Hatena::ブログ(Diary)

ちえこ風呂具 このページをアンテナに追加 Twitter

2017-04-02

[]勝負神様羽生結弦に味方した、と感じた世界選手権男子FS

世界選手権見てました。見ている所為結構寝不足になりました…見ている間ってなんもできないんですよねー。

男子シングルでは正直、フェルナンデス選手のFS演技前までは彼の3連覇で終わるだろうと思ってました。もちろん完璧にやれば、とのことでしたが、やはりあれだけ崩れない選手たちの名演技の最終滑走はかなりのプレッシャーだったんだろうと思います。後半のジャンプが崩れ始めたところで、勝負神様羽生選手に味方した…と感じました。それでもメダル獲得はあるのではないかと思いましたが、ステップの足元が崩れてきたところで頭を抱えてしまいました…うん私が。

羽生選手のFSの演技は素晴らしかったと思いますSPが終わった時点では彼を勝つ時の試合のメンタルに戻して完璧な演技ができるようになるのか正直不安でしたが、あんなに安定した演技を見せてくれるとは思いませんでした。さすが土壇場に強い選手です。多分彼自身勝負神様を引き寄せるぐらいの演技をしてしまったんですね。ジャンプ終わった後のテクニカルカウンターが加点モリモリになるのに笑いが止まりませんでした。羽生選手がこの調子でいる限り、クワドを複数跳んで回りきって降りれたら勝てるっていうのはないな、と思います

これはチャン選手にも言える話ですね。彼の場合年齢による体力的な部分もあって、やはり今回の両方をそろえることが出来なかったのが残念ですが、でも彼の場合SPでクワド一本跳んだだけで100点超えですもんね。FSで崩れても5位ですからね。いまだに上位を脅かす選手であることを見せつけてくれた気がします。チャン選手に関しては、私は完璧な演技をしていればいう事が何もない感じです。あのスケーティングを見ているだけで満足なんですね。でもアマチュアスケーターにそれだけ見れればいい、というのはなんだか彼の挑戦に対してすごく失礼な気もします。FSの出来次第ではメダルも取れたわけですから。このすごい時代に、彼の年齢でそれができる選手というのが彼のすごさです。

私はクワドが決まった瞬間は感動しますし、こうやって4回転が当たり前になってきている時代にはわくわくします。今回はボーヤンもすごかった!ジャンプの申し子だなあ、と思いました。でもジャンプだけだと面白くない(いやボーヤン、ジャンプ以外も成長してきてますが)んですね。というかジャンプよりもどんどんトランジションとかスケーティングとかそういう細かいところが好きになってしまっています。そういう意味で言うならば今回も好きだなあ、と感じたのはブラウン選手のスケートですね。やっぱり彼のプログラムがめちゃくちゃ好きです。つなぎモリモリ、何もしてないところが殆どない別の意味ですごい鬼プログラムあんなに美しく演じ切る彼のスケートが好きです。彼のスピンを見るたびに、彼の中にある肉体や体幹の素晴らしさを感じます音楽との完璧調和だけで順位が決められるならばジェイソンは誰にも負けないと思います

宇野選手も素晴らしかったと思います。少々危ういジャンプもありましたけど崩れなかったですし、特に今年のFSはいいですよね。なんちゅーか、いいですよね!ジュニア時代からドンファンとか、ちょ…なんで子供にそんな男っぽい曲を…みたいなプログラムの多かったわけですが、どんどんこのラテン曲が彼にしっくりなじんできている気がします

あとはテンくんうおおおおおお(泣)とか、ミーシャ来年オリンピック枠あるけどなんかもう今すぐやめそうなコメントやめてとか、コリャーダってばクーリック似の良い顔立ちなのにプログラムがやっぱりおかしいとかいやむしろロシアンらしくていいのかとか、そんなことを感じつつ世界選手権テレビ視聴終わりました。今日のエキシ見れるんかしらん。

出来ればJスポ4契約して改めて男子女子アイスダンスと全部録画しておいときたいけど、そんな余裕もあるのかないのか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chieko_san/20170402

2017-04-01

[]映画3月のライオン前編」書き忘れ的な感想(4/2付にて追記あり)

  • おやつタイム島田さんが出してくるのは胃薬かと一瞬思った。そんなわけねえ。
  • 零ちゃん風邪による川本捕獲であかりさんにズボン脱がされてたのあれ妻子捨男の時のやつちゃうのとか思って3巻読み直してみたらやっぱりそうだった
  • というよりうちにあるのいろいろ事情あって5巻からで、さすがになんかもう読み返さないといけなくなって4巻から結局1巻ずつ買い直し始めてるけど3巻4巻見て島田さんとスミスへの愛が深まった(映画感想じゃない)
  • 辻井さんってば九段だったのか!A級だったのか!ほら5巻からだったからただのダジャレの寒い人みたいになってたよ!(だから映画感想じゃ…)
  • 島田さんと零の対局で「こ、これ心の声かよ?!滑川出してこれないからって!!」と思わず突っ込んだ。
  • というなんやかんやでちょこちょこエピソード的に省いて入れれなくなった小ネタを別のところにこっそり入れてきてて、なにこれマニアかみたいな
  • 新人戦での東のイライラ王子ハッチがすごいするっと終わっててちょっとさみしかった。というかハッチちょっと細目でさみしかった。もうちょっとふっくらしててもよかったのに…!
  • ていうかそういやコミカルな部分はほとんど川本家と二階堂に任せてたなーとか。
  • そう考えると将棋のほうはほぼほぼシリアスになってたんだな…というかそりゃそこまで描けたらちょっと上映時間おかしくなるよねとかメリハリなくなるよねとか
  • エピソードが将棋関連、幸田家関連、川本家関連でいろいろ時間軸がズレてるけど、多分前編が将棋と幸田家ラインで押して後半で川本家で、みたいな感じなんかなーとか。そこに大きい対局入れてむにゃむにゃ的な感じでいくとしたらこのほうがすっきりしていいのかなーとか
  • そんなことを書こうとどっかで思ってたけど忘れてた。

という事を思い出していてふと気づいた違和感は、島田さんが対局中に干し柿を食べている所です。私がなぜあそこで胃薬を飲むのでは、と勘違いしたのは島田さんが対局中に食事をするイメージが全くないという事でした。胃痛持ちでそれこそ対局前にほとんど食事もできない島田さんが、対局後のビールが胃に本気で染みて痛むほどの島田さんが、対局中に食事ができるかというとできないはずなのです。そんな事を考えていて初めて「そうか、原作島田開と佐々木蔵之介が演じる島田開は全く違うキャラクターなんだ」ということに気づいたのでした。

そんな事をつらつら思わず考えてしまったのは、原作を知らない駆け込み屋のアニシさんが映画を見て島田開というキャラクターを「飄々としてそうで熱いものを持ってる」と評したことでした。私にとって島田さんは飄々としているというよりは苦悩しているキャラクターなのですよね。いや原作読みは皆思ってますよね。本当にいい人で、いい人だからこそこの将棋という厳しい勝負世界で苦悩して足掻いている、それが原作島田開というキャラクターなわけですが、そういう部分ってほとんど描かれていないわけです。見返したら胃を痛めているシーンどこかにあったのかもしれませんけど、私の記憶には印象に残るシーンではありませんでした。もしかしたらあそこで胃薬出してきてたらインパクト強かっただろうなーとちょっと思いますけど、佐々木蔵之介の島田さんにはもしかしたらあまり合わないかもしれませんね。髪の毛もふさふさですしね(笑)

と同時に気づいたのは、おやつタイムの意義が映画では描かれなかったのだということです。原作では宗谷名人と隈倉九段の対局で描かれるおやつタイムですが、あそこで隈倉さんがケーキ3個一気食いというとんでもない甘党ぶりを見せて対局中におやつを食べるインパクトを出しました。対する宗谷さんは紅茶に大量のブドウ糖と薄切りレモンというシンプルもので、こういう対比が描かれたのは宗谷冬司というキャラクターの無機質性を出すと同時に、対局中におやつを取る意味を明確にするためであったのだと思います。脳をフル回転させるために糖質を取りクエン酸で疲労回復をする、その一番シンプルな形を宗谷冬司というぴったりなキャラクターを使って表現した原作おやつタイムは、将棋を知らない一般読者には非常にわかりやすく、また対局の面白さを感じさせるものでした。
しかし映画では原作の本筋とは別の使われ方をしたように思います。どちらかというとにらみ合いながら互いにおやつを食べるという、あくまおやつタイムという小ネタを使ってガチンコ勝負の印象を強めた感じです。それは監督の伝えたいメッセージとしては非常に簡潔でわかりやすいものだったと思いますが、原作読みとしてはなんだかちょっと「あれ?」と思う部分なのでした。

補足しておきますが、こういう小さな違和感というのは、長編小説漫画原作をしたメディア作品にはありがちなものだと思います。私はそれを悪いとは思いません。12巻でいまだ未完の作品の内容を全部描けというほうが無理だと思うからです。原作が長ければ長いほど、監督には別の視点と到達点が必要になるのでしょう。それが見る側としてマッチすれば良作と感じられるでしょうし、そうでなければ見るに値しない作品と感じられるだけのことだと思います。そして私にとって今回の映画は悪くない作品だと思います

と同時に私が映画漫画、ドラマといったメディアより小説漫画を好む理由が初めてわかりました。尺を気にせずどこまでも長くできるし濃くも浅くも描ける、その自由さが小説漫画にあるからです。作者の濃密な世界観にどっぷりとつかりきれる小説漫画をこれからも楽しんでいきたいなあと改めて感じました。

anishisetsuanishisetsu 2017/04/03 22:22 こんばんは、島田さんのキャラはそういう性格だったんですね。胃を痛めてるシーンは最後の宗谷戦の時にあったと思います。お腹抑えていたので。胃薬が出てきたらインパクトあったかもしれませんが、お笑い要素になりかねないので、地元を愛するというキャラを際立たせるための柿だったのかなと思います。
おやつタイムは面白かったです。脳を活性化させるための甘いもの、というのはまあ分かる人には分かるかもしれませんね。

chieko_sanchieko_san 2017/04/05 23:04 こんばんは。ちょうど同じ映画を見たのでコメントしようかなーと思っていたのですが、こんな感じの事を考えていたので記事にしてしまいました(苦笑)。コメントありがとうございます。
島田開というキャラクターが柿をモリモリ食べている、というシーンに度肝を抜かれたんですよね。多分私の持つ島田さんのイメージと、監督が描かれている島田さんのイメージとは大筋で同じとは言え、どこかどうしても違う部分があったんだと思います。あとは映画全体の表現を、原作に沿いつつ組み立てていくとこういう部分が出てくるんだろうなあ、とも。
将棋を知らないと、対局中におやつを食べるシーンが出てくること自体が驚きですよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chieko_san/20170401

2017-03-29

[]吉澤嘉代子吉澤嘉代子とうつくしい人たち」

吉澤嘉代子とうつくしい人たち (通常盤CD)

吉澤嘉代子とうつくしい人たち (通常盤CD)

新しいアルバムが出ているのに去年のアルバムの話。彼女の事は去年から気に入っているのですが、少しずつ聞いています。

個人的に「ねえ中学生」が好きです。彼女って、大人と子供の間にいる印象のあるアーティストですよね。「ねえ中学生」は中学生の歌ではなく、大人な私とあなたがもし中学生ならどうする?みたいな感じの妄想ソングなのですが、その歌詞の中にある

大人になったからだはどこへも行かず

むくわれない

むくわれない

というフレーズ自分の心と体を持て余している感じがして、なんというか愛おしいですよね。ちなみにコーラスエビ中なんですよね。書かれていないとわからない感じですよね。

D

もうひとつ面白いのが「じゃじゃじゃ」です。これは詩も曲もザ・プーチンズ街角マチオという方がつくっていて、最初何をうたっているのかな?と思っていたのですが、よくよく聴いてみると合間合間に少年漫画フレーズが出てくるんですよね。鏡に運命の人を問う彼女に、鏡が引き合わせるのが皆少年(青年)漫画(アニメ)のヒーローなのです。孫悟空だったり、アムロレイだったりケンシロウだったりする。で、サビのところで

私の彼は全員なぜか

戦ってばかり

戦ってばかり

戦って

まともにデートもしてくれないのです

というのが好きです。少女漫画のように運命の人出会う事を夢見る女性に巡り合うのは、何かと戦ってばかりいてデート仕事もしない少年漫画ヒーローで、なんというか男女の滑稽さを表現していてなんというか面白くも少し悲しい。彼女のなんとも言えない歌謡歌唱で歌われると何とも言えない女性の叫びみたいなものが聞こえてくる気がして好きなのです。

彼女メジャーデビューキャッチコピーは「魔女修行中」なのですが、この少女女性のどちらにもなりきれない感じは魔女性ともいえるものなのかな…とたまに思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chieko_san/20170329

2017-03-20

[]「3月のライオン」を見てきた話

えーと、実のところ、結婚相手とは趣味が合うようで微妙に合いません。お互いオタク(そう、相手オタクなのです。図らずも。)なのに、ジャンルが違うんですよね。まじでね…読む本も違えば見るものも違う。熱意の向けるところが微妙に違う。そう、私がミュージカルの「レ・ミゼラブル」が好きだといえば、相手原作本しか読んでません*1という。私が上橋菜穂子守り人シリーズ原作から好きで今ドラマを見ているといえば相手獣の奏者のアニメしか見てないとかいう*2…そんな微妙にかみ合わない二人なわけですが、今のところ唯一かみ合ったのが「3月のライオン」でした。

そう!私は原作から入ってちょこっとだけアニメ見てて、相手はアニメも見てて原作も読んでる!そう!キャラクターストーリーの話ができる!!

ので今日一緒に見に行ってきたわけですよ。

結論としては

すごく良くできている!!

作品でした。ストーリーの進み具合も、エピソード選択も、役者選択とてもうまい、なおかつ空気感原作好きとしてよく出ている、そういう作品でした。やっぱり桐山神木君はぴったりですよね。で、豊川さんもすごく良い。幸田八段はもうちょっと枯れててもいい具合のキャラクターですが、でも豊川さんの雰囲気はすごく良かった。もちろん島田さん役の佐々木蔵之介さんもですね、うわもうこの人しかいないー!と思うような島田さん感がありました。
あと特筆すべきは宗谷名人ですよね。正直漫画宗谷名人ってもっとなんというか、少年みたいなキャラクターだと思っていたので、まさか加瀬亮をもってくるとは思いませんでした。でもなんだろう…あのキャラクターが濃い中、漫画のような役者さんの中で、ただ一人現役棋士のような空気感を持った加瀬さんの存在はすごく、ある意味すごくこの映画世界観からズレていて、それが宗谷らしさになっていた気がしました。多分後編に土橋さんが出てくることはないと思うんですが、この宗谷名人と相対する土橋さんというのはどういう役者さんになるんだろう…と正直思いました。

後半の予告を見て、そこまで進むか!!な驚きがありましたが、とても気になりました。まさか4月公開ってあんたそれひどいんちゃう?なんで夏にしてくれへん?っていう私にとっての日程ですが、まあ見にいっておきたい映画になりました。

*1:一応私も原作は読んでますが…うん…そういう事じゃないんだ。

*2:ちなみに私は獣の奏者原作のみ…というかアニメを途中まで見て、我慢できなくて原作読み始めてしまった人。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chieko_san/20170320

2017-03-18

[]久しぶりのネットでいろいろすいません

年末から鬱屈としており、ネットからも一部外れていました。ツイッターも全部放置生活はぐだぐだ…そろそろ落ち着いて…きてはいませんが、なんとかブログには出てくることができました。しばらくテレビあんまり見れてません。放置していた方には改めてお返事しますが、とりあえずこちらでもすいませんと言わせてもらいます

いろいろあったー…ということの程はないですが、そろそろいろいろやってくるので頑張って書けるぐらいになっておきたい私です。

ちなみに今現在結婚については、なんとなくもういろんなところに報告しておかないといけないレベルです。12月からしばらく鬱屈としていてなんかもうどうなるかわかんないぜ、なので誰にもあんまり伝える気持ちになれないぜ、ぐらいの気持ちが続いていましたが、なんとか、なんとかなりそうです。事務的に伝えておかないといけないなあ、と思えるところには伝えていたりはしましたが、そろそろ本気で……伝えてまわらないと……。なぜか叔父の関連の方のほうが知ってる状態ですけどもね!私の親しい人達よりもね!!

そんな叔父は今現在入院中です。インフルと肺炎併発して治ってきたところに腸閉塞になり、腸閉塞治ったけれども足腰弱ってるのでリハビリ受けながらの1か月半…風邪かと思って病院いっただけだったのに、こんなに長く入院することになるとは思いもしませんでした。
なので今一人生活です。一人だと怠惰ここに極まれりです。
一人でご飯食べるのが、こんなに面倒なことになるとは思いませんでした。まさか私が一人になって

ごはん炊きたくない…

買い物行きたくない

もう食パンも焼きたくない…

というところまでいくとは…思わなかった。最初はそうでもなかったんですけどもね、本当に病院行って家に帰ると何もしたくないんですよね…。最近は家でご飯食べたくないぐらいです、ひどい。
ある日の晩は空腹になったものの何も用意する気になれず、朝食用バターロールをもそもそ床に座って食べつつ置きっぱなしの湯冷ましを飲むという…空腹をただ満たしているだけの夕食に、私が一人暮らしにとことん向いていないことがよくわかりました。

そんな春です。仕事は…主任にすんごい圧力かけられてます。私が辞めるころまでは居てね!居るよね!!居る前提でいくからさ!!居れるように時間とか考えていこうね!!パートになってもいいやん!社長もあなたが辞めることは考えたくないと思うよ!!みたいな…これどう答えりゃいいのよ状態…。私新居予定の家からだと通勤時間1時間以上かかるし、正直今の給料じゃなくて家庭と仕事の両方に無理がかかるなら転職したいぐらいなんですけど…。
私さ…結婚したらさすがに「しょうがないよね…おめでとう!!」みたいな感じになると思ってたんですよね。この会社辞める理由ができるのは結婚か病気か介護か会社ダメになるぐらいしかないよね…って気持ちでいたんですよ。でも病気や介護でやめるとか絶対嫌だったので「ここを出るときは結婚退職だぜ!!」と決意していたんです。
まさか結婚退職が許されない状況になるとは思わなかったぜ…いやまあ年内は仕事するつもりでいたけど、正直仕事必要なんですけど、それは私の裁量で選べると思ってた!思ってました!!というか主任はそこんとこわかってくれてると思ってました!!
そういうとこ常識的配慮してくれると…なので今の主任圧力が怖いです…マジで…。
いや辞めるときは辞めるけど。主任にも「まだ、どうなるかわかりませんし…」と答えてます。でも「いや、年内には転職したいです」は言わせてもらえませんでした。

そんな春です!

shinrusanshinrusan 2017/03/18 22:58 お…お疲れ様です…色々とお疲れ様です…!
ずっと気になっていました。

叔父様は早く良くなられますように〜!

chieko_sanchieko_san 2017/03/20 21:59 しんるさん、コメントありがとうございます。
叔父は徐々に元気にはなっております。これからは生存報告のためにも、もうちょっとなにかしら書いていきます〜。

anishisetsuanishisetsu 2017/03/31 20:47 お久しぶりです。そして本当にお疲れ様です。
お二人共元気になられますように。
また日記読みに来ます。

chieko_sanchieko_san 2017/04/01 21:15 アニシさんコメントありがとうございます。
叔父は足腰の弱り以外は完治したので、あとはリハビリです。私のほうは…まだぐだ…ぐだ…ですが、少しずつもとに戻そうとしているところです。そちらもようやく読みに行けるようになりましたし、私もすこしずつ書いていきますね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chieko_san/20170318