Hatena::ブログ(Diary)

ふんふんふんぎ

2016-12-04 おー12月だ

[][]Broken Pot Fairy Garden 14:17

ネットでたまたま「Broken Pot Fairy Garden」というのを見つけて、心臓を射抜かれてしまいました。壊れた植木鉢、捨てたりはせずにそのまま使っていたのですが、きれいに洗って作ってみました。

f:id:funfunfungi:20161203120725j:image:right

貝殻の家です。。。

写真に撮ると今ひとつのような。。。

角度が悪いのでしょうか?

カズラガイの屋根に、ビーチグラスの壁のお家。

流木の扉を開けて、階段を降りると、フジツボのついた貝殻の中を通って、地下に潜れるというイメージなんですが。

材料は、全部近くの海岸とお庭から調達しました。苔も。

土だけちょっと奮発して、「ベラボン」(ヤシの実の状繊維のチップ)と「固まる土(ネルソル)」というお家の中で観葉植物を育てるためのものを使っています。

f:id:funfunfungi:20161203115520j:image


一緒に飾っているのは、スウェーデンフィンランドの伝統的なクリスマス飾りの「ヒンメリ」と、ティーバックの包装紙で作るトナカイ。

ヒンメリは、麦わらでつくる吊るし飾りなのですが、材料が手に入りにくいので日本ではストローで作る方が多いようなのですが、去年の秋にコムギとオオムギを蒔いたので、その麦わらで。

このツヤツヤ感が、麦類のワラ独特の美しさですね。

折り紙のトナカイは、難しかったです。

一カ所、これは初めてでは無理でしょうというテクニックが使ってあります。

私は、福山ローズで経験していたので、なんとか。

あれこれ折り直したのでヨレヨレです。

f:id:funfunfungi:20161203121537j:image

ちょるちょるちょるちょる 2016/12/04 16:09 素敵〜♪海岸漂着物大好きです。今年はまだ拾いに行ってないので年内に時間があれば行こうと思います。(家に持って帰ると家族からは白い目で見られますが(苦笑))
折り紙昔図書館のバイトで折り紙教室のお手伝いで恐竜作らされて挫折しました。
スウェーデンの飾りはテレビでヒロミさんが八王子リフォームで真鍮管を切ってライトカバーにしていました。
関口知宏さんが列車でスウェーデンを旅する番組を見たばかりで北欧に行きたくなりました。

funfunfungifunfunfungi 2016/12/04 19:00 ありがとうございます!
いつかアオイガイ(カイダコ)拾いたいです〜。
漂着物、いろいろストックしています。
折り紙の恐竜は難しそうですね。
おっと、スウェーデンじゃなくてフィンランドでした。ごめんなさい。
金属でつくるとキラキラして、熱にも強くて素敵でしょうね。
そういえばヒロミさんってDIYお得意なんでしたっけ。一度プランターを作られていたのを見たことがあります。
北欧は、ほんとうに素敵ですよね。
行きたいけど、高ーい!

2016-11-22 秋が終わる

[]季節が行ったり来たり 21:53

f:id:funfunfungi:20161119091355j:image:right

暖かい日が続きましたが、明日からはぐんと寒くなるようです。

庭の皇帝ダリア、今年もたくさん花をつけてくれました。

f:id:funfunfungi:20161119091027j:image

でも、そろそろ秋も終わりです。

雨で、ダリアの花びらがバラバラッと散り始めました。

f:id:funfunfungi:20161119100111j:image

冬は、なんといっても球根の水栽培。

こつこつ集めたガラスの容器(陶器のも持っています)に

ヒヤシンスとクロッカスを。

f:id:funfunfungi:20161119094056j:image

2016-11-16 まだスーパームーン?

[]二日後だけど 21:47

一昨日は曇り、昨日は月の出頃に雲が。。。。

今日も夕方はうまく見えなくて、やっと9時半頃のお月様。

f:id:funfunfungi:20161116213904j:image

2016-11-15 カテーテル・アブレーションその後17

[]自分でわかります? 22:35

2015年11月8日未明に、持続性心室頻拍を発症し、入院。16日に、カテーテル・アブレーションを受け、翌17日に退院しました。さらに、Q大病院でも検査を受け、心配されていた大きな病気も見つかりませんでしたヾ(・ω・*)ノ。原因の一つかもと言われていた「冠攣縮性頻脈」の可能性も低くなってきて、昨年の発作は、はっきりとした心臓病がなくて生じる特発性心室頻拍に落ち着きそうな様子になってきました。そうは言っても、7月に動悸があったり、少し不安な症状も出ています。この症状なのですが、ホッと落ち着いて、次の行動を起こそうとするときに、生じるような気がします。これは11月の頻拍のときもそうだったので、この関連性の不安感が、最近の悩みでしょうか。

 このひと月は、平穏無事でした。特に11月に入ってからは、なんだかとても快適。数年前から健康診断では、期外収縮は、指摘されていたのですが、自覚はありませんでした。脈を取って下さった看護師さんから「脈が飛んでいますよ」と言われることも多かったのですが、自分では気付かなかったです。その何も知らなかったときに戻った感じ。

 期外収縮は、もともとの調律(タイミング)で心拍が生じると予想される時期より早期に生じる電気的な興奮のことを指すそうなのですが、これが起こるとドキッとしたり、脈が飛んだように感じることがあるそうです。入院のきっかけになった頻拍発作も、おそらくはトリガーとしての期外収縮が、頻拍発生基盤としての心筋にうまい(まずい?)タイミングで入り込んで生じたようです。先生からは、心室にちょっとした先天的な窪みがあって、そこが発生源だったと説明されています。アブレーションによりこの発生基盤はすでに消滅しているので、いくら期外収縮が生じても頻拍発作につながるものではないので、安心してよいというわけです。先生からは何度も、期外収縮自体は心配いりませんと説明されています。ですが、わかっていても、期外収縮があるとやはり、不安になってしまうのですよね。

 診察室に入って「どうですか?その後は」と聞かれて、答えに窮し「症状がない時は、平気です。」と曖昧に答えてしまいました。そんな私の微妙な答えを聞いて、「正直な答えでいいですね。」と先生は笑われたのですが、「(期外収縮の拍動が)自分でわかります?」とも聞かれました。「それが、アブレーション後わかるようになっちゃったんです。」というのが私の答え。

 それには直接お答えにならず「そろそろ二ヶ月に一回の通院でいいと思っているのですが」と先生。おもわずニッコリした私を見て安心されたのか「1月はちょっと病院が混むので、12月は来てもらって、来年一度エコーを取りましょう。」とお話いただきました。

という訳で、次の通院は12月20日です。

これまでの経過はこちらから

2016年11月21日 記

やっと日記が今に追いつきました〜。

ちょるちょるちょるちょる 2016/11/25 20:30 難しい用語が出ていてよくわからないのですが、とにかくふくさんは去年の夏からいつも忙しいうえに尚更忙しかったのだと思うし、見ていてとても忙しそうでした。

ほっとしたころに体調が悪くなるのはよくわかります。
私は引っ越しで引っ越し手続きが大体終わった頃に寝込みます。
短期間で終わらなければならないので無理するんでしょうね。
次の引っ越し恐ろしいです( ゜Д゜)

自分の状態がわかるのはすごいですね。

私もこの前健診へ行き次症状がなければ1年後の健診でいいでしょうと言われてたので、
これを機に今住んでいる周辺の病院に変わりたいといったところ経過診断書をいただきました。
もう2時間車を走らせていかなくてもよくなりますが、
結構楽しんでドライブしてた部分もアリ、ちょっと残念かなぁ。

何はともあれ健康がいいですね。

funfunfungifunfunfungi 2016/11/26 13:57 用語は、病院で出た言葉を、忘れないための備忘録ですね。
私も難しくて。
病院が近いのはやはり楽ですし、安心ですよね〜。
私も、通院の日は、帰りにショッピングモールでぶらぶらするのが楽しみなんです。
次の病院も信頼できる病院だといいですね。

自分の状況が把握できてるかは、自身がないし、
実家(←ははは、引っ越しもあった。)のこととお仕事で、たしかに大変だったけれど
もっといろいろしてる方もいらっしゃるしねえ。
って、こういう比較がよくないのかもしれませんね。
最近は、あまりバタバタするようだと、終わってホッとしたときに怖いので、
できることは先のばしてます^^;

理科好きなので、お医者さんとお話しして体の仕組みを知ることができるのはうれしいのですが、
健康のお墨付きも、そろそろ欲しいです〜。

2016-11-03 秋の庭

[]秋色のイチジクのジャム 22:46

f:id:funfunfungi:20161030134519j:image

キチジョウソウ


f:id:funfunfungi:20161030140822j:image

青磁色の木の実


f:id:funfunfungi:20161103133630j:image

夫母自家製イチジクで作ったジャム。

大きめに切ってコンポート風に、風味付けはラム酒と迷ったけれどブランデーで。

これがまあ、すこぶるいい香りになりました。

ヨーグルトにのっけて食べると大変美味。

夫の実家に帰省すると、自家製ヨーグルトに添えてデザートにいつも出して下さるのです。

久しぶりに、自家製ヨーグルトも作ろうと思います。

ちょるちょるちょるちょる 2016/11/05 20:25 我が家は紅玉+レモンでジャム作りました。今年はレモン汁のみならず皮も果肉も小さく刻んで入れたところえらく大人な味のジャムになりました。ヨーグルトに入れて週末食べてます。

funfunfungifunfunfungi 2016/11/05 21:02 実は紅玉もいただいているのです。
お隣からいただいたユズとか大柚子?をレモン代わりに入れて、我が家も大人の味です♩
自家製ジャム、砂糖も多いし、瓶の消毒も大変だけど、おいしいですよね。

2016-10-11 カテーテル・アブレーションその後16

[]先生から初めてストレスの言葉が 23:24

2015年11月8日未明に、持続性心室頻拍を発症し、入院。16日に、カテーテル・アブレーションを受け、翌17日に退院しました。さらに、Q大病院でも検査を受け、心配されていた大きな病気も見つかりませんでしたヾ(・ω・*)ノ。原因の一つかもと言われていた「冠攣縮性頻脈」の可能性も低くなってきて、昨年の発作は、はっきりとした心臓病がなくて生じる特発性心室頻拍に落ち着きそうな様子になってきました。そうは言っても、7月に動悸があったり、少し不安な症状も出ています。この症状なのですが、ホッと落ち着いて、次の行動を起こそうとするときに、生じるような気がします。これは11月の頻拍のときもそうだったので、この関連性の不安感が、最近の悩みでしょうか。

 今日の診察の2週間ほど前にも、違和感を感じて、時間外診療を受けていて、主治医のT先生の診療日とずれていたので、違う先生の診察を受け薬も処方されました。そんなこともあり、先生からお借りしていた簡易心電図計と同じ物を購入することにしました。夫に、ヨドバシカメラの通販で頼んでもらったら、翌日には届きました。その後、飛行機に乗っての遠出もしましたが、特に不安なこともなく、過ごせていました。

 今日の心電図は、T先生の指示が出ていて、少し長めに取りますとのことでした。T先生に症状が出る時は、「少し忙しくしている時に、それが終わって、ホッとしたときなんです。」と訴えると、「うーん、疲れとかストレスから来てるのでしょうかねえ」と、初めて先生の口からストレスという単語が出ました。心室性期外収縮が出ているということで、図にも書いて説明下さいました。運動していたり、緊張している時は、心拍も小刻みで、突発的な心臓の収縮が入り込む隙間がないのですが、リラックスするとその入り込む隙間が出来てしまうということでした。

f:id:funfunfungi:20161120175839j:image:right

今のところ深刻な事態を迎える可能性はほとんどないので、薬は以前のままで大丈夫だけれど、期外収縮の自覚があると不安でしょうからということで、安定剤を5回分「頓服」で出していただくことになりました。「これは効きます。」と先生のお話。安定剤によって心身のストレスを軽減し、自覚症状を気にせずにすむようになるそうです。

 これまで、先生、ストレスという言葉を口にされたことがありませんでした。不整脈というと、一般的にストレスとの関連がよく言及されますし、キラーストレスなども今年になって耳にすることが多かったので、先生がまったくストレスに言及されないことに気にはなっていたのです。あらためて思ったのですが、安定剤ではどうにもならない重い心臓病が潜んでいるかもしれないと思ってられていたからこそ、ストレスには言及されなかったのかもしれません。

 診察の最後に、簡易心電図計を購入したことをお伝えしたら、「あっ、高かったでしょう?どこで買われました?」「ええと、ネットでヨドバシから夫が買ってくれました。」「そうですか。僕は価格ドットコムで買ったんですよ」とのこと。やはり、先生の私物のようでした。そんなに気を使わなくていいですよと言われたのですが、新しい電池を添えてお返しできてよかったです。

午後から出勤。

やはり、この時期ちょっと忙しくて疲れていたのかも。

次の診察までに2度ほど頓服しました。たまたま症状が出たのが夜だったので、どちらも寝る前に飲むと、体がポカポカしてきて、ちょっと頭がぼーっとして、そのまま眠ってしまいました。

これまでの経過はこちらから

次回の通院は11月15日です。

2016年11月20日記

2016-10-09 帰省

[]月夜野びーどろパーク 22:28

上越クリスタル時代には、行ったことがあるのだけれど....という夫達。私は初めて。

おとうさんが連れて行ってくださいました。

月夜野は、リンゴや戦国時代 -の名胡桃(なぐるみ)城で、有名なところ。美しい響きで、一度聞いたら忘れられない地名です。今は、みなかみ町に属しています。


群馬の風景って、遠くにぎざぎざした山たち。

f:id:funfunfungi:20161009140214j:image


たぶんお蚕さんを飼っていた部屋のある二階建ての大きなお家。

f:id:funfunfungi:20161009142610j:image


月夜野びーどろパーク到着。いたるところクリスタルあり。

f:id:funfunfungi:20161009143911j:image


工場見学(無料)や、ガラス吹き体験(有料)なんかができます。

f:id:funfunfungi:20161009144142j:image


見学が出来るワイン工場とかとちがって、工場感に満ち満ちています。

ちょっと乱雑な感じがたまりません。

f:id:funfunfungi:20161009144249j:image


ガラスに閉じ込められた小さな海。

f:id:funfunfungi:20161009145837j:image


お店や小さな美術館、地ビールのカウンターなどもあります。

私たちは、コーヒーを飲んだのですが、意外と言っては失礼かもしれませんが、たいへん美味しかったです。


f:id:funfunfungi:20161009170713j:image

帰り道。稲架で稲穂が干されていました。これまた、遠くに山。


f:id:funfunfungi:20161016130533j:image:right

吹きガラス感の残った花瓶と、小さな木ときのこ付き切株を、夫が買ってくれました。

花瓶は、手のひらに乗る大きさ。ミジンコとか飼ってもかわいいかもしれません。

コロンとした透明や水にインクを落としたようなガラスの小鳥の文鎮もたくさんあって、心惹かれたのですが、今回はがまん。

商品の一部は、JRの高崎駅でも購入できます。

ちょるちょるちょるちょる 2016/10/18 11:44 今もあるかわかりませんが由布院の金鱗湖からほど近い民芸村の中のガラス工房は何度も行って職人さんの手作業随分見たものです。
あれいつまでたっても見飽きないです。
ただ物凄く熱いんでやりたいまでは思わなかったです(苦笑)

funfunfungifunfunfungi 2016/10/20 21:39 えー、ちょるちょるさんなら、やりたいかなあと思っていました。
確かに、夏場な40度近くになるみたいです。
トンボ玉の中に、小さな花とか海のモノとか閉じ込めた作品を見たことがあるのですが、ホントどうやっているんだか。