ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Copy & Copyright Diary このページをアンテナに追加 RSSフィード

著作権保護期間の70年延長に反対
2003 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 12 |
2014 | 02 | 06 | 08 | 11 |
2015 | 02 | 07 | 08 | 09 |
2016 | 04 | 06 | 07 |

2007-10-23

ニコニコ動画が明らかにしたダウンロード違法化・著作権侵害非親告罪化の問題点

ニコニコ動画が、アマチュアバンドの映像を誤って削除したらしい。

ニコ動」、アマチュアバンド映像誤削除で謝罪 - ITmedia News

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/22/news109.html

動画削除ミスのお詫び - ニコニコ動画 開発者ブログ(新着情報)

http://blog.nicovideo.jp/2007/10/post_192.php

削除されてしまった方には申し訳ないが、このニュースは現在パブリックコメントが行われている文化審議会著作権分科会私的録音録画小委員会中間整理と、法制問題小委員会中間まとめに盛り込まれた内容の問題点が非常に分かりやすい形で現れたものだと思う。

法制問題小委員会の中間まとめでは「適当ではない」と結論づけられたが、著作権侵害を非親告罪化することについての議論が法制問題小委員会では議論されてきた。

著作権侵害が非親告罪とされてしまうと、著作権者の告発無しに著作権侵害が取り締まられることになる。

しかし、著作権侵害であるかどうかを著作権者でない第3者が判断できるのだろうか。

今回ニコニコ動画は、適法にアップロードされた動画を「権利侵害動画」であると判断して削除を行った。

ニコニコ動画は適法・違法の判断を間違えたのだ。

第3者からみて、適法・違法の判断が難しいことが、今回の削除ミスで明らかになった。

著作権侵害を非親告罪化すると、このような判断ミスによって告発されたり逮捕されたりするケースが出てくるだろう。

もちろん、一目で「著作権侵害だろう」と類推できるケースも多いが、第3者が的確に判断できるケースばかりとは限らない。

私的録音録画小委員会の中間整理では、違法にアップロードされたコンテンツをダウンロードする行為を違法化すべきとの意見が盛り込まれている。

ここでも前述の通り、第3者が違法・適法の判断をすることが難しい、という問題点が絡んでくる。

適法なコンテンツだと思ってダウロードしたら違法なコンテンツだった、違法なコンテンツだと思ってダウンロードをするのを止めたらそれは適法なコンテンツだった、というケースが出てくるだろう。

なお、違法とされるのは「情を知って」いる場合に限られるので、適法なコンテンツだと思って違法なコンテンツをダウンロードするケースは違法とされない。

なので、問題はないではないかという人もいるかもしれないが、私はそうは思わない。

どちらかというと、ユーザーよりもクリーエーターの側に大きな被害をもたらすと思う。

インターネット上でコンテンツを公開しているのは、大手レコード会社などの商用サービスだけではない。多くのアマチュアのクリエーターもコンテンツを公開している。

しかし、今回ニコニコ動画が誤解したように、アマチュアのクリエーターが適法にアップロードしたコンテンツを、ユーザーが違法コンテンツと誤解してしまうケースが多発するのではないだろうか。

そうなると、アマチュアのクリエーターが多くの人に見て欲しい・聞いて欲しいと思っていても、大手コンテンツプロバイダーのサービスとして提供されていないために、違法と勘違いされて多くの人に伝えられない、という状況になってしまうのではないか。

日本レコード協会などは「識別マーク」を普及させることによって違法・適法を識別できるとしているが、それは逆に、「識別マーク」のついていないアマチュアの適法コンテンツの流通を阻害することになるだろう。

これは、アマチュアのクリエーターの「表現の自由」を奪うことになりかねない。


今回のニコニコ動画の誤削除は、これらの問題を分かりやすい形で提示してくれたとおもう。

odakinodakin 2007/10/24 09:54 まったくですな

極論すぎるだろ極論すぎるだろ 2007/10/24 10:55 いやいや、ちょっと待て。

非親告化は、勝手に侵害と決めることが出来るようになるわけじゃない。
非親告化は、著作者が告訴しなくても立件できるようにするだけだ。

仮にグレーな奴を立件する場合には、逮捕の後裁判になるのは必至で、そしたら検察は勝たなきゃならん。
警官や市民が「あれってぇ、しんがいしてるとぉ、おもうんですけどぉ」なんて感じた程度では、検察は取り合わないだろう。
少なくとも起訴するからには、何を侵害しているのかをはっきりさせ、それは本当に侵害しているのか、権利元に確認を取るはずだ。
繰り返し言うが、警察や市民が、勝手に侵害だと決めることが出来るわけではない。

また、DL違法の罪を成立させるためには、DLする者が「情を知って行う」必要がある。
そもそも違法コンテンツは無いことになっているニコニコの中で、しかもタイトルやサムネ、コメントから客観的に違法だと判定することは出来ない動画をたまたま見た程度で、いきなり罪には問えない。

識別マークは、「明らかな著作物」に対して、違法でないことを証明するたっめの物だ。

通りすがり通りすがり 2007/10/24 11:34 >>『極論すぎるだろ』さん
本文は『非親告化は、勝手に侵害と決めることが出来るようになる』というニュアンスではないと思いますよ。『著作権侵害と勘違いされた結果、表現活動が疎外される可能性がある』ってことではないかと。そんなわけで本文はニコニコ動画の動画削除騒ぎから推測される可能性について継承を鳴らすたっめのものではないかと。

trshugutrshugu 2007/10/24 13:34 非親告罪になるとネットワークのものもなにもかもなくなってしまいそうですね!

通りすがり2通りすがり2 2007/10/24 13:36 ニコニコの問題は、ニコニコが勝手に判断したことが問題なのではなくて、勝手に削除したことが問題なんだけどね。
本来なら、権利者に確認したりと、しなきゃいけない事をしていない。

じゃぁ、非親告化で権利者に確認を取ることもなく、著作者に関係なく勝手に裁かれてしまうのだろうか?

そんなことにはならないだろう。

アマチュアコンテンツの方であれば、自前で違法でないと明記すればいいだっけのことではないかと思うのだが。

tooltool 2007/10/24 14:30 なんのたっめのコメントですかwww
釣りすぎwww

通りすがり通りすがり 2007/10/24 20:02 ていうか、アマチュアは潰しておきたいんじゃないの?

そうそうそうそう 2007/10/24 22:08 「違法でない事を証明しろ」「自己申告では信用できない」「弁護士も雇えないのか?」→アマチュア脂肪

taketake 2007/10/24 23:03 ニコニコ動画は「わざと」間違えて動画を削除したのかもね。
他にも色々間違えて削除しているものもありそうなのに、これだけ謝罪するというのは、なんとも「わざとらしさ」感がぬぐえないんだが・・・

wang-zhiwang-zhi 2007/10/25 12:41 >ニコニコ動画は適法・違法の判断を間違えたのだ。

ニコニコ動画に確認したところ、この判断自体は
権利者側とニコニコ動画の話合いにおいて決定される場合と
権利者側が可否を行う場合があるそうです。

nanashinanashi 2007/11/05 15:13 個人的な所感では、itmeadiaは新進の勢力に肩入れする傾向、特にニコニコ動画サイドの展開が見受けられます。
非常に稀な例での大袈裟な対応なので、サイト側のポーズにしか感じません。
時期が時期なので、これだけの材料で解釈するのは情報として正確性がないような気がします。

makimaki 2007/12/19 11:46 ウイルスソフトによって著作物を強制ダウンロードされ、かつそのソフトによってダウンロード先を外部に通知された場合、ウイルスソフトを作成した組織が法的手段に出て賠償金を請求することが可能にならないのでしょうか?

warawara 2007/12/24 07:22 こんな法律ができたら、警察にしてみれば、「疑わしいという理由をつける」だけでプロバイダにアクセス記録を要求できるわけだし、たとえ立件できなくても強制捜査等に踏み込むことはできる。

一般的にはそんなことしないと考えるかもしれないが、国家に対して都合の良くない個人・団体に関しては、簡単に介入できる口実を与えることになる。これは怖いことだよ。

pppp 2008/02/26 21:47 和解金目当ての起訴も多くなるって。
実際裁判とかお金も時間もかかるし、刑罰つかないからっていう理由で殆どの人が泣く泣く和解金払いそう。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/copyright/20071023/p2