Hatena::ブログ(Diary)

大好き いばらき ブログ

2016-07-22

第42回茨城県消費者大会に参加しました。(平成28年7月15日)

14:35

7月15日(金)に茨城県民文化センターで開催された「第42回茨城県消費者大会」に参加しました。

f:id:daisukiibaraki:20160715101420j:image:w640

 消費者大会とは、消費者が主役となる社会の構築を目指し、消費者団体同士のネットワークづくりや活動発表の場づくりを目的に実施されています。

 今年度は、「みんなの強みを活かせ〜安全・安心な社会に〜」をテーマに消費者庁長官の坂東久美子氏や社会学者上野千鶴子氏による講演などが行われました。

 坂東久美子氏の講演では、「消費者庁の現状と課題、消費者団体に期待すること」と題し、消費者庁徳島移転の話やフードロスについてなど、「消費」を取り巻く新しい取り組みや活動の紹介が行われました。

f:id:daisukiibaraki:20160715103321j:image:w640

消費者庁長官 坂東久美子氏

 上野千鶴子氏による「〜長寿社会を輝いて生きるために〜」をテーマとした講演では、一人暮らしと幸福度の研究や高齢者向けの共同住宅の事例を通して、要介護者の施設入所が家族の意思によって決定されている現状を批判しながら、「自分で選んで納得して生きること」が今後の長寿社会の中で高齢者がどう生きていくのかを考えるうえでとても必要なことである。との話がありました。

f:id:daisukiibaraki:20160715133401j:image:w640

社会学者 上野千鶴子

講演の間には、ふれあい渡里太鼓のみなさんの演奏もありました。

f:id:daisukiibaraki:20160715125947j:image:w640

渡里ふれあい太鼓による演奏

 大好き いばらき 県民会議でも、水質浄化県民運動のアンケートの実施や花いっぱい運動やキャンドルのWA‼のパネル展示などを通して、県民運動の普及・啓発に取り組みました。

f:id:daisukiibaraki:20160715115128j:image:w640

県民運動のPRブース

「消費」を取り巻く社会の変化についてや、長寿社会の中で高齢者がどのように選択していくのかなど、今後、私たちがどのように安全・安心に暮らしていくのかを考える大会でした。

2016-07-15

第11回寺子屋サルーンを開催しました(平成28年7月3日)

| 11:18

7月3日(日)に交流サルーンいばらきにおいて,第11回寺子屋サルーン「地域活動 PRの発想とコツを学ぼう」を開催しました。メインスピーカーは,茨城大学広報室の山崎一希先生です。

f:id:daisukiibaraki:20160703132524j:image:w640

今回のテーマは,昨年12月に開催した,第10回寺子屋サルーン「企画したい人この指とまれ!寺子屋サルーンの講座を作ろう〜」において,参加者が企画した案の中から一番人気が高かったものを,事務局でコーディネートして実施したものです。地域活動実践者の皆さんにとって興味深いテーマのようで,定員を超える参加申し込みがあり,当初の締切日よりも早めに申込を締め切らせて頂きました。当日は欠席の方もいらっしゃいましたが、計29名の参加者が集まりました。

f:id:daisukiibaraki:20160703131153j:image:w640

午前の部では,まず,広告と広報の違いについてのお話がありました。両方を組み合わせながらPRを行うことが大切だそうで,それぞれの担当者の仕事内容も紹介されました。マーケティング・PRの成功事例が多数紹介され,参加者の皆さんは熱心に耳を傾けていました。

また, PRとは関係のマネジメントであり「関係の始まり=出会い」「関係の深まり=エンゲージ」を考えること,その為にはターゲットについて知り築きたい関係をイメージする必要があること,報道機関に関心を持ってもらう為のポイントについて等のお話もあり,とても興味深い内容の講義となりました。


昼食を挟み,午後の部では3〜5名のグループに分かれ,持ち込み事例相談として,認定NPO法人水戸こどもの劇場さんの「CAPいばらき」の活動のPR方法について考えるグループワークを行いました。社会的に意義のある活動なのに,いまひとつ興味をもってもらえない…そんな悩みがある場合,どのような手順でPR方法を考えれば良いのか,コツや手順を一緒に考えました。

f:id:daisukiibaraki:20160703140936j:image:w640

f:id:daisukiibaraki:20160703141928j:image:w640

f:id:daisukiibaraki:20160703140819j:image:w640

まず,関係をつくりたい相手とは誰か?を考え,PRの対象となるターゲットを設定しました。その後,そのターゲットはどんな人なのだろうか?どんなことに興味があり,どんな悩みを抱えていて,どのようなメディアから情報を得ているのだろうか?などを分析する話し合いを行いました。

様々な年代の集まる寺子屋サルーンらしく,先日お孫さんが生まれたという方のいるグループでは「祖父母」をターゲットに,学齢期のお子さんのいらっしゃる方が多いグループでは「PTA」をターゲットに想定してPR方法を考えるなど,グループごとに特色のある意見が発表されました。

f:id:daisukiibaraki:20160703145444j:image:w640

f:id:daisukiibaraki:20160703145100j:image:w640

f:id:daisukiibaraki:20160703144735j:image:w640

そして,ターゲットの視点で「売り」を整理して,「あなたの〇〇という悩みを解決するために良いですよ」「〇〇という点で新しいですよ」等,魅せるPRメッセージや方法を考え,取材してもらうための方策づくりも大切であることを学びました。

その後,質疑応答でも活発に質問や相談が寄せられ,皆さんの関心の高さがうかがえました。今回のテーマは人気が高く,申込み締切日よりも早く満員御礼となってしまった為,「ぜひ第2弾を開催して欲しい」との声も多く聞かれました。これからも寺子屋サルーンは,皆さんの幅広いニーズに合った講座を企画していきます。皆さんのご参加をお待ちしております。

2016-07-13

坂東市ネットワーカー連絡協議会が「公民館まつり」に参加しました。(平成28年7月2日,3日)

17:54

7月2日に坂東市ネットワーカー連絡協議会が坂東市岩井公民館において開催された「公民館まつり」に参加しました。

f:id:daisukiibaraki:20160711164553j:image:w640

公民館まつりの受付や来場者に対して、啓発品を活用した県民運動のPRなどを行いました。

f:id:daisukiibaraki:20160711164616j:image:w640

2016-07-05

おもてなし観光週間街頭キャンペーンに参加しました。(平成28年7月1日、7月4日)

08:37

 7月1日に水戸駅鉾田駅、7月4日に日立駅土浦駅下館駅において開催された「おもてなし観光週間街頭キャンペーン」に参加しました。

f:id:daisukiibaraki:20160701072311j:image:w640

 出勤する会社員の方や登校する高校生に対して「今日からおもてなし観光週間です。」などと,声掛けを行いながら,啓発品を配布しました。

f:id:daisukiibaraki:20160701072639j:image:w640

 今回は、大好きいばらき県民会議のマスコットも参加し、PRを行いました。

f:id:daisukiibaraki:20160701080416j:image:w640

f:id:daisukiibaraki:20160701073815j:image:w640

f:id:daisukiibaraki:20160701073709j:image:w640

f:id:daisukiibaraki:20160701074248j:image:w640

7月1日〜7月7日までは「おもてなし観光週間」です。

茨城県を訪れる方々に対して、精一杯おもてなしをして、茨城県を大好きになってもらいましょう。

2016-06-29

下妻市ネットワーカー等連絡協議会が「あじさいまつり」に参加しました。(平成28年6月25日)

09:04

下妻市ネットワーカー等連絡協議会が6月25日(日)大宝八幡宮において開催された「あじさいまつり」に参加しました。

まつりの来場者に対して、啓発品を活用し県民運動のPRを行いました。

f:id:daisukiibaraki:20160627152921j:image:w640

f:id:daisukiibaraki:20160627152919j:image:w640