鰓日記ASTRAY

2014-07-09

スーパーひみつきち

http://www.pokemon.co.jp/ex/oras/feature/07.html

QRコードによる基地の公開も出来るそうです。

クリエイトーイ等と同じで3DSの撮影データとしてSDカードに保存でき、内蔵ブラウザから画像アップロードツイート出来るってパターンだと思う。

それに加えこれで努力値稼ぎも出来るんじゃないかな?と予想。

XYのサファリ同様にフレンドコードの登録が必要な機能としたい所ですが、この機能は任天堂の「見知らぬ人とのFC交換は止めましょう」に反している為もうやらなそうなので。

現にXY発売後にTwitterにおいてサファリの出現ポケを稼ぐために無差別FC交換をするのが流行したので・・・とここに記録しておく。


ORASで努力値を稼げた場合のRSEmからの変化

ダブルバトルで2匹同時育成

→「ワイドガード」が使えるようになった事で育成するポケモンに「まもる」を覚えさせる必要がなくなった。

→6匹の「だいばくはつ」を「Wまもる→W交代→Wまもる」で受けて倒せる。


・自滅技・アイテムの増加

→「いのちがけ」「いやしのねがい」「どくどくだま(5ターンで倒れる)」等で退場させらるるようになった。


ハピナスがH3に変更

→DPで変更された。これにより『「いやしのねがい」ハピナス@どくどくだま』が6匹というパターンが加わった。

→おかげでH2タブンネでは効率が悪くなりタブンネボムから解放される・・・かもしれない。


・「わるあがき」の反動が1/4固定に変更

→ある程度のレベルなら「いやしのねがい」のラスト1匹を「ちょうはつ」で時間短縮できる。


・「へんしん」後の努力値でなくなった

→これもDPから。万能基地が作れなくなった。

→当時は対戦時のレベル補正がなかったので伝説ポケモンやリトルカップ用ポケモンをLv5ドーブルの「へんしん」で作り出したLv5アゲハント(C3)を倒して経験値を抑えるテクニックがあった。

大体こんな感じ。

とりあえずORASの努力値基地のオススメポケ

経験値稼ぎついでに努力値稼ぎするという考えなので全てLv100です。

HP『「いやしのねがい」ハピナス@どくどくだま』

攻撃『「おきみやげ」エルレイド

防御『「だいばくはつ」メタグロス』※次点は腹太鼓ニョロボン@毒玉・・・は交代しそうでだるい。

特攻『「おきみやげ」ラティオス』※理想は自爆ミュウツー、同基礎経験値のヒードランボルトロスも可

特防『「いやしのねがい」ラティアス@どくどくだま』※同基礎経験値のクレセリアも可、次点はレジアイス

素早さ『「いやしのねがい」シェイミ@どくどくだま』※次点は置き土産ワタッコ

これらのレベル上げはミアレぐるぐるで、毒毒玉はポケバンクの利子でどーにかする。

2014-06-09

MTG 策略入りType0

コンスピラシーで策略カードが登場した事で新たな最強候補デッキが出来た。

裏面の違う英雄カードと違い、裏面が共通で禁止カードに指定されてる策略カードはType0ならありと思って良いはず。

ドラフトする都合で仕方なく共通にしたような気もするけど・・・)


・《突然のショック》と《一石二鳥》デッキ

アップキープに《猿人の指導霊》と《ブレイゴの好意》から《突然のショック》を唱えて《一石二鳥》9枚でコピーして20点ダメージで終了。

刹那呪文なので《精神壊しの罠》を唱えることができないのがポイント。

http://teamys.net/top/deckall.php/CASUAL/1/728879/

デッキ(7)
突然のショック1
クローサの掌握1
天使の嗜み1
神聖の力線1
猿人の指導霊3
策略(39)
好都合な宣言11
権力行使1
ブレイゴの好意(突然のショック)1
ブレイゴの好意(クローサの掌握)2
一石二鳥(突然のショック)16
一石二鳥(クローサの掌握)6
予想外の潜在力(クローサの掌握)1
予想外の潜在力(天使の嗜み)1

シンプルに《猿人の指導霊》40枚《突然のショック》20枚の60枚デッキでも十分強い。

今までの最強候補デッキに対して

・《Rocket-Powered Turbo Slug》60枚デッキ

先手を取られてもアップキープで終わるので場に出ることなく終わる。


・《ドロスの大長》60枚デッキ

以下のアップキープ・ステップのルール通り、スタックに積まれたまま優先権を得れるので解決前に勝てる。

503.1 まず、そのアップキープ・ステップの開始時に誘発する能力と、そのターンのアンタップ・ステップに誘発していた能力を全てスタックに積む。(rule 603〔誘発型能力の扱い〕参照。)

503.2 次に、アクティブ・プレイヤーが優先権を得て、プレイヤーは呪文を唱えたり能力を起動したりできる。


・《うねる炎》デッキ

刹那呪文なので呪文を解決する前に終わる。

先攻時の対策と対処

《突然のショック》が通ればこちらの勝ち。

刹那呪文なので相手は《予期の力線》+「刹那対策になる誘発型能力持ちのパーマネント」による対策は勿論、対応してインスタント等を使って勝利する事も出来ない。

なので相手は以下のようなアップキープ以前のタイミングで対策する必要がある。


・初手で7枚の《別館の大長》

《一石二鳥(突然のショック)》を9枚から「打ち消されて良い7枚」を足して16枚にする事で対処可能。


・初手で7枚の《神聖の力線》

刹那除去の《クローサの掌握》と《一石二鳥(クローサの掌握)》を6枚入れる事で対処可能。

唱える為に《Elvish Spirit Guide》か《予想外の潜在力(クローサの掌握)》も入れる事。


英雄カードをありにすれば《克服者(初期手札+1)》で対策を強化できるが裏面が違うのでType0でも無しだろう。

仮にありだとしてもゲームデープロモの製造枚数より《一石二鳥》の製造枚数が上回っているのでこちらが有利。

それにこちらも手札が増やせるので「手札から唱えた枚数×策略の枚数」で逆に圧倒できる。


・前のゲームで7枚の《Double Deal》

今の所思いつく対処法はない。しかしType0の方針には合わない気がする。

対象を取ってないので《神聖の力線》では対処できない。

メモ:「ゲームの開始時」の処理はスタックを使わない。これでライフが0になっても最初の状況起因処理(上記503.2)までは負けにならない。


これも英雄カードをありにすれば《殺害者(初期ライフ+7)》で対処できるがゲームデープロモの製造枚数を「前のゲームで《Double Deal》を使った回数(《一石二鳥》の枚数)」が2.3倍上回ればいいのでやはり対処できない。

後攻時の対策と対処

相手も《突然のショック》デッキだと上記の方法でしか対処できない。

優先権を得られれば《突然のショック》を打って勝つことが出来る。

相手が最初に《天使の嗜み》打ってきた場合、こちらも《天使の嗜み》を使い自分のターンに持ち込む。

その後ハンデスやライフロスを使われると勝てない。ライブラリー破壊は引く前に勝てるので問題ない。

2014-06-06

MTG コンスピラシーのドラフトメモ

・ルール関係

策略カードはデッキ枚数に含めない。

記録は公開情報。

秘策は表にしたらカード名も同時に公開する。

試合終了時に裏向きの秘策は公開しなければならない。

試合毎に秘策で指定したカード名を変えることが出来る。

《一石二鳥》等は唱える前に表向きにすること。

《運河浚渫機R》が複数出たら各プレーヤーは最後の1枚を渡す相手を選ぶ。

《囁く歯車の隠密C》未開封パックの開封順は自由。

《取引仲介機R》記録はコピーされる《隠れ潜む自動機械C》。

《獲得の工作員U》による全部ドラフトドラフトした順番を決めるので《隠れ潜む自動機械》を15/15にできる。


デッキ枚数関係

ドラフトできるカードは15*3=45枚、定石では「クリーチャーは15枚、クリーチャー以外の呪文8枚、そして土地は17枚」。

策略カードを取りすぎると弱いけどデッキに入れなきゃいけないカードが出てくるので取りすぎ注意。


・《世界編み》

取るなら1ラウンド目。あとはただ強いのをピックしていけばいい・・・ではなくマナカーブを意識しないといけないので扱いが難しい。策略を出来る限り取ってデッキを濃くしたい。定石のカード比率は以下のようになる。

デッキ枚数40777573716967
呪文23444341403938
土地17323131302928

コンスピラシーには島渡りと沼渡りが存在するので、島と沼は入れないよう注意すること。


・《好都合な宣言》

2枚取れば圧縮30枚デッキで強い・・・と思いきや「協議」の強制ドローで敗北もありえるので注意。

デッキ枚数353025
呪文201714
土地151311

策略カードの秘策について

秘策は、単体でも優秀な《一石二鳥》や《予想外の潜在力》はともかく他は狙ってまで取らなくてもいいと思う。

例えば《秘密の召喚》と同名3枚集めるのにそれより良いカードを逃がして集まらないと痛手すぎるから。

2枚は普通にやってても集まるので秘策を取るなら4手目ぐらいになりそう?

クリーチャー強化は、白の《カストーディの従者C》の回収と《黎明をもたらす者レイヤR》の蘇生、

黒の《屍術の渇きC》《不正利得R》の回収と《不浄の契約C》《犠牲U》の蘇生、

青黒の《闇からの摘出U》の蘇生などとも相性が良い。・・・けど普通に優秀なカードを戻すべき。

2014-05-24

MTG ニクスへの旅 ゲームデー

チャレンジデッキ「神を討て」は全歓楽者を倒し、ゼナゴスを倒せばよいというルールでした。

今までで条件は一番楽ですが。毎ターンのダメージはかなり大きいですね。

クリーチャー除去の《引き千切り》(クリーチャーとプレーヤーに歓楽所の数だけダメージ)が厄介で3キルは失敗しました。


勝てば・・・というか普通に参加者には英雄カード《女勇者》が配られました。

効果は2マナの伝説限定の《修繕》・・・《Gleemax》は最初から選択権がこちらにあるので無意味、《束縛の刃、エルブラス》はプレーヤーが居ないので変身出来ず・・・となると《アクローマの記念碑》か?

フレーバー的には《神送り》で歓楽者を全て封じてしまうのがいいのかもしれません。

2014-05-10

MTG BMO

Big Magic Openに行って来ました。

会場への行き方は、横浜から3番線(先頭車両がベスト)で関内へ、進行方向側の改札から左手の外へ、出たら右へ進みスクランブル交差点を斜めに渡る、スタジアムを時計回りで斜めに突っ切り交差点へ、大通りをまっすぐ海方向へ進む、大きい通りを渡って右側2つ目の通りを進むと左手に会場がある。

パック剥き選手権

不定期な間隔でスタッフが参加者を募集し、各自1パックづつ購入、一斉に開封し、掲げてスタッフが査定し1位を決めるという形式。1位には屋久島プレイマットがプレゼントされる。それ以降は次の募集までブースで購入したパックで価格更新チャレンジ(更新でプレマ)となる。

期待値が高いのはモダンマスターズ(会場価格2200円)。この日だけで3BOXは売れてた気がする。アンヒンジドは販売が無かったです。

これで屋久島プレイマットを引き当てたカードは

1日目は《歯と爪1500》《火と氷の剣Foil》《ゴブリンの太守スクイー》《太陽の勇者、エルズペスFoil》《大慌ての捜索Foil1500》《勝利の神、イロアスFoil》《否定の契約Foil》等

2日目は《乾燥台地》《予言の炎語り1800》《高原の狩りの達人?2000》《マナの合流点2200》《スフォンクスの啓示2400》《英雄の導師、アジャニ2500》《通行の神、エイスリオス2700》《エメリアの盾、イオナ》《闇の腹心》等だったそう。

自分もこれで運よく屋久島プレマをゲットできました。

一番良かったのは「(先週発売のニクス)をここで1BOX(36パック)買う」だったのかも。


リアルモミールベーシック

デッキは30枚、内容はゼンディカーの基本土地各6枚。勝てばニクスへの旅1パックが貰えます。

午前の部:

BMOステージイベント総ざらい

《地ならし屋》でデッキが吹き飛んだのは私だ。

写真の状況で相手の後攻5ターン目だったので、自分は手札2枚、相手のデッキは30-7-5=18枚。

この後《巻物の君、あざみ》が出て何を血迷ったか《地ならし屋》で攻撃して《深淵の迫害者》を倒す謎プレイングで自滅したのですが、冷静に考えれば以後ブロックを放棄してライフ0で相手のライブラリーアウトを待てばよかったわけです・・・。

その場合の相手の勝ち手段は「各種生け贄系の効果持ちを引き当てる」か、

X=9で2/30の《真紅のヘルカイト》か《炎のドラゴン》を引き当てデッキ全部の《山》を使って6点打ち込む。

X=8で8~/110の《深海の生息者》《灰燼の乗り手》《悲哀の化身》《沸血の巨像》《怒れる腹音鳴らし》《鉄のゴーレムボッシュ》《むさぼり喰うストロサス》《空護りの掃討者》等を引き当てる。

・・・うーん、これなら結局X=8連打で相手の勝だった気がする。


午後の部:

リベンジで挑んだら今度は圧勝。あるある。

途中出てきた《虚空石のガーゴイル》のカード名指定でふと脳裏に浮かんだ《グリーマックス》を選んだら景品からその呪文版《最悪の恐怖》が出た。なんという偶然。

その他

会場の広さはGPと比べるとかなり狭いです。ドラフト用土地置き場が1箇所だけというのもそれを物語ってたり。

その代わり食糧事情は結構良いです。自分が行った中では一番近くに飲食店が多い会場でした。

BMO横浜(会場の地下が飲食街で周囲も観光・役所が多いので充実)>GP横浜(少し離れてるけどランドマーク関係で充実)>>>GP名古屋(屋台で少し改善)>GP静岡(隣にヨーカ堂)>>>GP京都(周囲にコンビニが見えない)

2日目限定で牛丼orプレマくじというのもあったみたいです。他に客を奪われ気味だったのかなと邪推。