スマートフォン用の表示で見る

活字中毒

読書

活字中毒

かつじちゅうどく

活字を絶やすと禁断症状?が出るくらいに読書が大好きなさま。

  • 手元に文庫のひとつも無いと落ち着かない
  • 何もなければ、薬やカップラーメンの説明書まで読み始める
  • それすらも無いと、イライラして言動が凶暴になる
  • 自宅から徒歩圏内の書店は、位置も品揃えの傾向も知っている
  • 1日に1度は本屋(含ネット)をチェックしないとおちつかない
  • 旅行先でも本屋があると入ってしまう
  • しかも、荷物になるのに買ってしまう
  • 話題の書籍は、読まないまでもチェックはしておく
  • 自分が知らない本が人気になっていると、屈辱だ
  • ひとにお薦めの本をよく貸す
  • 「その本のどこがおすすめなのか」何時間でも語れる
  • 作家やイラストレーターで本を買う
  • タイトルや装丁で本を買う
  • 出版社や編集者で本を買う
  • 「世界から自分以外の人間がすべて消えてしまう」のと「世界から本が1冊残らず消えてしまう」のならば、たとえ孤独でも私は前者を選ぶ
  • どうせ私は二次コンだ
  • 以上の全てが当てはまってしまう

これらに心当たりがあったら、あなたは立派な活字中毒患者です。