鰓日記ASTRAY

2016-12-18 3DSサンムーン用A連射&自動孵化回路

D

A連射&ケンタロスダッシュ回路

https://twitter.com/error_astray/status/810500846081351681

サンムーン用自動孵化回路:

https://twitter.com/error_astray/status/811604502985981952

1番上のスイッチで「回路の電源」オン・オフ、

2番目のスイッチで「Bボタン」オン・オフ(洗濯バサミ等の代わり)、

3番目のスイッチで「A連射」と「↑固定、→連射」が出来るようになっています。

(上・右上の交互入力扱いとなりケンタロスダッシュが続く)

※タマゴが孵ったらタッチパネルで操作。

事前実験

3DSのスライドパットの仕組み」について検索しても見つからなかったので実験を行った。

スライドパットは可変抵抗になっており入力によって抵抗値が変わるのを認識している。

なので特定の箇所に抵抗を追加する事で抵抗値を下げれば入力を疑似的に再現出来る模様。

https://twitter.com/error_astray/status/808698331224416256

ハードオフ3DS拡張パット(500円)を購入し分解、テスターで各端子間の抵抗値と入力による変化を測定した。

そこから「通常時は40Ωであり、パット操作によって約20or50Ωに変化する」という結果を得た。

変化した数値から「抵抗値が大幅に減少した箇所を感知してパット操作を認識している」と仮定して、

「パット操作の代わりに抵抗を並列接続して抵抗値を変化させ、同様の結果を得る」という方法を考え、

抵抗の計算式から「15~20Ω=(40X)/(40+X)」からX=24~40Ωを得て、33Ωで(40*33)/(40+33)=18Ωに変化させる事にした。

これの実験を3DSを用いて行い、予想通りの動作するという結果を得た(また実際には抵抗値は0Ω=直結でも良いという事も分かった)。

さらに調べて以下のようになることが分かった。

抵抗を入れた箇所移動した方向
4-1間↓方向
4-3間↑方向
2-1間→方向
2-3間←方向

回路の仕組み

連射回路により得た信号によって、リレーを開閉することで抵抗の並列接続を行っている。

使用パーツ

秋月電子(http://akizukidenshi.com/catalog/top.aspx)での参考価格。

[I-00130] CMOSタイマーIC LMC5551個 ¥80(税込)
[I-07331] フォトカプラ フォトリレー TLP222GF1個 ¥110(税込)
[P-03229] 片面ガラスコンポジットユニバーサル基板 Cタイプ めっき仕上げ (72x47mm) 日本製1枚 ¥60(税込)
[P-00007] ICソケット (16P) (10個入)1パック ¥100(税込)
[P-00264] 連結ソケット(両端オスピン) 8P1個 ¥60(税込)
[R-03941] カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/4W 33Ω (100本入)1袋 ¥100(税込)
[R-25105] カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/4W 1MΩ (100本入)1袋 ¥100(税込)

秋月電子で買う場合の同等品。

[P-08790] 基板用スライドスイッチ SS−12D00−G51個 ¥20(税込)
[P-00300] 基板用トグルスイッチ3P1個 ¥80(税込)
[P-04028] 6Pトグルスイッチ(2回路2接点ON−ONタイプ)1個 ¥90(税込)

2016-07-31 VCポケモン対戦オフ ヒストリアカップ2016*Resurrection!

f:id:error_astray:20160620225017j:image

本日、ニンテンドー3DSバーチャルコンソール用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』の対戦会及び交流会が行われました。

ヒストリアカップ概要

告知サイトURL http://pokemon.s20.xrea.com/1st/historiacup/

《開催日》2016年7月31日(日) 10:00〜20:30

《場所》東京都江東区 古石場文化センター第1和室(2016/06/14更新:第1研修室から会場変更)

※最寄り駅は東京メトロ東西線門前仲町駅」又は京葉線越中島駅」など。

《定員》46(対戦参加:36名/交流見学:10名)名(※スタッフ含まず)

《参加費》800円 ※

《現在決定しているイベント》※

バーチャルコンソール版「ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ」を用いた対戦競技

 第1回ポケモンリーグ任天堂公式トーナメント準拠の「ニンテンドウカップ'97」をVCでほぼ再現大会!

★ 開催記念エキシビジョンマッチ:

 64マリオスタジアム出演『アイゼンヴォルフチーム』姉弟対決 クレア VS そら

・・・以上告知でした。開催後に多少書き換え&レポート追加します。

使用パーティー

f:id:error_astray:20160802233700p:image


使用ポケモンの選定について。

まず第一に考えたのは「55スターミー・55ケンタロス対策」でした。そこで「素早さランキング*1」を見て、

f:id:error_astray:20160803000432p:image

Lv55スターミー抜きの「54フーディン」「51サンダース」「50マルマイン」、55ケンタロス抜きの「54スターミー」を採用する事を思いつきました。54+51+50=155とうまいこと噛み合っていたのもポイントでした。

(・・・この時点では交流参加の予定で対戦参加は様子見の状態でした。)

残りは暫く未定のままだったのですがゴールドさんの記事*2を見て「吹雪三竦みを全部同時に使えば強いのでは!?」と思い残りの枠が「51ケンタロス」「50ルージュラ」に決まりました。

(・・・改めて考えると余ったLv1をケンタロスに振った理由が無いですね。Lv50のままで選出の幅を広げても良かった気がします。確認した所、一応Lv50ルージュラへの「はかいこうせん」が15.38%→43.59%で1発に変わるようです。)


技の選定について。

ほぼ一般的な技構成で元が早いので「でんじは」より「どくどく」が多めになっています。

特筆すべき点は54スターミーの「サイコキネシス」で、「10まんボルト」は55スターミーのミラーマッチでこそ使えるものの後手かつ、この電気タイプの多いパーティーに対して水や飛行は選出され辛く使い所が少ないと考えて「サイコキネシス」としました。

(・・・失敗だったのはケンタロスの「はかいこうせん」でダメージ計算ツールを使う時間が無かったので一撃で倒せるか分からず撃ちづらくなってしまった事です。これなら追加効果まひを狙える「のしかかり」の方が勝手が良かったと思います。)


NNについて。

トレーナー名がアストレイ(ASTRAY)で、

アストラル(Astral)霊体・星

ブラスト(Blast)破

デバス(テイ)ト(Devastate)滅却・荒廃

マスタリー(Mastery)熟達

の「AST」縛り。


宣伝:はてなブログにて初代VC入門記事を書いてます。第2回に向けて興味のある方はぜひ一読くださいませ。

0からはじめるポケモンバトル 購入編 攻略編 厳選編

http://error-astray.hatenablog.com/

*1:POKeMON Battle HiSTORiA 素早さランキング for Nintendo Cup '97 http://pokemon.s20.xrea.com/1st/ranking_s.html

*2:きんのいれば 初代公式大会のチャンピオンに学ぼう(^o^)/~ http://gold.hatenadiary.jp/entry/2016/07/10/120523

2016-07-24 Win10によるOS再インストール

Win10入れる→ブラウザ開いてると応答なし頻発、スタートメニュー開くのも重い→「設定→更新とセキュリティ→回復」を試みるも途中でフリーズ→スタートアップ修復失敗→Win7インストールディスクはなぜか非対応扱い→詰んだ。

ただ再インストールするのも馬鹿らしいのでOS用ドライブをSDDに変更。

製作当時50Gで1万クラスだったのに今だと120Gが5千円程度とはありがたい。

・OSのインストール→マザボのドライバ→ライセンス認証。

Winライセンス認証、オンライン認証だとボリューム切れとでてどうしようかと調べて電話認証に行き着く。

・・・が選択肢にない・・・考えた末LAN抜いたら出現。そういうことね・・・。やったらPC移行の質問もなくあっさり終了してびっくり。

PT2の公式サイトから最新版ドライバを入れたところ「★エラーが発生しました。Bus::Run() (0x00000401)」でうまくいかない。

「PT1/2 Windows64bit署名問題対策ドライバ」も試したができず解説を読み返してバージョンの不一致に気づく。

「PTx-Windows-Driver-200.exe」「PT-Windows-SDK-201.exe」を公式(http://earthsoft.jp/PT1_PT2/download-old.html)から

2016-07-23 3DSと3DDSLLの外部端子

調べた所、初代では同時押しの優先度が「B>A>←>→」だと分かった。

よって戦闘メニューにおいて「A+→」と押すと「A」と認識され技選択に移り、「どうぐ」にカーソルが行ってもAが押される事がない。

ただこれを利用するには機械式では精確な同時押しが出来ないので電子制御とするために端子の追加改造を行った。

VCポケモン用の自動育成マシン https://youtu.be/oF-y-8MPyVw

「自動育成マシン」の最終形、電子制御版。「A+→」「←」のループでPP切れまで戦い続ける。

https://twitter.com/error_astray/status/751690751365353473

電子工作は詳しくないのでジャンプボードの点滅回路に並列接続しています。

他に良い方法があれば使いたいところ(リレーは切り替え音がきつくてダメだった)。

3DSLL

f:id:error_astray:20160721031013j:image

本体の分解。上画面のフレキシブルケーブルは再取り付けが面倒なのでそのまま作業した。

参考:3DSLL 分解してみた(http://imaginglabo.web.fc2.com/3DSLL-barabara.html

f:id:error_astray:20160721041230j:image

配線の接続。使用した銅線は主に「サンコー電商 ポリウレタン銅線 0.15mm 20m」。

↑:TP85 ↓:TP91 ←:TP87 →:TP90

A:TP89 B:TP92 X:TP86 Y:TP88 ※参考:3DSGAMECUBEコントローラーを繋げてみた(http://imaginglabo.web.fc2.com/3DS-GAMECUBEcontroller.html

電源:+1.8Vポイント ※参考:3DS-LLキャプチャボード(LL-SPA3)(http://optimize.ath.cx/LL-SPA3/index.htm)の<電源の配線>の項目

GND:カードリッジカバー(適当)

f:id:error_astray:20160721041218j:image

外部端子の取り付け。手元にあったICソケットを利用。

欲しいのは「GND、電源、←、→、A」だけなのでこれで十分。

f:id:error_astray:20160721042848j:image

外観。裏蓋の下なのでパッと見では違いがわからない。

3DS

ほぼ同じなので説明省略。

分解の参考:Nintendo 3DS 分解方法 徹底解説(http://overclockedmods.net/3ds_disassemble/

f:id:error_astray:20160723130224j:image

f:id:error_astray:20160723130248j:image

f:id:error_astray:20160723130258j:image

電源:TP5(1.8V) ※参考:3DS内蔵キャプチャボード(N-SPA3)取り付け手順(http://optimize.ath.cx/N-SPA3/index.htm

f:id:error_astray:20160723144853j:image

外観。同様。

2016-03-26 USB端子からDC2.5V変換機

USBでモーターを回す為の変圧器。5.0Vから2.5Vに変換。

検索で出るQ&Aは回答者が専門過ぎて良く分からないし答えになってないので調べた。

回したいのはマブチモーター製のFA-130(ノーマルモーター)

※1100mA 9900r/min 適正電圧2.4〜3.0V

USB電源が5V 0.5AでR=10、FA-130モーターが3V 1.1AでR=2.7


モーターに15〜20Ω程度の抵抗を直列で繋げば手軽に出来る

マブチモータをUSBで回すために・簡単な方法 http://kkbecon.blog8.fc2.com/blog-entry-58.html

手作りUSB扇風機(Z型) http://saek-ce.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/z-fef8.html

マブチモータをUSBで回すために・スイッチングレギュレータ編 http://blog.suga41.com/?eid=177


・・・が発熱がきついのでやはり3端子レギュレータを使うのが良いよう。

http://slowgucci.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/15v-2eb8.html

http://slowgucci.cocolog-nifty.com/blog/files/1.5V%E5%9B%9E%E8%B7%AF%E5%9B%B3.jpg

1.25*(1+47/240)=1.494≒1.5という事のよう。


3端子レギュレータ"LM317T"を可変電圧回路として動作

http://www15.plala.or.jp/gundog/homepage/densi/lm317/v/lm317v.html

200Ω 200Ω 2.5V(事足りて安上がり

((3/1.25)-1)=1.4=R2/R1

推奨のR1=120だとR2=168、R2=270 R1=200 で R2/R1=


USBから2.5V変換機、多分ひどい配線。3端子レギュレータはLM317Tを使用。

https://twitter.com/error_astray/status/713690833996746752


・使用パーツ

可変三端子レギュレーター 1.2〜37V1.5A LM317T 100円

電解コンデンサ47μF35Vが付属

電解コンデンサ100μF25V 6個(1個使用) 60円

絶縁ラジアルリード型積層セラミックコンデンサー0.1μF50V2.54mm 10個入(2個使用) 100円

カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/4W 100Ω 100本入(4個使用) 100円

基盤は180円のを半分に割った

 以上、合計540円

ちなみに

DS用ACアダプターは5.2V

3DS用ACアダプターは4.6V

GBA用ACアダプターは3.3V