Hatena::ブログ(Diary)

みつめる このページをアンテナに追加 RSSフィード

 

2011/08/05(Fri)

早朝の空気を吸いながら散歩していると、以前の旅を思い出す。ワイキキ屋久島日比谷公園皇居周辺、ロンドン等…その土地その土地で味わった、朝の空気。旅行中は旅程次第で、普段より早起きをすることが多いから、その土地の朝を味わうことになる。

太陽がまだ力を持たない、十分に温められる前の、湿気を含んだ朝の空気は、どの場所でも共通した味がすると思う。それで記憶が呼び覚まされるのだろう。

色々なところ旅したなあ。自由な旅は当分おあずけだなあ。と、早朝覚醒で元気いっぱい!な娘を見ながら思う今日この頃です。しかし朝って超気持ちいいから、早起きできていいよね、うん、娘のおかげでね…。うん…(涙がキラリ★)

そんなわけでどういうわけで、ついった始めてみました。motteriというidです。使い方がいまいちわかっていないので、妙なことをしていたら教えていただけるとありがたいです。

そうだ。秋に娘を連れて初めて旅する予定なんだった。近場ですが。見知らぬ土地で、一緒に朝の散歩をするのが楽しみです。

shihoshiho 2011/08/07 22:38 めちゃ暑いけど元気かな?
ゆっくり朝寝坊…久しくしてないなぁ(T_T) 夜中もいまだに起こされるから朝まで熟睡も久しくしてない…

子連れ旅行、歩き始めるとまた大変だからおとなしくベビーカーに乗ってくれる時期の方が楽かもよ(^∀^)ノ

fujikofujiko 2011/08/07 23:43 暑いねー(涙 娘は離乳食始めたらおなか緩くなっちゃったりしてますが、元気いっぱいです。私も頑張ってついてってます、今のところ。しほちゃんとこは夜中起きちゃう派なんだね、しんどいねえ…お疲れ様です。うちは新生児の頃からまとめて寝る派だったから、すごく助かってます。夜中起きないから母乳量も増えにくかったってのもあるんだけど(泣 確かに、旅行は歩き始めたら大変そうだー。ハイハイ連れ旅行、計画的に行こうと思ってます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fujiko/20110805

2011/06/04(Sat)

娘が寝がえりを始めた。と思ったら、今度はハイハイに向けての修行。腕を水平に伸ばし、じたばたじたばた、両足をものすごい勢いで動かし続けている。その熱心さ。人生で最も一生懸命なんじゃないかとさえ思え、感心してしまう。

あと、夫婦二人で覗き込むようにすると、すごくうれしそうに笑う。思えば二人とも家にいても、どちらかが娘の相手をして、もう片方は何か別のことをしている、っていうのがほとんどだから、新鮮なんだろうな。なんにせよ可愛いです(親ばか)。

shihoshiho 2011/06/04 21:55 娘ちゃん、活動開始だねー。
動くようになるとまた新たな大変さが出てくるけど、
めんこいよね!
うちのは今歩きたくて、店ではカートに乗ってくれないのが大変…すぐ転ぶし(汗)
今思うと、ハイハイ姿ってすんごく可愛かったなあ。
もっとビデオに撮っておけばよかった。
娘ちゃんに会えるの楽しみにしています☆

fujikofujiko 2011/06/04 22:51 コメントありがとう。微妙なたかばい?しゃくとり虫的動きもまじってきて、一気に目が離されなくなりました…。都合のいい時是非連絡下さい★親子同士久しぶりに会いましょう〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fujiko/20110604

2011/05/30(Mon)

鈴木先生ドラマは、見ていて心が痛い。いわゆる感受性が年をとるごとに鈍って久しい、鈍感力の勝利でやってきた自分なので、この感覚に戸惑っています。漫画だと笑いと表裏一体な場面も、ストレートに痛い。子役たち*1のまっすぐな演技ゆえでしょうか。しかし漫画より足子先生がでばってますね。

*1:というのも微妙なお年頃かしら、中学生…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fujiko/20110530

2011/05/14(Sat)

俺だって子供だ! (文春文庫)

俺だって子供だ! (文春文庫)

クドカン育児エッセイ。赤子抱えて絶賛育児中なのに、超限定された自由時間を割いて読む本も育児関連?と思われそうで躊躇しますが(自意識過剰)、まあ現実にコミットしているということで…。*1おもしろかった!男性の育児感覚ってこうなんだなあ、と思うところもあり。しかし乳児〜幼児になるにつれ、どんどんと濃くなっていくのね。

クドカンが書くから面白いのはもちろんでしょうが、もともとの人間関係や親戚で育児中の人ってほぼ皆無なので、そういう意味でも面白く読めました。少子化核家族が進む世の中だから育児系の読み物が人気ある、っていうのがあるんでしょうね。貴重な?情報として。

今日は久しぶりに!ていうか産後初めて!!入浴中に読書ができて、それというのも子が夜まとめて寝るようになってくれたからなのですが、妊娠中のこととかついつい振り返ったりして涙がでました。激しい胎動のたびに「あかもこ*2よ」と、妙な抑揚でつぶやく妊婦は結構うざかっただろうなあ…。

こんなところでなんですが(本当に)、くうさん、かのせさん、嬉しいお言葉ありがとうございました。こんな過疎日記を今でもチェックしてくださる方、ありがとうございます。これまで以上に散漫な文章になりそうですが、日記、書けるときに書きたいなと思います。

*1:しかし赤子を抱えながらではどうしても買えず、夫が休みの日のつかの間の一人散歩時に買ったという…いくつになっても自意識過剰

*2:もこもこ動く赤ちゃんの意

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fujiko/20110514

2011/04/30(Sat)

更新なしだと広告がつくようになったのに気づいた。長らくほっとらかしになっていた日記を書く、きっかけになりますね。広告にはこういう存在意義があったんだね。

生活がめっきり変わってしまって、日記を書きづらくなってしまっていました。妊娠を経て出産し、いつの間にやら、すっかり赤ちゃん中心の生活です。一時期は母乳ノイローゼで参っていました*1が、開き直ったら(そして家事を思いっきり手抜きしたら)赤子との生活はとても楽しい。しかし離乳食など始まって、さらにしつけを要する時期になったらどんどんどんどんどんどん大変になるのだろうなあ…今が一番ラクなのかも…

八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)

あまりにも男性不在の話で驚いた*2。解説ではフェミニズムと言われていたけど、男性不在って表現の方が自分としてはしっくりくる。赤ちゃんを育てる喜び、原始的な楽しさが描かれていて、そこが面白かった。

*1:昨今の母乳ブームに乗せられ、母乳に一人で勝手にこだわりすぎたという。とあるはてなダイアリーを見つけて、母乳分泌がどうやっても足りてない自分を受け入れることができるようになりました。救われた

*2:「好きな男性の赤ちゃんだから、その男性をとても愛していたから」誘拐した…ってな筋書きの話だと勝手に想像していたので

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fujiko/20110430