Hatena::ブログ(Diary)

TECHNERD::INIT このページをアンテナに追加

2009-01-21

簡単Google App Engine登録編

この記事は、簡単Google App Engine入門編 - TECHNERD::INITの続きです。

GAEへの登録

http://appengine.google.com/にアクセスします。

[Welcome to Google App Engine]という画面が出てきたら

[Create an Application]をクリック

Verify Your Account by SMSという画面に飛ぶので

Country and Carrier: Japanを選択します。

次にキャリアを選択します。

Username:

に携帯のe-mailアドレスの@より前の部分を入力

[Send]を押す

携帯のe-mailアドレスに以下のような7桁の認証キーがおくられてきます。

Google App Engine Code : 9999999

これを入力するとアカウントの登録が完了です。

アプリケーション領域の作成

GAE上にアプリケーション領域の作成を行います

[Create an Application]の画面にて、

Application Identifier:に任意の名前をつけて下さい。

ここではhogehogehogeにします。

Application Title:に適当にタイトルをつけてください。

そして[Save]を押す。

appspot.com上にhogehogehoge.appspot.comという領域が作られました。

まだアプリケーションをアップしていないのでアクセスしても何もありません。


Google App Engineへのアップロード

ローカルPCにて

app.yamlを編集

application: hogehogehoge <-ここを[Create an Application]の画面で指定したApplication Identifierに変えてください。
version: 1
runtime: python
api_version: 1

handlers:
- url: /.*
script: helloworld.py

app.yamlの詳細について知りたい方はこちら。

Error 404 (Not Found)!!1

GAEへのアップロード

appcfg.pyでアップロードします。

DOSプロンプトから、

C:\Program Files\Google\google_appengine\appcfg.py update C:\gapps\helloworld

実行後、e-mailとpasswordを聞かれます。

e-mailgmailアカウント
passwordgmailパスワード

入力してアップロード完了

確認

http://hogehogehoge.appspot.comにアクセス。

Hello, Worldと表示されていればOK。

ここまでが一連の流れになります。

2009-01-09

Shim6 (Site Multihoming by IPv6 Intermediation)

概要

  • 端末ベースのサイトマルチホーム技術といいながら実質ホストマルチホーム技術である
    • 端末に振られたアドレスを2種類に分類
      • Identifierアドレス
      • Locatorアドレス
        • ルーティングするための場所を示すアドレス
    • IPv6層の間にShim層を導入
      • Shim層の上からは、Identifierアドレスで通信しているように見える
      • Shim層の下からは、Locatorアドレスで通信しているように見える
    • 欠点
      • ホストベースマルチホームなので、TEは端末のアドレス選択に依存
        • →網側での制御が困難
 +----------------+
 | Application    |
 +----------------+
 |   TCP/UDP      |
 +--------+-------+
 |        |IPv6(2)| <- IP end-point sub-layer (IPsec,Fragment,Destination Option処理)
 |        +-------+ 
 |  IPv4  |  Shim | <- Locator/Identifier対応付け及びアドレス付け替え
 |        +-------+
 |        |IPv6(1)| <- IP routing sub-layer(NDP,IPv6パケット送受信処理)
 +--------+-------+
 |                |
 +----------------+

最近、あまり追っかけてなかったのですが、yebo blogしたそうですね。

関連リンク

Shim6 WG

2008-07-18

iPhoneでVNC

iPhoneでVNC接続を可能にするアプリケーションが出ました。

「Mocha VNC Lite」

AppStoreでVNCで検索すると出てきます。

現状ではwifi経由のみでアクセスできるようですね。

3G回線では接続できませんでした。

2008-06-17

Apache Shindig

OpenSocialアプリケーションをホストするためのソフトウェア)。

SNSサイトなどのコンテナに相当するものだそうです。

これを使えば独自にOpenSocialのアプリケーションをホスティングすることができます。

  • インストール方法
    • 必要要件
      • Java (JDK/JRE) 1.5以上。環境変数JAVA_HOMEに指定。
      • Subversion Client
      • Maven

ソースコードの取得

1. mkdir ~/src/shindig (this is also referred to as <shindig_home> later in the exercises)

2. cd ~/src/shindig

3. svn co http://svn.apache.org/repos/asf/incubator/shindig/trunk/ .

ビルド(with Maven)

1. Make sure you have the prerequisites installed first.

2. cd ~/src/shindig/

3. mvn (This executes a top level build of Shindig)

4. Once the build completes, you can run Shindig with:

mvn -Prun

Jettyサーバの立ち上げ

1. mvn jetty:run-war



http://chrisschalk.com/shindig_docs/io/shindig-io.html

2008-02-29

mozilla weave

http://www.vladimirpetkovic.com/blog/wp-content/uploads/2007/12/weave-logo.jpg

Mozilla weaveは Mozilla Labsで開発されているアプリケーション

Firefoxのブックマークや、ヒストリー、カスタマイズ情報のメタデータをオンラインで同期できるそう。

http://people.mozilla.com/~cbeard/weave/services-overview-v1.png

http://labs.mozilla.com/2007/12/introducing-weave/

同じようなもので、Google Browser Syncがありますが、結構重かった印象があるので、今はfoxmark bookmark synchronizerを使ってます。

firefoxも携帯電話用ブラウザの開発も行っているようですので、mozillaがこのようなフレームワークを提供してくれると幅が広がりそう。

Firefox 3.0b2preが必要とのことですので、もうしばらくしたら試してみたいです。