170120064042j:image:w320

担任でもある私、ぽてとが「あと約2週間、がんばれ!」と
写真を撮りながら学生達の尻をたたく日々が続きます(笑)

一方、世間では、先週末に大学入試のセンター試験が終わり、
進路選択で悩まれている方も多いと思います。
私ぽてとも、20年ほど前?(笑)にセンター試験を受けたことを思い出します。
その時は、一生懸命考えて進路を決めていると思っていたので、
センター試験の自己採点をした結果を見て、焦っていました。
振り返れば良い思い出ですが、「まだまだ甘いぞ」と、
その時の自分に言い聞かせたいなとも思います(笑)

先ほどのスライドを作成している本校の2年生も、
2年前には進路に悩み、本校に入学してきました。
高校からストレートに本校に入学した学生もいれば、
社会人経験を経てから入学した学生もいます。

この進路選択について、本校の学生が受験生に向けて語った動画が
できました。今日は、私が担任をしている生命バイオ分析学科から
学生2名の動画を紹介したいと思います。
特に進路選択で迷っている方には、ぜひご覧いただき
参考にしていただきたいと思います。

●高校卒業→本校入学→医薬品分析技術者で内定
 『いろんな夢の形を知ろう』 
生命バイオ分析学科 2年生 Yさん
 高校時代は薬学部志望。しかし、経済的、学力的に進学が厳しく、
夢を諦めかけていました。その時に本校とめぐり逢い
本校卒業後に医薬品分野で技術職として就職できることを知り、
本校に入学。次の春からは医薬品分野で働きます!
本校への入学動機、学校生活、内定先について語っています。
D

理系大学卒業→就職→本校入学→バイオ技術者で内定
 『やっぱり実務は専門学校』
 生命バイオ分析学科 2年生 Sくん
大学に進学したものの技術職に付けず、本校に入学。
そして技術力に大きな差があることを実感。大学の時に果たせなかった
バイオ技術者として内定しました。
D

進路を選択することは、大変ですが
本当にやりたいことは何なのかを考えて下さい。
大切な進路です。悔いを残さず、選択して欲しいと思います。

本校の2年生は、あと2週間!
悔いを残さない発表をするために、もう一踏ん張りです!

By ぽてと

2017-01-18 実技試験に向けて準備万端!

こんにちは!ミジンコです。
今日は期末試験最終日ですが、実験室では教員が何やら準備をしていました。

f:id:bunseki:20170119093323j:image:w360
f:id:bunseki:20170119093324j:image:w360
f:id:bunseki:20170119093322j:image:w360

実は、明日は「定量分析実験」の実技試験を実施するので、そのために
準備をしていたのです。

定量分析実験とは、「定量」とあるように、どこに、何が、どれだけ
どのような物質が存在するのかを分析する方法を身に付けることが
できます。

この試験では「滴定」という分析手法の技術を確認します。
実は、この手法は国家資格である技能士(化学分析)の実技試験で
問われる技術でもあります。

高校の教科書や実験室でも見たことがある器具が並んでいますが、
こうしたガラス器具等の基本的な操作は、就職したり、または
大学編入学した進学先で最も重要とされている技術でもあります。

f:id:bunseki:20170119093320j:image:w360
f:id:bunseki:20170119093319j:image:w360

本校では、4月から1年間かけて、実験技術を身に付けてきましたが、
その成果を確認するため、実技試験を行います。
その目的には、自分達の手にどれだけの分析技術が身に付いたかを、
学生自身が実感することも含まれています。
入学前には実験をしたことなかった学生も、今ではテキパキと実験
進めていくのですから、その成長のスピードには教員側も驚く程です。

f:id:bunseki:20170119093325j:image:w360

さあ、準備完了です!
今日までの成長の証を、遺憾なく発揮して欲しいと思います^^


by ミジンコ

2017-01-17 「卒業記念パーティー」 会場候補地の下見

現在、学生たちは今年度最後の定期試験となる期末試験に取り組んでいます。
その期末試験終了後、すくろーす先生とせんぱい先生とともに、とある場所に
行ってきましたので、今日はその様子を報告したいと思います。

平成28年度の卒業式を3月13日に挙行しますが、その後には卒業生と教員とが
一緒に卒業を祝う「卒業記念パーティー」を実施します。このパーティーは、
企画から進行まで卒業する学生の有志メンバーで構成された実行委員会で行い
ますが、その会場の選定などについては、私たち教員が担当しています。その
会場として、現時点で候補地となっている場所の下見に行ってきました。

f:id:bunseki:20170118093403j:image

最寄駅からの様子です。この写真で場所がお分かりになる方もいると思います。

f:id:bunseki:20170118093353j:image,w200 f:id:bunseki:20170118093343j:image,w350

パーティー会場の候補地です。

f:id:bunseki:20170118093333j:image,w275 f:id:bunseki:20170118093928j:image,w275

一緒に下見を行ったせんぱい先生は、卒業記念パーティー当日をイメージして、
その受付や、音響設備などについて、念入りに確認していました。

f:id:bunseki:20170118093312j:image,w275 f:id:bunseki:20170118093322j:image,w275

すくろーす先生も、パーティー後の記念写真撮影について、その場所を確認し、
当日の動向をイメージしていました。

f:id:bunseki:20170118093301j:image

会場候補地の上層階から撮影した写真です。左上には、地球儀のモニュメント。

f:id:bunseki:20170118093241j:image
f:id:bunseki:20170118093251j:image

この写真で、お分かりでしょうか。最寄駅の駅名もご覧ください。

卒業式まで2ヶ月弱となりました。それまでに、卒業論文の提出や、卒業研究
発表会など、卒業予定の学生たちは本校での2年間の総まとめを行う時期です。
悔いのないよう精一杯に取り組み、皆が笑顔卒業式卒業記念パーティー
出席してほしいと思います。

by あずみ