どんぺりもってこい2

 

2017-10-08

芥川龍之介 谷崎潤一郎ほか『文豪エロティカル』

『文豪エロティカル』(末國善己 編 2017/8月刊 実業之日本社文庫)読。
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-55380-1
f:id:domperimottekoi:20171007215507j:image
これも文豪ブームの恩寵か タイトルどおり超有名純文学作家10士による「性」テーマ──と言うよりも寧ろ敢えて変態エロティシズム嗜好と呼ぶべき短篇傑作集。同文庫で軍師物 決戦物等硬派時代小説を編んできた末國善己氏だが 既に『夜の日本史』↓と言うその道の名著をものしている人なので実は意外の感はない。
http://domperimottekoi.hatenablog.com/entry/2013/09/07/000000
「時代の制約もあり直接的な官能表現は少ないが」「五感を刺激する描写に満ちており、視覚を重んじる現代のエロスの表現とは違う魅力」と解説にあるように 露骨さではない繊細さ陰翳の豊かさでエロティシズムを喚起する作──視姦趣味の男を描く田山花袋少女病」ストッキングフェチ録 川端康成「舞踏靴」私小説風掌篇 太宰治「満願」ある種の盗聴話 永井荷風「人妻」──がメインをなす一方で かなり衝撃的なもの──作家イメージとは些か異なる男色堀辰雄「燃ゆる頬」阿部定の少女期 織田作之助「妖婦」平安糞尿譚 芥川龍之介好色」──もあり さらには時代的問題作と言えるもの──不感症の元娼婦が見た戦中戦後 坂口安吾「戦争と一人の女」一大スキャンダルを呼んだ 森鴎外「魔睡」──まで揃う中でも 個人的最注目は 中篇級分量の谷崎潤一郎青塚氏の話」。江戸川乱歩かとも見紛いそうな謎めく異常性癖談で 切迫感を煽る筆勢と展開が見事。また安吾の「戦争と…」は『黒革の手帖』での怪演が記憶に新しい江口のりこ主演で 荷風「人妻」は谷村美月で其々映画化されているそうで興味唆る。
末國氏は『特選小説』誌で『文豪、エロスに挑む!』を隔月連載中の由なので この筋でもまだまだ企画あるやも。

上の表紙写真では下半身が隠れているが 帯をとると↓…
f:id:domperimottekoi:20171007215526j:image

『文豪エロティカル』は末國善己さんより頂きました、ありがとうございます!































.

2017-10-06

『赤い右手』略地図

発掘 J・T・ロジャーズ『赤い右手』世界探偵小説全集版(国書刊行会)略地図 原図。
f:id:domperimottekoi:20171006212556j:image
原書に地図はないが 広い屋外空間であり乍らある種密室殺人的趣向の話なので地図があったほうがいいだろうと思い 作中の叙述から推測してこの原図を書き 企画編集のFさんに提案。Fさんがこれを受け容れ図をブラッシュアップして 適当と思われるページに載せてくれた。
文庫化(創元推理文庫)の際にはその図を流用せず新たに作ることにしたが この原図が見つからなかったため最初から描き直し それを基に編集Iさんがイラストレーターの方に頼んで国書版とは雰囲気違う図を作ってくれた。其々に味のあるものになったと思う。
因みに文庫のほうは早々に重版未定状態となり 現在新本で買えるのは皮肉にも旧版である国書版のみ…































.

倉阪鬼一郎 編輯『幻想卵』

発掘『幻想卵』。ホチキス針が外れ散逸しかけている号もあるが…
f:id:domperimottekoi:20171005121619j:image
ここに写っているのは21号〜41号上巻だが 抜けている号もあり この前後もまだどこかにあるかも。写真の一番上のは30号の上下で 奥付を見ると「幻文12年11月3日発行」となっており正しい年月は不詳だが 21号が昭和62年なので 30号は昭和の終わりor平成初頭頃か。ほとんど倉阪鬼一郎氏の個人誌の趣なるも実は寄稿者も多く この号でも右の上巻の目次(裏表紙)には並木二郎氏 藪下明博氏の名が見え(浅草二郎とキーロフ・クラサコフスキーは倉阪氏の変名) 左の下巻では 新井紫都子氏 水瀬透氏 室井保雄氏 倉阪氏らが中短篇競作の豪華布陣。この号にはないが不肖当ブログ子も何度か載せてもらい。ワープロ原稿もたまにあるがまだ手書きが多い時代。集まった原稿をコピーし折りホチキスで留める作業を1人でやっていた倉阪氏の労は如何ばかりか。がこの30号の目次↑にも見える氏の連載『ギョーカイの極北で』がのちにベストセラー活字狂想曲』となる等 ここには様々なものの原点と言える要素が確実にあった筈。





























.

2017-10-03

スティーヴン・キング『ファインダーズ・キーパーズ』

スティーヴン・キングミスターメルセデス』『ファインダーズ・キーパーズ』(白石朗 訳 2016/8 2017/9 文藝春秋)読。
f:id:domperimottekoi:20171003210223j:image
〈退職刑事ビル・ホッジス3部作〉の第1部&第2部だが…前者未読のままだったため後者刊行の機に続けて読破。その前者『ミスター…』はタイトルどおりメルセデス・ベンツを凶器とする連続殺人犯を主人公ホッジズがネット等現代的空間の中で追う話で 今般の『ファインダーズ…』はその終息後全く別の事件(登場人物の一部に関わりはあり)が 一転比較的懐旧的世界観で展開する。70年代の強盗殺人犯が 盗んだ著名作家の未発表草稿を現代のある少年に拾われ 冷酷な手口で奪還に迫る。元刑事の初老探偵ホッジズは少年ピートとその一家を守るため凶悪犯を追い詰めていく。犯人モリスとピートとホッジズの3者を主要視点として 離れ離れだったパズルのピースが徐々に接近し嵌め込まれていくように 序盤中盤の紆余曲折を経てラスト3者が出遭う白熱のクライマックスへと収斂。この「巡り巡っての運命的出遭い&対決」こそキングの自家薬籠で 第1部『ミスター…』でも顕著だったが 第2部『ファインダーズ…』ではより先を読ませない錯綜 これをどうほぐし結びつけるのかと案じさせつつも 終盤の怒涛のリーダビリティーで見事期待に応える。両作とも「ミステリー」を謳い とくに『ミスター…』はエドガー賞に輝いたが 印象はともに寧ろスリラーorサスペンスと呼ぶに相応しい。またこの第2部では第1部の敵キャラ=メルセデスキラーにも触れられており シリー大団円を含むであろう第3部に如何に繋がるか愉しみ。(なおタイトル〈ファインダーズ・キーパーズ〉はホッジズの探偵社名で 訳者あとがきによればあるユニークな意味を持つ由)



ミスターメルセデス』『ファインダーズ・キーパーズ』は文藝春秋より拝領 感謝!





























.

2017-09-30

菊地秀行トーク 時代劇ファンタジーの残照 東映『里見八犬傳』3部作

9/29金 《菊地秀行 深夜のトークライブ「時代劇ファンタジーの残照」》於 新宿 LOFT/PLUS ONE
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/73375
f:id:domperimottekoi:20170929233610j:image
恒例 菊地秀行さん笹川吉晴さん登壇し 先ずデジタルフロンティアより『吸血鬼ハンターD』米アニメ化進捗報告ののちメインの名(or迷も)作映画ダイジェスト。
今宵は東映里見八犬傳』『里見八犬傳 妖怪の乱舞』『里見八犬傳 八剣士の凱歌』の3部作(全1959)。
http://movie.walkerplus.com/mv26160/
f:id:domperimottekoi:20170930190508j:image
これぞ絢爛幻想特撮(?)超娯楽時代劇の精髄! …が映画本篇にも増して釘付けにされたのがいつも以上に間断なく熱い(笹川さんの相の手突っ込む隙さえあらばこそ)菊地さんの滔々たる「東映映画史談義。これを傾聴すると俄昭和邦画ファンとしては修業未だしと慚愧愈々。…が流石の菊地さんも熱入り過ぎたか3本目の頃には沈黙多くして映像に見入り。元気満々のつもりの当方も最後なぜかいつになく睡魔に屈し無念と… (↓明太子茶漬け&カルピスの満腹感も手伝い)
f:id:domperimottekoi:20170930024111j:image

…閉幕後の早朝には前夜クトゥルフナイトから引き続きお付き合いいただいた吉田仁さん豚蛇さんとともに奥歌舞伎町の24h喫茶にて珈琲。両碩学より未訳海外クトゥルフ巡るマニアック過剰な講義堪能の僥倖。お2人に感謝!


































.

2017-09-29

友成純一『蔵の中の鬼女』

友成純一『蔵の中の鬼女』(アトリエサード 2017/9月刊)読。
http://athird.cart.fc2.com/ca9/207/p-r7-s/
f:id:domperimottekoi:20170929133132j:image
解説及び作者あとがきによれば 90年代前半『小説CLUB』誌(orその別冊?)に連載した読切短篇シリーズ〈幻夢城〉とその関連作群から15篇を精選した集成の由(※実質的にはほとんどが増刊号掲載作らしい)。それが何と雑誌から千切りとって溜めておいたものが押し入れから見つかったため実現した企画と言うから凄い話。「長篇でバイオレンス・アクション、スプラッタをやっていたので、幻想ファンタジーっぽい設定で話を作った」「それぞれ独立した短篇だけれど(中略)同じ世界の話として読んでもらっても良い」(ともにあとがきより)とのことだが 実際に読むと 世上の所謂幻想ファンタジーという語のイメージとはかなり異なり「これぞ友成純一」な雰囲気は依然濃厚で 帯惹句のとおりこの作者のエッセンス凝縮の感強し。またテーマや舞台によって「炭鉱怪異譚」「人外幻覚境」「恐怖霊異譚」「猟奇名画座」の5部門に分けられ且つ其々に解説が付され親切。
「俺はなんて才能があったんだろう」との作者の自信は鼓舞にとどまらず本当に全作驚くばかりに面白いが それは本領たる猟奇趣味や惨虐描写の冴えのみならず 要諦を心得切った怪談作りの巧みさや心理記述の鋭利さ等に因るところも大きい。前者の面──グロテスク&過激発想──は 薬物中毒男が暴淫を極める「鬼になった青年」や作家を襲う異常な悪夢「夢見る権利」や〈眠り男〉(某古典映画からか)が起こす大惨劇「妖精の王国」等にとくに顕著で 後者──ゾクゾクさせる作劇技術の妙──は実話かとも思える(主人公名が友成純一)「幽霊屋敷」やコーンウォール舞台の奇譚「お伽の島にて」等で発揮され 中でも最瞠目は都市伝説型怪異「後ろを見るな」で フレドリック・ブラウンの同題作とは趣き違い どこかしら『世にも怪奇な物語』中の「悪魔の首飾り」連想さす傑作。また「最も気に入っているのは、筑豊を舞台にした一連の作品」と作者が言うごとく 表題作含む巻頭の3篇は豊かな地方色も印象濃く 且つその内の「邪神の呼び声」「地の底の哄笑」はクトゥルフ神話の系列に属し 解説が誇るように郷村家シリーズとも言えるこの2作が併録されたのは幸い。総じて 残酷や悪趣味要素と雖もあまりに突き抜け過ぎて(作者のキャラクターも反映してか)まさに哄笑を誘うほどなのと 終始の語りの佳さとが相俟ち 意外にも厭さはなく(?)読後感は爽快ですらある。これほどの秀作群を長篇群と並行して自分でも覚えていないほどの高速で書き飛ばしてきたと言うこの作家はやはり天才と改めて。
「さらに数冊は出せるだけ、原稿は見つかっている」そうで 本書の奏効と続刊に期待。

蔵の中の鬼女 (TH Literature Series)

蔵の中の鬼女 (TH Literature Series)




『蔵の中の鬼女』はアトリエサード社よりお贈りいただきました、ありがうございます!





























.