Hatena::ブログ(Diary)

ふんふんふんぎ

2016-06-26 変り麻の葉

[][]刺し子のビブと汗とり 完成 15:37

f:id:funfunfungi:20160626144316j:image


M*Serendipityさんの『Baby Bib』と『赤ちゃんの背中汗取りパッド』の型紙から。

差し上げる方の希望で、「麻の葉」のビブと、背中部分に「背守り」の兎の縫い取りをした汗とりです。

今回は「飛び麻の葉」にしました。キルトのヘキサゴンのようなパターンになりました。六角形(亀甲)が浮かび出て、いい感じです。麻の葉は、見た目以上に、図案を引くのが難しく、とてもとても苦戦しました。60度の斜めの線が入るのが、定規だけで下線を引くのが、難しく、結局、コンパスを使って、型紙を作って線を引きました。

糸が交差するところ(麻の葉の中心の部分)がきれいに放射状に刺せると、きれいなんですが、難しいですね。運針の間隔を調節しないといけなくて、ちくちく縫うと言う訳には、いきませんでした。昔の人は、下線無しで刺していたと思うのですが(チャコとかなかったでしょうし)、どうやっていたのでしょう?ヘラで筋くらいはつけたのでしょうか?

f:id:funfunfungi:20160626144411j:image:right

「背守り」は、一筆書きのように、そして糸を無駄にしない一番効率のいい刺し方で本来は刺すのでしょうが、こちらも難しく、ちょっとごまかしています。

ちょっと顔が傾いてしまいましたが、表情が出てる感じなのでまあいいでしょうか。

スナップは、アメリカンホックタイプにしました。

2016-06-12 刺し子ふたたび

[][]刺し子のビブと汗とり 21:51

f:id:funfunfungi:20160612151854j:image:right

はまってしまった刺し子の一目刺し。

思い立ってビブと汗とりにしてみました。

晒と、ニット、ダブルガーゼを重ねているので、ふかふかです。

模様は「柿の花」。

規則的で単純な運針の組み合わせで、こんな模様が出てくるのが楽しいです。

このあいだ刺した、「柿の花」のバリエーションです。

縫い目の繰り返しの数を変えるだけで、模様が違ってくるのも、一目刺しの魅力ですね。

M*Serendipityさんの『Baby Bib』と『赤ちゃんの背中汗取りパッド』の型紙から。

思った以上のかわいらしさで、満足です。

差し上げる方の希望で、「麻の葉」と汗とりの背中部分に背まもりの兎の縫い取りをしたのも作る予定です。

f:id:funfunfungi:20160612151755j:image

30cm角のふきんの大きさでちょうど、ビブと汗とりのカラー部分が作れました。

ただ、最初から作るつもりなら、全部刺し埋めると無駄になる部分が出てしまうので、必要なところだけ刺す方がいいようです。


すっかり梅雨に入って、蒸し暑くなってきました。

お庭のベリーたちも、もう終わり。

f:id:funfunfungi:20160530182356j:image

himawarihimawari 2016/06/13 07:27 お久しぶりです。
鮮やかな色で、とても可愛いです。
北海道はまだ寒い日もあり、毛布も使っていますよ。
ブログは、拝見していました。
可愛い作品、楽しみにしています。

funfunfungifunfunfungi 2016/06/13 19:05 こちらこそ、お久しぶりです。
周りは皆インスタばかりになっているのですが、細く長く続けたいと思っています。
刺し子の糸は、母の在庫の段染め糸で、糸束で見るとけっこうキョーレツな色だったのですが、刺すととても素敵になりました♪

2016-06-04 兵馬俑展

[]思ったより空いていました 20:32

九州国立博物館に「始皇帝と大兵馬俑」を見に行ってきました。

会期もあと一週間、土曜でもあるし混んでいるかと思ったのですが、思いのほか空いていました。

9時半開館ちょうどに入ったので、3階へあがるエスカレーター付近こそ待ち列がありましたが、その後はゆったりと展示品をみることが出来ました。

f:id:funfunfungi:20160604102239j:image

会場はもちろん撮影禁止なのですが、出口のところに実物大のレプリカが並べてありました。

表情や、髪型、着ているものなど作りが細かくて、眼福でした。等身大とか1/2とかあったのですが、人や馬など群で見ても大きさに狂いがないというか、違和感がなくて、あれだけの量を一つ一つ正確に作ったのかと思うと、驚きでした。

始皇帝は、重さと長さの単位を統一したということで、当時の単位の目盛りを刻んだ身長計や体重計も置いてあって芸が細かかったです。お祖父さんと一緒に来ていたらしい中高生くらいの男子が、兵馬俑(6尺、182cmくらい)より少し低かったようで、笑いあっていたのが微笑ましかったです。

f:id:funfunfungi:20160612203443j:image

階段の踊り場から覗いてみました。びよーんとのびた大きな絵が床に。

f:id:funfunfungi:20160612201330j:image

一階に下りて、指定された場所から写真を撮ると、立体に見えます。

トリックアートでした。

ここには、以前は山笠の飾り山が展示されていたと思うのですが、しまわれてしまったのでしょうか?

ちょるちょるちょるちょる 2016/06/13 09:56 私も先週見ました。
トリックアートさかさまにしかみてなかったのですが、こんな感じに見えるのですね。

funfunfungifunfunfungi 2016/06/13 19:01 本物を見た後に、なぜトリックアート?と思わなくもなかったけれど。。。
お馬さんの俑が素敵でしたよね!
キングダムの展示も見て、新聞?ももらって一話堪能しましたよ〜。

ちょるちょるちょるちょる 2016/06/13 19:28 新聞そういえば持って帰ってまだ見てません(^_^;)
お馬さんの馬具をじぃ〜っと魅入ってました。
ハミは今使っているのと形が変わっていません。
あとお馬さんの前髪の生え方が妙に気になりました。(笑)

funfunfungifunfunfungi 2016/06/14 18:34 そうそう!
ハミの真ん中のところ!知恵の輪みたいなところ−大昔にこんなのをつくっていたのも、今も変わっていないのもすごいですよね。
前髪、ふふふ、クジラの噴水みたいでしたよね。

2016-05-29 雨の日曜日は

[][]一目刺し刺し子:柿の花 15:19

f:id:funfunfungi:20160529132337j:image

先週の暑さが嘘のような、雨の日曜日。

お気に入りのダリアが咲き始めています。


少し前から気になっていた、一目刺し刺し子の「柿の花」を刺しました。チクチク規則的に運針するだけで、こんなきれいな模様が出てきます。

f:id:funfunfungi:20160529132827j:image:right

段染めの刺しこ糸を使ったので色の変化もきれいです。これから梅雨に向かいますが、紫陽花の色の変化のようです。

キットならすでに図案が印刷されていますが、晒を裁つところから始めると、布の織り目をまっすぐにしたり、図案を正確に写したりとけっこう大変です。なんどか試して、この「柿の花」の場合は、織り糸を規則的に抜くのが、印で布が汚れないし、針目もきれいに刺せるように思いました。一本一本線を引くのも、織り糸を抜くのも手間は変わらなかったです。今回は、試行錯誤があったのでえらく時間がかかってしまいましたが、次からは要領よくできそうです。


職場の方に赤ちゃんが生まれるのですが、刺し子のビブ(スタイ?要はよだれかけね)ってかわいくないですか?いくつか候補となる模様を刺して希望を聞いてみようと思います。


以前作った赤ちゃんグッズはこちら


作りました!

2016-05-15 暑い!

[][]初夏の庭 22:22

急に暑くなりました。暑いというより、蒸し暑い。。。

ただ、曇りに向かっていたので直射日光はそれほどでもなかったので、午前中はせっせと草抜きしました。

イチゴがどんどん赤くなり、ダリアの小さなつぼみがあがってきて、せっかく植えたズッキーニの苗が何ものかにあっという間に食べ尽くされ(泣)、蚊がわらわらとわいて、とめまぐるしい季節。

ヘンルーダの花が咲きました。

f:id:funfunfungi:20160515112443j:image


山椒の木の陰には、アシナガバチが巣を作っています。すみっこだしこのまま観察するつもり。まだ、女王様一人で頑張っています。

f:id:funfunfungi:20160515113010j:image

拡大!

f:id:funfunfungi:20160515112526j:image


ノイバラの茂みでは、カナヘビがお昼寝。

小さなドラゴンのよう。花が咲いていればおとぎ話のようですね。

f:id:funfunfungi:20160515173218j:image

引っ越して5年。運動場のように何もなかった小さな庭に生態系ができています。

2016-05-08 美術館に行ってきました

[]色彩の奇跡 印象派21:57

f:id:funfunfungi:20160516214921j:image

福岡市美術館は、昭和な感じの重厚さ

f:id:funfunfungi:20160516214918j:image

お外は、オオニワゼキショウの花がたくさん

f:id:funfunfungi:20160516214915j:image

展覧会は、ルノワールセザンヌゴッホ、モネ、ゴーギャンなどの作品が、ほどよく見られました。

印象派とそこから派生した流れが、わかりやすく展示されていました。

2016-05-07 小さな花

[]朧月と宝草錦 19:04

f:id:funfunfungi:20160507173810j:image:right


友達が作ってくれた水栽培用の容器に、多肉植物を入れてみました。

水色が涼しげで、ヒヤシンスにもよく似合いましたし、

今回のようにちょっと和な感じのアレンジも似合って、気に入っています。


朧月(グラプトペクルム)の花は、星のよう。

f:id:funfunfungi:20160507173133j:image


宝草錦(シンビフォルミス)の花は、タッセルのようです。

f:id:funfunfungi:20160507173912j:image


職場でサボテンや多肉植物の水栽培が流行っていると聞いて、一度やってみたかったのです。宝草錦の方は、実家に帰ったおりにもらってきました。ちょうど花が咲いているので、鉢に植え替える前に、試してみました。朧月の花は、ちょっとやらせで、植えていると言うより水に挿している感じです。

ちょるちょるちょるちょる 2016/05/07 21:35 ほほ〜うこうなりますか。面白いですね。水耕栽培用もっとバリエーション増やしてみようかな。(^◇^)

funfunfungifunfunfungi 2016/05/07 21:59 この容器、重宝してますよ〜♪

水栽培って、ヒヤシンスやクロッカスだけでなく、ムスカリやチューリップもできるようです。
ヒヤシンスは花が咲くと頭でっかちになるので、栽培容器があるていど縦に大きくないと全体のバランスが悪くなります。
うんと背の低いチューリップが最近出てるみたいので、次の冬は挑戦しようかな。

ムスカリは、まとめて植えてもいいし、ムスカリ用のうんと小さな容器があってもすごくカワイイと思います。

ジャムの瓶とかにかぽっとかぶせるタイプがあると、根が見えて素敵かも。