古本の本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007年10月29日 中央公論で「古本生活入門」を読む このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

furuizo2007-10-29

 中央公論10月号に「古本生活入門」特集が載っているとの新聞広告を見て早速買って読んでみた。いつも感じることですが、自分の仕事に関わる記事を読むのは嬉しくてドキドキする反面、ちょっと面はゆいところもあります。よくぞここまで取り上げてくれたモンだと感じるところと、書き手の方との年代的な差によるものか違和感のある部分もあります。(うちのやり方はだいたい古くさい部分に分類されております)

 デモでも十二分に古本屋の私も楽しんで読めました。36頁の特集ですが、タイトルの「古本生活入門」のように「入門」編としては意を尽くしているように思いました。

 最初の「古本屋を十倍楽しむ方法」では、ここまで知っていたらもう入門を超えて「中級」として充分通ずるのではと思えるほどの内容でしょう。アトはただ場数だけですよね。

 次に総論に続いて各論イヤ応用編として「一日古書店散歩東京編」「一日古書店散歩京都編」がある。実に古本屋お客様に見られているんですねー。オー恥ずかしイー。早速明日から店の片づけに精を出さなくちゃ。(と多くの同業者は思ったはず)

 最終編は総仕上げとして(かどうか分かりませんが)、「稀覯本からエロ本までー業界今昔物語人生が詰まっているからおもしろい」と続きます。今昔の「昔」を語るにはエラくお若い方のような気がしますが、当今はこんなものなのでしょう。私の感覚では少なくとも戦前生まれでないと扱うもの(本)が古く感じないので困ったものです。

 デモでもこの対談は最近の業界情報の固まりのように感じられ、エラくお得な気分を持ちました。

 秋の夜長の一晩を過ごす伴侶にはなり得ると思いますよ。

ぎょはぁ!!!!!ぎょはぁ!!!!! 2009/08/17 21:51
ヘイヘイ!!あひひひほはぁwwwwwww ちょwwいきなりごめwwwwww
寝てるだけで5 万もらっちゃって真面目な自分がヴァカらしくなってさwwwww
はぁーいま女シャワー浴びてんだけど、もう1ラウンドでまた5 万くれるってYO!wwwwww
またマグロでさっさと中 出 しするわwwwwwwwww

http://kachi.strowcrue.net/emRAZIK/

エロ姉さん顔面崩壊エロ姉さん顔面崩壊 2010/01/09 13:21 ◆【顔面崩壊動画】◆超セ.ク.シーで淫.乱.の痴.女.お姉さんを童.貞の僕が逆に犯.しちゃいましたよ〜。
キレイなお姉さんの顔面を拘.束。僕のイ.ラ.マ.チ.オ専.用.牝.豚.肉.奴.隷に変身。

絶対.服.従の性.処.理.肉.便.器に変身しますから。
 ゲロ.吐くまでお掃除フ.ェ.ラ・顔面崩壊.動画.大.公.開!!

ttp://gaaanmeeen.cocolog-nifty.com/blog/

2007年10月03日 「最新和本相場全集」を見る このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

furuizo2007-10-03

 和本の相場について網羅的に載っている本、その参考になるかもしれない本として「最新和本相場全集」(古典社編纂部編集昭和14年発行)です。

 246頁に渡り小さい活字で和本の相場を載せています。この本で定義している掲載の和本は(煩雑ですがわかりやすいので引き写しますと)「和本、漢籍、或いは唐本と呼ばれるもの、古写本、古文書、絵巻、絵本地図、一枚刷(版画も含む)等、すべて明治維新以前の広義の書物」です。

 これは実にわかりやすい。時代区分も平安期からずばっと明治維新以前までのものを和本、と言っている。その種類も、細かく言うとまだありますが大雑把にこれらで大体網羅しています。

 その範囲の和本に大胆に一々価格をつけているのです。その正否は、妥当か否かは分かりませんしどうでも良いのですが、このご努力は嬉しい。

 まして1冊1冊の本を知っていて(内容とその価値と希少性などを)、ようようその価格を云々することが出来る、という手順からしてとても何も述べることはありませんが、

ただただこの膨大な量の値付けに対し、おそれつつ、面白く思います。

 この価格を参考にするよりも、こんな本がこの当時市場に出回っていたのかと、はるけく、うっとりしてしまうだけです。そんな意味でたいそう参考になります。(よき時代であったのでしょうナーと。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/furuizo/20071003

2007年09月14日 「古本年鑑」を見る このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

「古本年鑑」を見る

 戦前古本を取り巻く事々を知るにはこの本。「古本年鑑」(古典編集発行、昭和8年)の1933年版1935年版1936/37年版です。

 沼津にあった出版社です。

 そんな呼び名が世間でまかり通っていたかは、しかとは分かりませんが、この本では「古本界」と呼び、その業界の森羅万象といえるほどに広くデーターを載せている。この頃の古本屋のことを知りたければまずこの本といえよう。

 まず年譜があり全国の市会一覧があり、名簿見切本売立古書市、そして肝心の古本時価表が出ている。更に興味深いのが「古本関係雑誌記事紹介」です。

 個人的にそんなに面白いのは当然で、本のそこここに見知っている先輩諸氏、はたまた先輩のお店が読み取れるからです。その延長線上に我が店もあるかのごとく夢想し得るからです。

 ただただ個人的にうれしさに浸りつつぱらぱらと頁をめくれるからです。

 このなかで「売り立て」の一節がありそこにはいくつもの大蔵書家の売り立ての落札記録が各年度ごとに出ています。が、近年は当業界で聞かなくなったことの一つに入るのがこの売り立てです。それは蔵書家が少なくなってきているからということでしょうか。それならとても寂しいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/furuizo/20070914

2007年09月09日 「江戸時代古地図総覧」を見る このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

furuizo2007-09-09

 旅行でも地元の歴史を調べるのでも地図は便利なものです。今新刊で手に入る地図ももちろんですが、ちょっと歴史をさかのぼって少し前の、ウーンと以前の地図もじっくり見ると面白いものです。

 でもそんなとき少し手助けがあると理解が早まります。「江戸時代古地図総覧」(別冊歴史読本事典シリーズ・新人物往来社発行1997年刊)です。

 ”江戸時代の「古地図」をジャンル別の100点選び、その魅力と役割を探る!”と表紙にあります。428頁のこの本の全部に目を通すのはしんどいですが、私はいつものように必要なところでだけ、もしくは興味のあるとこだけを拾い読みします。

 「古地図を手に東京を歩く」など楽しそうですね。へーここは元お大名屋敷だっあのかーとか、エーここは以前は川だったノーなど、1枚の地図からタイムスリップまで出来ちゃいます。

 私は「西洋日本地図」とか「伊能忠敬の全国測量」「国絵図について」などに興味を引かれますが、ほとんど仕事がらみですねー。

 興味を推し進めるのに、その対象についてほんの少しの知識とかルールを知ればグンと近づけます。ごく簡単な入門書の目次から、気になったところだけを拾い読みするだけでよいのですから。私もそうやっています。続かなかった分野も多々ありましたが。

 

娘 2007/09/09 23:33 「古地図を手に東京を歩く」ってやってみたいですね。。東京でそんな時間をもてるのはいつになることやら・・だけど。香港ではそんな情緒ないからなぁ

道草亭ペンペン草道草亭ペンペン草 2007/10/18 05:20 初めて書き込みします。私は松戸の郷土史を研究中で古地図を探しては購入したり、国立国会図書館に行っては複写したりして、それを元に土地を歩き分析をしてます。
これが結構楽しい。
香港には4年間赴任してました。
銅鑼湾に事務所があって、住んでいたのはKornhillのアパートです。
当時「香港低山散歩」という優れた本があって、香港の自然を満喫するための指南書が売られてました。勿論日本語の本です。
Kornhillの裏山にはタイタム湖など素敵な場所もあります。
もう何度も行かれていらっしゃるかもしれませんが・・・

2007年09月03日 「活字中毒者読本」を読む このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

furuizo2007-09-03

 本屋というより、活字の周辺のほとんどを網羅している変な本がこれです。「活字中毒者読本」(別冊本の雑誌6、本の雑誌社編集発行1984刊)です。

 本全般ー出版から流通(取り次ぎ販売ー新刊書店古本屋)、読者、そして本の読み方から書棚まで、の森羅万象を取り上げている。とくにタイトルが面白い。

 「読書は怠惰な快楽である」「歩きながら本を読むと人間は謙虚になるか」「立ち読みに向く本向かない本」「現代紙々人列伝」「われら活中派宣言」(活字中毒の意)などなど。

 とくに「古書価のメカニズム」は関係があるので興味津々でした。それはどのような根拠で一冊一冊の値付けをするかについてではなく、古本屋ではないお客様や利用者が我々を値付けをどのように見ているかが何となく伺えるからでした。へーそうゆーふーに見られているんだと。

 ちょっとくすぐったいような感じです。

 でも活字好きでちょっと中毒気味の人が自分自身を再確認するのにもってこいの本の一つでしょう。売る側の私にとっても。

 

娘 2007/09/08 00:55 お、私がPCを活用できてない合間に復活してましたね。ブログ。娘も最近少し本を読んでいますよ。「怠惰な快楽」というのはちょっとわかるかも。そんな娘が今読んでいるのは『読書入門』。。読書してる気になる本だよ。(笑

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/furuizo/20070903
Connection: close