Hatena::ブログ(Diary)

うららかびより このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016年01月20日

2016年1月も半分を過ぎましたが

このうららかびより、遅ればせながら新年初投稿かまさせていただきます。今年は、週一…いや、月一位ではなにか書きたいという微妙な目標を掲げたいです。できるでしょうかはてさて。皆様、ここは生ぬるく見守っていただけるとありがたいです。

2015年はフルタイム勤務再開でヘロヘロになりながらも、久しぶりの万博行脚(娘・魂子は人生初万博)を行うなど、少しずつサッカー活動ができるようになってきました。今年はなんと言っても新スタ元年!ぜひ一度は家族で行きたいですね。お金をためつつ、機会をうかがっておきます。

あと、AOQLOPEOPLEで2015年ベストマッチ/ベストゴール/MVPの受付を始めました。普段からこまめに投稿しておられる人も、お休みの間にパスワードを忘れて思い出したい人も、お暇なときにでも下記urlよりよろしくお願いします。

http://aoqlopeople.mints.ne.jp/index.php?e=453

2015年02月02日

「いぬろぐ」さんの閉鎖のこと

個人的には子供の用事で忙しく、世の中でも非常に痛ましくやりきれない出来事があったりと、本当に色々あった先週末。それをなんとか切り抜けた〜!と思ったら、娘・魂子が風邪っぴきで、月初の月曜日から休まねばならない悲しさ。むかしむかし大好きだった漫画「うしおととら」のアニメ化*1の吉報をこの年になって聞くという、すてきなサムシングはありましたが、今月もどうやら穏やかでなく一波乱ありそうです。関東の天気予報、今週また雪マークが現れてるしね。トホホ。その合間を縫って、なんとかオフ企画のまとめ記事を作成いたします。しばらくお待ちくだされ…。ポータルブログでも改めて書きますが、お忙しい中ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

と、前口上が長くなるのは昔からのわるい癖です。いよいよ本題へ。今日、いちばん驚いたのはJリーグを扱うイラストサイトとしては鉄板、ここだけは外せない存在だった「いぬろぐ」さんの突然の閉鎖でした。

曲がりなりにもJリーグを題材にして趣味のイラストを描いていた身には、ずっとあこがれの存在。千葉サポではない私にとっても、どこのサポにとってもあそこまで居心地の良いファンサイトは希有だったと思います。マスコットに対して、そして何よりサッカーに対して、すごく優しい場所でした。ガンバボーイやガンバの事を描いてもらえると、ほんとうれしかったし、「いぬろぐ」さんのイラストから見て魅力を知ったマスコットも少なからずありました。途中から登場なさるようになった旦那様が、ちょっとずつサッカーとFC東京を好きになっていく様が書かれていたのも、印象的でした。

ふわふわっとした綿菓子みたいなふんわりした描線でも甘すぎず、それでいてちゃんといぬさんフィルタを通してもしっかり特徴が抑えられていて、あっあのマスコットか!ってすぐわかる絵柄。本当に魅力的でした。

今回のことは、色々考えてのご決断だったと思います。もう過去ログも見られなくなっていて寂しいけれど…長年楽しませていただき、ありがとうございました。本当に、お疲れさまでした。

*1:正式発表はまだのようですが

2015年01月30日

2014年ガンバ大阪ベストゴールを考える

今年で39歳となる私、最近はいちじるしい記憶力の減退を感じます。ガンバで言うと、昨シーズンのあの試合のあのときのだれそれのプレーといわれて、見ていたにもかかわらずパッと思い出せないようになりました。その点、オフ企画の開催時期を遅くしすぎたなあ…と改めて反省した次第です。あんなことこんなことあったでしょうなんていわれても…ハア。あと1ヶ月早ければ。

そんなわけで、早くも霞がかっている昨シーズンに生み出されたゴールの中から、(こんなありさまでいいのかと思いつつも)ベストゴールを選んでみます(投稿受付記事はこちら)。11/22のJ1第32節、88分に決まった佐藤のゴールです。

それまでの87分間、ホームだけに流れをつかんで攻め立てた浦和。それに対し岩下、東口を中心になんとかぎりぎりで守り通しながらも相手の隙を伺うという消耗戦の果てに、決まったものでした。それまで、怪我もあったりとなかなか本領発揮できなかった佐藤が決め、それが試合終了間際という殊更しびれる時間帯だったということもあり、決まったときにはご近所迷惑を憚らず大声を出してしまいましたからね…娘・魂子もポカンとさせてしまいました。この試合はベストマッチとしても挙げましたが、本当に、通常の何倍もの力をくれた勝ち点3でした。

佐藤は古巣の徳島に戻ることになりましたが、またピッチの上でガチで戦えたらいいですね。活躍をかげながら祈っています。

そんなこんなで、駆け足で答えてみた2014年オフ企画3連発でした。記憶力以外にも、文章力が著しく減退してる様を見せ付けただけな気もしますが、今年はもうちょっと書く回数を増やしますので、御用とお急ぎでない方はひとつよろしくお願いいたします。

2015年01月29日

2014年ガンバ大阪MVPを考える

宮本恒靖の帰還、遠藤の誕生日、そしてリーグ優勝記念写真集がサポーターの元に届き始めるなど、ここ最近のガンバ界隈は、心浮き立つ話題が続いていますね。新体制が明らかになり、キャンプや遠征などのニュースを追いかけているうちに、正月気分が舞い戻ってきたかのよう。私はプロ野球も応援しているので、一年に何度もこうした気分を味わっています。正月長っw

…と、前置きはこれくらいにして、本題へ。AOQLOPEOPLEのオフ企画、今日は2014年ガンバ大阪MVP(投稿受付記事はこちら)について書いてみます。

一気に飛躍したと思うのは阿部、大森、ジェソクの3人。彼らに米倉、藤春を加えたメンツからの中盤〜サイドの流れは、みていてほんと楽しくて。なかなか良いサイド攻撃のできなかった時代もあったガンバですが、今はなかなかどうして、リーグでもかなり充実している方のクラブになったと思います。今年はどうなりますやら。

見ていてとても安心感があったのは、東口。下部組織への在籍経験があるとはいえ、本当にガンバ1年目か?って思ったくらい、しっくり来ていましたね。岩下を筆頭とするDF陣のがんばりと彼(そしてもちろんコーチ陣のの指導)のおかげで、もう恐れ多くてザルとは呼べない立派な守りが出来上がりました。

個人的に気になったのは、丹羽。あの青いマウスピースが…ではなく、ピッチでの存在感が増しました。岩下不在のときに、ジョンヤと纏め上げた守備も。背負った伝統の背番号5が、見合ってきたと思います。

宇佐美は…まだまだやれる!w すばらしいプレイを見せてくれましたが、ムラッ気はあるし、限界なんてまだまだ、こんなもんじゃないだろう?と思っときます。あおったほうが伸びそうなタイプだしw 今年は開幕から、楽しみにしています。

…てな感じでつらつらあげてみましたが、一人選ばないと。悩みましたが、東口とさせていただきます。今年もよろしく!

こちらの企画、1/31まで受け付けてますので、お気軽にご参加どうぞ。お待ちしております。

2015年01月27日

2014年ガンバ大阪ベストマッチを考えてみた

せっかくブログの更新を再開したんで、AOQLOPEOPLEのいつもの企画に参加します。まずはベストマッチ。よっしゃ、これで昨年よりは更新するという目標達成w

現地観戦した試合から選ぼうかと思ったものの、実は天皇杯決勝戦以外勝ち試合を見ていないという微妙な事実に気づいてしまいました…。せっかくの三冠の年に、これはさびしい。そこで、テレビ観戦した試合も対象にして考えてみた結果、11/22のJ1第32節・浦和レッズ戦に落ち着きました。

べたですが、やっぱこれ。この前のナビスコ決勝・サンフレッチェ広島戦と合わせて、大きな試合を獲ったことにより、ガンバはうまいこと流れを引き寄せ、リーグ戦のみならず天皇杯優勝の可能性もぐっと高まりました。そして、何せ試合展開も熱かった!現地観戦できなかったのがめちゃめちゃ悔しかったくらい。佐藤のゴールの光景が、未だに脳裏に焼きついて離れません。開幕戦、同じ浦和と対戦してボコンボコンにされたときは、アウェイの地でまさかこんな歓喜が待ち受けていようとは、思えませんでした。ああ、しびれるなあ、これがサッカーだなあ。サッカーすきでよかったなあ。…と、子供と遊びながらじわじわ胸にこみ上げてきましたね。

今年も、こんな試合をどれだけ見せてくれるのか、楽しみにしています。こんな試合ばっかりだと、寿命が縮まりそうな気もしますがw

ちなみに、この企画は1/31まで受け付けております。ちょっと開催しどきを逃してしまって申し訳ないのですが、参加していただけるとうれしいです。

2015年01月26日

2015年のご挨拶と、のころうバナー終了のお知らせ

2015年もとっくのとうに明けきっておりますが、今年最初の記事でございます。仕事復帰以来の時間短縮勤務を終えてフルタイムでの勤務となり、非常にバタバタしておりますが、昨年よりは更新していけたらと思っております。ええ…昨年の更新回数は確か…2回なんですけどね…。ハードル低っw

さて、次はのころうバナーについて。実は昨年最初の記事で、「開幕までにひとつ作って、それで終わりにします。」なんて書いてたんですけども…その後月日は流れて、ようやく作ってアップまでこぎつけたのは、なんと昨年の9月下旬(トホホ)。それを最後ののころうバナーとしました。2003年から、休み休みちまちまと作ってきたこちらも、ようやく一区切りです。のころうバナーのページだったところに、最後の挨拶を残しております。これまで、気にかけてくださり、ご意見ご感想をいただいた皆様、ありがとうございました。この企画を通じて、イラストを描く上で貴重な経験を積みました。ここ数年は本腰入れて描くことは少なくなりましたが、またぼちぼちとこのブログでアップできる環境を作りたいです。これは、今年の目標の一つです。あと、これまでののころうバナーのデータは大半が私が借りているサーバに残っているので、まとめページを作りたいですね。とにかく、アウトプットが足りない!とうずうずしております。

あ、そうそう。最後にもうひとつ。AOQLOPEOPLEで、2014年ベストマッチ/ベストゴール/MVPへの投稿を受付しております。今年も遅い募集になってしまって申し訳ないのですが(新年早々謝ってばかりだなあ…(遠い目))、今週末1/31までなので、お手すきのときにでもお付き合いいただけたら幸いです。

ではではそんなこんなで、今年もよろしくお願いいたします。

2014年02月06日

ガンバ系ブロガーが選ぶ2013年ガンバ大阪ベストマッチ

AOQLOPEOPLEにて2月8日まで募集中の、2013年オフ企画。自分自身でも書いてみます。まずはベストマッチ(リンク先は投稿受付記事)から。

昨シーズンは唯一足を運べたアウェイの東京V戦以外は、テレビ観戦するにとどまりました。しかも、やんちゃ娘・魂子をあやしながらとあって、腰を落ち着け通して見られた試合はわずかばかり。それでも、ガンバはじめてのJ2の日々はそれなりに浮き沈みも激しく、終わって振り返ってみれば面白い、いい一年だったのではないかと思います。

そのなかから、J2優勝が決まった第41節、ホームでのモンテディオ山形戦に一票投じます。試合内容だけでなく、優勝が決まった瞬間にピッチ内外で爆発した喜び、選手やサポーターたちの笑顔…これで合わせて一本!ということで。現地に行くことが出来ず、テレビでの観戦にとどまったものの、画面から伝わってくるその様子から、「ああ、ホームで優勝するっていいもんだな」と改めて思いました。J1初優勝のあの日のことまで、思い出されました。またあの景色が見られたらいいですね。出来れば、そのときは私も現地でその輪の中に加わりたいです。

脱線しますが、「ガンバ系ブロガー」という言葉、いま改めて見るとちょっとイマイチかなあと思います。今シーズン終了後、また開催できたら変更してみようかな…。

のこりのベストゴール、MVPについては、明日以降余裕があれば。