日本分析化学専門学校「せんせのブログ」 RSSフィード

2016-05-27 またまた嬉しいお知らせが!!

こんにちは、かもみーるです。
これからこのブログで本校のことを発信していきたいと思います。
よろしくお願いします。

今日も内定の報告が次々と届いています。

f:id:bunseki:20160527194138j:image:w360

1人目は生命バイオ分析学科のUさんです。
彼女は中学生の頃、化粧品に興味を持ち始めたことがきっかけで
高校を卒業後すぐに本校へ入学し分析技術の取得、
専門分野の勉強に励んできました。
就職活動では、希望する化粧品分野の企業に絞り、
アプローチをしていました。

そして本日、2社目にして希望していた化粧品会社から
内定をいただくことができました。
就職するまでのあいだに資格を取得することが目標で、
入社してからその知識を活かしながら頑張りますと
笑顔で話してくれました。

2人目は生命バイオ分析学科のKくんです。
Kくんは、スマートフォンに使われる超高純度金属などの製造をしている企業から
内定の連絡が届きました。

f:id:bunseki:20160527194139j:image:w360

就職活動において、多くの先生が多角的に支援してくれたことが
自信に繋がったと話してくれました。

実は、高校を卒業してから本校へ入学するまでの数年間は
アルバイトをして過ごしていました。
その生活を送る中で、何か技術を身に付けて仕事に就こうと考えました。
そして、興味のあった化学の分野で何かないかと考えているところ、
本校を知り、入学したのです。

就職活動を進める上では、年齢のことや、これまでの経歴が気になり、
本当に就職できるだろうかという不安を感じていました。
その不安を担任であるアメフト先生をはじめとして、
いろいろな先生に相談していたのです。

そのようなKくんのこれまでの経過を知っている担任のアメフト先生と
喜びを共有しているのが上の写真というわけです。

残りの学校生活も、
本校で学んだ知識や技術を活かして、有意義に過ごしてほしいです。

改めて、おめでとう!

By かもみーる

2016-05-26 いよいよ中間試験が始まります

 初めまして!テノールです。
これから、本校の様子を色々とこのブログで発信していきたいと
思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 来週月曜日から、本校ではいよいよ前期中間試験が始まります。
今日は、試験に向けて頑張る学生の様子をお伝えしたいと思います。
前期中間試験は今年度の最初の試験であり、特に一年生にとっては、
入学してから初めての定期試験です。
どんな問題が出題されるのか、緊張もしていることでしょう。
そんな学生の強い味方が本校にはあります。
それは、授業の内容をまとめた「授業シート」です(下の写真)。
f:id:bunseki:20160527123402j:image:w360
毎回の授業で配られ、その授業の全てが簡潔にまとめられたものが、
この授業シートです。
これさえあれば、授業の内容を振り返ることができます。
さらに、理解度に関するチェック項目がついているので、○、△、×
をつけていけば、どこが分からないのかも一目で判別できます。
テスト前になると、この授業シートを手にした学生達が、先生の
もとへ質問に行く姿が風物詩となっています。


授業が終わったあと、学校に残って資料室で試験勉強を頑張っている
1年生がいました。
f:id:bunseki:20160527123601j:image:w360
この資料室には教科書や参考書辞典などが置かれており、学生は
それらを利用しながら自習や、実験のための予習をすることができます。
その資料室の中で、自分の教科書にマーカーを引き内容を頑張って
覚えているのは、生命バイオ分析学科1年生のM君です。
M君は、薬品の取り扱い方について勉強をしているところでした。
薬品の取り扱い方についての知識は、実験はもちろんのこと、分析
化学の現場でも必要となる知識です。
M君は、試験のためだけではなく、いずれ国家資格を取りたいと
一生懸命に勉強をしていました。

いよいよ、来週の月曜日から中間試験が始まります。
自分の目標に向かって頑張ってきた成果を発揮して、精一杯
頑張ってください。

by テノール

2016-05-25 消費者トラブルを未然に防ごう!そして3日連続の嬉しいお知らせ!

消費者トラブルを未然に防ごう!


こんにちは!ましおかです。

新年度が始まって早2ヶ月が過ぎようとしています。
1年生は緊張感もほぐれ、友人ができ、学校生活にも慣れつつあります。
学校生活以外でもいろいろな人に出会うでしょう。
しかし、そんな心のスキを「悪徳商法」というものが存在します。


そこで、本日の4時間目に『消費者生活センター講話』を実施しました。
講師に消費生活専門相談員の先生をお招きし、毎年この時期に実施している行事です。

f:id:bunseki:20160526064314j:image:w360 f:id:bunseki:20160526064602j:image:w360

最近は、スマートフォンの普及でSNSによる悪徳商法マルチ商法などの
消費者生活のトラブルがより複雑化してきていることや、一人暮らしを始めた学生は、
親の監視外となって、こういった悪徳商法に狙われやすい可能性があるので、
トラブル防止を目的として実施しています。

f:id:bunseki:20160526064547j:image:w360
実際に被害者の相談を受けておられる相談員の先生であるため、
最近の悪徳商法の手口や実際の被害について大変具体的にお話頂いたので、
学生たちもかなり興味を持って聴いていました。

f:id:bunseki:20160526064532j:image:w360
知っているようで知らない契約について、
「何と口約束だけでも契約は成立します!!」


f:id:bunseki:20160526064520j:image:w360
f:id:bunseki:20160526064708j:image:w280
実際に、被害に遭ったと想定してクーリングオフの書類を書いてみたり、
webサイト上での予防策を分かりやすく説明して下さったり、
時折学生にインタビューをしながら、とても楽しく教えて頂きました。

こういった事を「知らない」と「知っている」では、大きく違います。
今回のお話のおかげで、事前に被害対策や予防が出来るようになったと思います。
誰しも被害に遭おうと思って被害に遭う人はいません。
多様な情報が溢れるなか、しっかりと判断して、
「甘い言葉」には気を付け、楽しく学生生活を送りましょう!

by ましおか

3日連続の内定をいただきました!


今日は内定者がなんと2人出ました!
有機テクノロジー学科のH君(左)と生命バイオ分析学科のN君です。

f:id:bunseki:20160526064153j:image:w360

二人は、同じ会社から内定をいただきました。
有機・無機材料の化学分析、環境測定・分析、
エレクトロニクス分野での分析・解析などを行っている企業で、
本校の卒業生を多く採用頂いている企業です。

H君は内定を伝えると、「やったー!」を大喜び。
N君は、「ありがとうございます。頑張ります。」と冷静でしたw

対照的なふたりですが、
「せっかく二人で内定をいただいたので、
お互い高め合って頑張っていきたいです。」
と語ってくれました。

と、二人にそんな話をしていると、
2年前に卒業し、彼らと同じ企業で働いている32期生のS君が、
近況報告にやってきました!

現在は、技術開発センターで開発中の材料の分析や、
各種分析器で使用する試料の前処理を行っているとのことです。

学校で学んだことがしっかりと活かされているから、仕事は楽しいし、
先輩方も多くいるから安心して!」
と早速アドバイスしていました。

f:id:bunseki:20160526064207j:image:w360
担任の私とぽてと先生、そしてS君も一緒に内定者とパチリ。

N君は、「入社前に先輩に会えて、話ができて良かったです。」
と言っていました。

S君は、「うちの会社は、本校の卒業生が多いですが、こうして新たに学校の後輩が、
会社の仲間になるのはとても心強いですし、
こっちも、もっと頑張ろうという気になります。」
と、とても喜んでいました。

内定の喜びと共に改めて本校の絆を感じる一日でした。

by ましおか

2016-05-24 本日は実験レポート日!そして嬉しい報告も!

今日は実験レポートの作成日!


学生は様々な実験を行っています。
しかし、ただ実験を行い終わりという事ではありません。
実験を行った後、その内容と実験結果
レポートとしてまとめ、考察します。
このようにレポート、つまり報告書を書くことは、
分析化学者として大切な仕事の一つです。
「分析化学」の仕事は、様々な物質の中に
「どこに、何が、どれだけ、どのように、あるのか」
を明らかにしていくことです。
その事実を文書にして、将来は社内の上司・同僚や
お客様に報告する必要が生じます。
そのため、実験後にレポートを正確に、
丁寧に書く事を重要視しています。

本日は生命バイオ分析学科2年生の「医薬バイオ化学実験
レポート日でした。
レポート日とは、これまでに行った実験レポートに対して
教員からの指導を受け、さらに完成度の高い
レポートに仕上げる日のことです。

f:id:bunseki:20160525081129j:image:w360

提出されたレポートを教員がチェックし、
その際に足りないところ、分かりづらいところなど、
気を付けなければならないことを指摘し、学生たちに返却します。
その後、学生たちは返却されたレポートを修正して再提出し、
さらに良いレポートに仕上げていくのです。

f:id:bunseki:20160525081128j:image:w360

こちらでは学生同士で話し合って、
レポートをまとめています。

学生達はそれぞれの目標に向かっていろんなことを
吸収しようと頑張っています。
レポート日をはじめ実験で学んだことは、
将来仕事をする上で必ず役に立つことでしょう。
立派な分析化学者になるために、
有意義な学校生活を送って欲しいと思います。
我々教員も全員でサポートをしていきます!


by アメフト

食品企業に内定!


昨日のブログで紹介した
2年 資源分析化学科Iさんに続き、
今日は2年 生命バイオ分析学科のA君が内定しました!

f:id:bunseki:20160525081126j:image:w360

学園祭実行委員長としても頑張っているA君は、
食品業界に興味を持って入学し、
希望通り食品企業に内定しました。

企業様からは、面接時での元気良さや積極性
などを評価されました。

「初めは就職活動は不安でいっぱいでしたが、
 先生から何度もアドバイスをもらえたのが
 とても良かったです。
 何度も模擬面接をしたおかげで、
 面接でも自分の考えをしっかり言うことができました。」

と語ってくれました。
本番までにしっかり練習した成果が出たようですね。

来春から社会に貢献することに期待しています!

by アメフト

2016-05-23 12年間続く道頓堀川水質調査と夢が叶った学生!!

道頓堀川水質調査

本校の委員会の一つである環境委員会が中心に行う、
道頓堀川の水質調査を6月に実施する予定をしています。
年間4回実施し、これまで12年間続けてきました。6月の実施で、48回目となります。

実施の取っかかりは、阪神タイガースの優勝と共に、
道頓堀川に飛び込む方がおり、「本当に飛び込んでも大丈夫なのか?」
という疑問から始まりました。

これまでの結果は、以下のURLよりご覧いただけます。

http://www.bunseki.ac.jp/dotonbori/


写真は、道頓堀川水質調査を中心になって進める2年生です。
f:id:bunseki:20160524083829j:image

2年 資源分析化学科のF君(写真左)は、
今年度の環境委員会会長で、1年次能動的に道頓堀川水質調査に取り組んでいました。
新しい年度を迎え、道頓堀川水質調査への意気込みを語ってくれました。

「これまでに何年も続いてきた道頓堀川水質調査なので、
その伝統を壊さないように、事前に打ち合わせをして、
当日はスムーズに実験を行って、正確なデータを出して行きたいです。
また、次年度のことを考え、1年生にしっかり教えていきたいです。」

と、話してくれました。


そして、道頓堀川水質調査がなぜ始まったのか、どのような項目を測定しているのかなどの説明を
黒板やパワーポイントを使って説明しました。

まずは、一般細菌大腸菌の測定の説明です。
f:id:bunseki:20160524083850j:image
2年 生命バイオ分析学科のFさん(写真左)と、Yさん(写真右)が説明をしました。
解りやすく説明していた2人に、6月に行う道頓堀川水質調査への意気込みを聞きました。

「これまでは、上級生に教えてもらう立場だったけど、始めて指導する立場になり緊張しています。
でも、1年生を上手く引っ張っていけるように、頑張ります。」

と頼もしい意気込みを語ってくれました。

さて、続いて微生物の別の指標となる項目について
2年 資源分析化学科のM君がプロジェクターを使った説明をしました。
f:id:bunseki:20160524134833j:image
アニメーションを上手く使い、
解りやすい説明でした。

2年生が、1年間でとても成長したと感じれた時間でした。

今年度の道頓堀川水質調査は、6月11(土)から始まります。
またその時の様子は、ブログで紹介させて頂きます。

byせんぱい

学生の夢が一つ叶いました


学生が採用試験を受けていた企業から連絡があり、「内定」の報告を受けました!!
写真は、担任のましおか先生と一緒に撮影した、2年資源分析化学科のIさん(写真左)です。

f:id:bunseki:20160524134937j:image

高校時代から、技術職に就きたいという思いを持っており、分析化学の技術と知識を身に付けることができる
本校に入学してきました。

彼女が内定した企業は、化学系器具を取り扱う国内でトップシェアの企業です。

そんな彼女がこれからの夢を教えてくれました。「研究産業、環境分析業界など様々な業界を支える
分析技術者になりたいです。」と語ってくれました。

入学時、思い描いた夢が実現したので、今抱く夢もきっと実現できることと思います。

byせんぱい