G★RDIAS このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-05-10

[][][]少女漫画と男性漫画の目の大きさ

 モテだの、媚びだの、ファッションだの関連話で、こちらの記事を読んだ。

で、なんですけどね。男性向け漫画の女性と女性向け漫画の女性ってのも顔が違うんです。少女漫画少年漫画って、絵柄が違うでしょ?特に女性の描き方とか。

特に何が違うかっていいますとね。特徴的なのに、目の描きかたがあるんです。

なんと言いますかね、少女漫画だとかの、女性向け漫画だと、女性の目の書き込み量が男性向け漫画より「凄い」んですわ。

要するに、アレです。宝塚なんですよ。

pal9999「女性のメイクに関して的を絞って話すとですね」『pal9999の日記』(http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20070507/p1

最近、少女漫画も目の描き方はアッサリしてきているので、「宝塚」というのは、いったいどんな雑誌を読んだのだろう、と思うが。もしかして、一条ゆかりを読んだのか?*1

 それでも、CLAMPが女性向けに描いていたころと、男性向けに描くのを比べると明らかである。pal9999さんは別の記事で、CLAMPは色気のある女性を描くと評していましたが、昔のCLAMPはそんなことなかったです)

聖伝〈氷城炎獄篇〉〈双城炎雷篇〉 [DVD]

聖伝〈氷城炎獄篇〉〈双城炎雷篇〉 [DVD]

同人誌から転向した後。

X-エックス- 01 [DVD]

X-エックス- 01 [DVD]

女性オタク向けに連載していた頃。

魔法騎士レイアース 新装版 (1) (KCデラックス)

魔法騎士レイアース 新装版 (1) (KCデラックス)

少女誌に連載していた頃。

ちょびっツ 1 (ヤングマガジンコミックス)

ちょびっツ 1 (ヤングマガジンコミックス)

青年誌に連載していた頃。

ツバサ・クロニクル III [DVD]

ツバサ・クロニクル III [DVD]

少年誌に連載していた頃。

ここまで節操がないと晴れ晴れしい気持ちになる。CLAMPはチームで描いているので、一般の漫画家さんとは事情が違うかもしれない。しかし、漫画家側が、どのターゲットに、どういう絵を描くと売れると考えているかを知るには、わかりやすいと。マーケットの絵柄の流行を差し引いても。

 ここで、思い出したのは東京大学樺島郁夫ゼミの選挙用ポスターの分析。

選挙ポスターの研究

選挙ポスターの研究

一部はWEB(http://politics.j.u-tokyo.ac.jp/lab/edu/seminar/study/4th-semi/column/collist.html#de)で読むことができる。例えば、以下は、政党ごとの選挙ポスターの苗字の位置と大きさについての記述。

 まず,目立つのが共産党である.他党と比較して中央への影の張り出し具合が大きい.苗字に多くの面積が充てられている証拠だ.候補者の名前が大きく打ち出されているということだろう.その反面,下方のスペースの色合いは薄い.これは,「比例区は共産党へ」という文句を下部に帯として記しているポスターが同党に多いからに他ならない.

 次に,民主党と社民党の構図が似ていることが挙げられよう.特に,下部左方の浮島のような影が両党に共通する特徴である.この浮島の正体は下方で横書きされている苗字である.左端の縦書き,右端の縦書き,下方の横書きという3つの表記パターンが両党の候補者集団のなかで混在しているのである.政党内での統一が見られないと言っても良さそうだ.

 一方,自民党や自由党はそれほど苗字にスペースを割いていないようである.自由党では右上の影の濃さから分かるように,右端に名前を書く候補者が多いようである.自民党の図は,白い部分が目立つこと,影が濃い部分も見当たらないこと,及び下部左方の浮島も無いことからして,両端の縦書きが支配的ではあるが,一部分に集中することもなく,候補者は苗字に多くのスペースを与えない傾向にあるようだ.名前ではなく,自民党という政党名やスローガンで勝負する候補者が,同党に多いということだろうか.

http://politics.j.u-tokyo.ac.jp/lab/edu/seminar/study/4th-semi/column/column7/column7.html

 漫画論の人で、こういう統計分析やってる人はいないんだろうか。男性向け漫画と女性向け漫画の、目が占める顔の面積の比率をSPSSで、是非。

*1:一条さんが「コーラス」で連載している『プライド』という漫画はちょっとすごい。女同士の愛と成功を巡る泥沼劇なんだけど古いっ!絵も話も!なのに、先が気になってしまう。もう、芸の域ですね。落語と一緒。

kanjinaikanjinai 2007/05/12 00:00 そういえば、少女漫画の源流のひとつでもある中原淳一の絵も、とても目が大きいです。この伝統はなんなのでしょうね。宝塚は明らかに影響元ですが。ちなみに中原淳一は男性の描き手です。

font-dafont-da 2007/05/12 00:31 中原さんといえば、「それいゆ」ですね。何かと批判の多い中原さんですが、私は美術展に行って、絵はがきを買ってきて、トイレに貼っています。
女性誌では、「目力アップ」「愛され顔は目元が大事」(←「愛され顔」っていうのがスゴイんですけど)などと、アイラインやマスカラのノウハウが語られます。私も、こないだマスカラ買うときに美容部員さんに「目力が全然変わりますよ!」とすすめられ、買っちゃいました。
目を極端に大きく強調したのは浜崎あゆみですが、中村うさぎは、それを病的だとどこかのエッセイで書いてました。強迫神経症っぽいと。
今、大塚英志の「彼女たちの連合赤軍」を読み返していますが、そこには、遠山(女)が森(男)に「目がかわいい」というくだりがありますね。

ななしななし 2007/05/12 06:10 自分はたまにリボンの漫画を読むんですが、酒井まゆ・種村有菜・藤田まぐろ辺りのキャラクターの目はしばらくぶりに読んで少女マンガモードになれてなかったり、調子が悪い時に読むと下手なグロ漫画よりも背筋がゾッとしますね。目自体が異様に大きかったりまつ毛がやたらと強調されていたり・・・。心の準備なしで読むとそれらが虫か何かに感じられるのかなと自分では思っています。

terutellterutell 2007/05/12 18:36 小学生時代は、浦野千賀子の「アタックNo.1」の鮎原こずえの目を一所懸命、真似して描きましたよ。井出ちかえの「ビバ! バレーボール」も目が大きかった。うちでは、「週刊マーガレット」は買ってくれたけど、「月刊リボン」は買ってくれなかったので、もっぱら、鮎原こずえの目をまねしました。バレーボールなどスポーツ根性ものでは特に、目が華やかでないと、「ガラスの城」のようなドレスを着たお姫様の出てくる漫画に負けてしまいます。だから、梶原一騎と川崎のぼるの「巨人の星」だったら、大リーグボールを投げるときには目が蛍みたいに光るけど、その他のときには少女漫画に比べて絵全体が地味なのに対して、少女漫画では、「ただいまの記録2分22秒2」でも、「スマッシュを決めろ!」でも、「エースをねらえ!」でも、主人公の目はいつも光り輝いて華やかでした。しかし、「エースのねらえ!」は、主人公よりも主人公の先輩のお蝶夫人が、目も髪型も超豪華だったのが、画期的だったと思います。主人公のライバルが主人公よりも豪華なのはむしろあたりまえではあったのですが、単に豪華なだけじゃなく超豪華で、しかも、単に主人公をいじめる悪役ではなく、むしろ、主人公の導き手でしたからね。えっと、何の話でしたっけ。

terutellterutell 2007/05/12 19:38 これだけは言っておかなくちゃ。私にとって、中原淳一というのは、母や伯母や叔母の話に出てくる人で、竹久夢二なんかと、ほんとは時代が違うけど、こどものときに直接に見たわけではないという点では同じです。私や小学校の同級生が見て、憧れて、夢中になったのは、高橋真琴です。小学館の雑誌や少女漫画雑誌に、お姫様やお嬢様の口絵や挿絵を描いていました。おとなになってから個展に行ってサインをもらいました。機嫌よさそうなおじいちゃんでした。

font-dafont-da 2007/05/13 11:45 >ななしさん
私は「りぼん」は種村、藤田が出てきたころにもうすでに読むのをやめてしまいました。私は「りぼん」だと初期の小花美穂や、谷川史子が好きでした…もうみんな、「コーラス」にいっちゃいましたが。吉住渉や水沢めぐみですら、「コーラス」にいて、読者と共に掲載紙をかわっていったのですねえ。別サイトで紹介されていた、こちらのサイトはおもしろかったです。
→http://www6.plala.or.jp/fynet/jyoshi-g-s/2004sei-hyogen/jyosigakuen-seitohyogen-2-2.htm
やはり、少女漫画でもはっきり対象によって目の描き方は変わるようですね。
私の中の「りぼん」の伝説の漫画家はやはり岡田あ〜みんです。もうあんな人、二度と「りぼん」には現れないだろうけど。あ〜みんに連載を持たせていた当時の「りぼん」編集部には本当に懐の深さを感じます。

font-dafont-da 2007/05/13 11:56 >terutellさん
「エースをねらえ!」は超豪華でしたね。あの路線は「ガラスの仮面」に引き継がれ、現存しております。ていうか、「ガラスの仮面」が連載中というのもすごいですよね。私は神谷研究所さんのレビュー「この話は、地球上の話じゃないんだから」という言葉が忘れられません。(http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/garakame42.html)さらにキラキラ目の怪物漫画といえば、「王家の紋章」。たしか、まだやってるはず。オマージュ作品ともいえる篠原千絵「天は赤い河のほとり」が完結しようが、関係なく、主人公キャロルはまだ川に流されていることでしょう。(あわわ、なんの話でしたっけ。)
高橋真琴さんのイラストは、一時、若女子の間で流行ってました。イラスト入りのミラーやポーチをファンシーショップで売ってました。もうすでに、私の世代は、パロディとしてしか、キラキラ目の漫画は消費できないでしょうね。24年組あたりも。

terutellterutell 2007/05/13 18:32 ひるがえって、細い目の少女漫画といえば、吉田秋生ではないでしょうか。「バナナフィッシュ」を呼んで、終わり近くで、思わず、私、「もったいない!」と叫びました。なんで、アッシュみたいな美少年を殺すのよ、もったいない! って。
もったいない、ってそういう意味で使うと、ほんとに、どこのおばはんが……って感じですが、実に、もったいない、と感じてしまったんですよ。
何の話だ。
あと、目が大きくも小さくもない漫画として、坂田靖子をあげたいです。
それから、24年組の後継者として推したいのが、河惣益巳です。
……どっか、他のブログに行ったほうがいいのかなあ。

kanjinaikanjinai 2007/05/13 19:21 吉田秋生バナナフィッシュはわたくしも読んでおりますよ。ぜひこのスレでお続けください。

font-dafont-da 2007/05/13 22:49 >terutellさん
目が大きくない少女漫画は、わりと男性向け漫画と作風も接近しているように思います。吉田秋生の「河の流れのように」の男子高生の描き方はすでに女性向けの枠を越えてるし。
やはり80年代のやおいが流行った影響もあるのでは?女子もガンガン少年漫画を読んで、模写して、同人誌を描くという流れがあったし、高河ゆんなんかは当時、新人類漫画と呼ばれたようです。白っぽい画面に細い「女みたい」と呼ばれる男が出てくる感じがダーッと席巻しますが、「バナナフィッシュ」も雰囲気は似てます。
ただ、やっぱり吉田さんの漫画は純文漫画というか、ヤマナシオチナシイミナシではないですねえ。これを引き継いだのはよしながふみあたりなのかな?よしながさんはご自身も明言されてますが、フェミニズムそしてクィアセオリー以降の漫画家です。ゲイへの配慮の問題を意識化してる数少ないBL作家さんです 。ベタベタにジェンダーの問題を取り上げた「愛すべき娘たち」も描いてるし。
でも、直接的でわかりやすすぎかなあ、とも。少女漫画では、やっぱり70年代で画面の作り方は完成されたように思います。私は有吉京子の「SWAN」が大好きですが、最終巻の画面構成は圧巻です。…で、読みにくく、分かりにくいため読者が離れていったんですが。

terutellterutell 2007/05/13 23:45 吉田秋生は、「バナナフィッシュ」の前に、「吉祥天女」というこわい漫画を描いていますね。で、「眠れぬ夜の奇妙な話」のようにこわい漫画ばっかりの雑誌のなかで、今市子の「百鬼夜行抄」も、眼が細く、そして、写実的で美しい。
吉田秋生や今市子ほど眼が細くなく、萩尾望都と同じぐらい眼が大きいのは、波津彬子。彼女の「雨柳堂夢咄」は、現在の20代から40代まで、ファンが広いです。そして、今や、『幽』なんかの雑誌で、こわい小説のファンにも読まれています。しかし、絵が、萩尾望都に比べると、私から見ると、ものたりない点があります。
萩尾望都の「残酷な神が支配する」は、写実的で美しく、これは、老若男女を越えて読まれる漫画だと思いますが……
「SWAN」は読んだことがないのです。

smallpinesmallpine 2007/05/14 09:58 女性は目から表情を読み取ろうとするので、主観的に目を大きく認識しているかもしれないと思いました。子供の絵で顔がやたら大きくなるメカニズムの説明で有名な奴があったかと思うんですが、似たような感じで。

font-dafont-da 2007/05/15 00:05 >terutellさん
萩尾さんは、一度画風を変えられたのだけれど、腕力が落ちて、一番自分がのっていたころの画風に戻されたそうです。どっかで読みました。

>smallpineさん
うーん、どうなんでしょう?少女漫画の目は、大きくなればなるほど、表情は乏しくなるように思います。目の表情を追求するのは、むしろ青年漫画では?遠目景あたりは、こだわりを感じます。

kaerukunvsmimizukunkaerukunvsmimizukun 2007/07/20 17:45 「ときめきメモリアル」系は男性が書いているはずなのに、目デカイですよね?
目がデカくて、髪がピンクで、耳がとがっているというイメージがあります。そんな漫画がゴロゴロありますが、女性はあんまり読まないような。
あれは完全なる「男性向け」漫画ですよね。
あと、コンビニを外から見ると、硝子越しに女性誌と男性誌の表紙が見えるようになっていて、面白いことに女性誌の表紙も男性誌の表紙も、女性が飾ってます。その女性像が、全く違っていて、同じ性の生き物なのに2極化してるのがわかります。並べてあるので一目瞭然でおもしろいですよ。

とうりすがりとうりすがり 2007/11/25 23:28 少女漫画のきらきら目の起点といわれる中原淳一が男性なんだから、男がそういう目を描いてもなんら不思議なことはないでしょう
ま、男性作家が大きい目を描く動機や発想のヒントは、戦前と80年代の“人形”にあるんだけどね。

勝手気まま勝手気まま 2008/01/31 04:05 論理的には納得です。
確かに読者層によって書き方は変わってくるでしょう。

しかし、どうせ比べるなら原画でお願いします。
これだと比較にならない。
原作者とアニメーターの作画の違いは考慮に入れないのですか?
そのX、ツバサクロニクルのDVD絵はCLAMPではあり得ない 笑

kwrpmkwrpm 2010/01/18 18:12 家庭教師ヒットマンREBORNの画像 http://comic.fansfree.com/jump/katekyo/

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gordias/20070510/1178809143