京都 琴(箏)日記

2014-05-07 こころホールにて琴綾会演奏会

お知らせ

5月11日(日)に新町通り4条 の こころホール(池坊地下)にて 琴綾会コンサートを行ないます。

午後1時開演。 無料。

f:id:harumi-20gen:20130512155032j:image:w360

f:id:harumi-20gen:20140508001511j:image:w360

2012-08-04 京都 琴(箏)教室だより (はてなのブログを終了)

連日暑い京都です。長きに渡りこの「はてなブログ」を使ってブログを書かせて頂いておりましたが今月から下記の様な広告が私の意志に反して入るようなシステムとなってしまいましたので これを機にグーグルブログに移行することに致しました。 以前より入れられる動画の容量なども制限があったり使い辛い面もありましたので 丁度良い機会になったかも知れません。私は飽き性ではないので不具合が起こらなければ慣れ親しんだブログで続けたかったのですが仕方がありません。 今までも少しだけグーグルブログも使っておりましたが これからは移行致しますので 宜しければそちらの方を御覧になって下さいませ。 どうぞ宜しくお願い致します。

下記の下線文字をクリックし、ホームページからGoogleブログへ入っててください。

 http://www.koto.kyoto.jp/←クリック

2012-07-28 京都 琴(箏)だより (京都下鴨神社足つけ神事)

まあ連日の猛暑です。京都下鴨神社では毎年土用の丑の日の前後4日間、御手洗池で「みたらし祭り」が斎行されます。 池から湧き出た水は御手洗川となり広大な糺の森を潤していますが、土用の丑の頃になると湧水量が増えることから「鴨の七不思議」の一つに数えられています。みたらし池に普段は入ることが出来ませんが、祭りの期間中だけは誰もが水に入ることが出来ますので、早朝から大勢の方が神社を訪れます。禊の方法は、履物を脱ぎ御祭神の瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)へ奉る献灯料を、お供えし御手洗川に入ります。途中ローソクに火をつけ火が消えないように池の中を歩いて井戸(沸き口)の上に祀られた「井上社」を目指し、神様に灯明を供えて祈ります。水は大人の膝下くらいですが本当に驚くほど冷たく「禊ぎ」を実感します。昨日、母とお参りさせて頂き神社様の方々ともお話しさせて頂きました。境内に灯す御提灯を献灯致しましたので帰りに御神水を戴いて帰りました。お参りの後も頂かせて頂きましたが、とても清らかな大変美味しいお水でした。明日まで行なわれておりますので、皆様も是非お出かけ下さいませ。 

2012-07-27 京都 琴(箏)だより (早 夏バテ?)

f:id:harumi-20gen:20120801222853g:image

連日36度の暑い京都です。先週はウチの町家メンテナンスに業者さんが来られていました。生憎のにわか雨などで少し日にちも長引いたりしましたので機材や色々なものを置いたりしており、月例の「千円コンサート」も急にお休みさせて頂きました。 私は呑気者ですが掃除好きですので いつもつい日常のことを頑張り過ぎてしまいます。先週は体調が悪かったのに色々動きすぎて過労になりました。 今週いつも通っている南丹の病院へ行きましたら状態が悪いと言うことで今回初めて背中に鍼治療して頂きました。「夏バテにはまだ早いですよ」と掃除し過ぎたことを注意されました。今は反省しています。今年の夏は9月一杯まで暑さも厳しいそうですので体調管理しながら何とか元気で過ごさないといけないなと思っているところです。

2012-07-25 京都 琴(箏)教室だより (一日琴体験)

先日 フランスから親子で琴体験に来て下さいました。お父様がフランス人、お母様が日本の方でフランス生まれだから共に高校生の女の子男の子はフランス語の方が得意です。でも本当にお行儀がよく いつもお母さんに厳しく教えられているということで受け答えなどもとても丁寧でしっかりされているので感心しました。海外に比べて日本の子供は親が躾に甘いですので公衆道徳は勿論のことですが このままではいけないなと感じる我侭な子供が多いように感じて恥かしいときもあるのですが外国の子供達は美術館などでも小さくても騒がずにお利巧に列に並んでいたりして偉いなあと思うことが多いです。さて3人でチャレンジして貰いましたが皆さんギターなど楽器が好きで弾いていますということでしたので呑みこみも早く上手に弾けるようになり最後には合奏も出来ました。日本には5・6週間滞在し京都では町家の旅館に泊まって今日はこれから貴船へ行って男の子のたっての希望で「流しそうめん」を食べてみたいということです。女の子は美術に興味がありこちらで沢山絵の具を買い込んだとか。縮緬の綺麗な風呂敷を買えた事がとても嬉しいそうです。夜には東京に移動し明日はお母様の故郷の北海道へいかれるそうです。色々なお話しをしました。「子供達には日本の文化も知っておいて欲しいので体験しましたが、今日はここへ来れて本当によかったです」と言って下さり私達も何だかとてもお別れするのが寂しい感じがしました。どうかお元気で日本を楽しまれますように、そして又いつでもここへ遊びにいらして下さればと願いました。

2012-07-22 京都 琴(箏)だより (町家の天窓)

梅雨明けはしたものの今週は雨の多い京都でした。 ウチの築110年の古い町家ですが少し前から台所の上の天窓の辺りから雨が少し漏るようになり気になっていました。 2階建てとはいえ中二階のような家ですので吹き抜けの天井は随分高いところにあります。 屋根屋さんに調べて頂いたら、やはりこの天窓のまわりから雨が漏っているとのことでしたので折角の明り取りの窓ではありましたが この際取って貰いふさいでしまうことに決めました。屋根屋さん曰く瓦4枚分と珍しい位大きな天窓だったそうなので暗くなりますよと言われましたがふさいでしまう方が雨の心配はなくなるということでしたので決めました。はずして下へ降ろして貰った天窓を間近で見ると本当に大きな窓でした。 はまっていたガラスもしっかりしていてよくぞ割れずに今まで持ちこたえていたと思うと何だか可哀想な感じもしました。昔のものは皆、丁寧につくられていたのですね。歴史を感じました。天窓自体は問題なかったのですが周りに乗っている瓦との重なりがわずかですのでどうしてもそこから雨が入ってしまうとのことでした。塞いでしまうとやはりかなり家の台所が暗くなってしまいましたね。「どうしますか?」と最後まで聞いて下さっていましたので少し後悔しましたが この町家をもう少し使ってあげる為ですので仕方ありませんね。 今までご苦労様でしたと家族で感謝しました。こちらの家から隣りの町家の屋根を見たら綺麗に瓦を乗せて下さったので どこに天窓があったのか分からないくらいになりました。日本の古い家は本当に上手く出来ているのだなあと感心しました。

2012-07-15 京都 琴(箏)だより (夏の町家拝見)

昨晩の京都は夜半に物凄い雨が降り 怖くて眠れないくらいでした。九州の方は大きな被害が出ていますが本当に怖いことだと実感しました。あれだけの雨が降ったのに今日は又35度位の暑さとなっています。昨日は京都駅近くの町家にお住まいの知人から家を夏の建具等にしましたので見て下さいとお誘い頂きましたので拝見させて頂きました。広いお家はお向かいにある茶道の藪の内のお家を真似て作られたというだけに、素敵な町家です。お庭には水琴窟もありいい音色がしていました。 築80年でクーラーなどはつけられなく網戸もありません。蚊取り線香をたきながら戸を開け放ち自然の涼をとってられます。京都市の方から是非この家を残して下さいと言われ調査にも来られたそうです。京都にはこうして代々受け継いで来られた町家がまだ残っています。けれども年々取り壊されて消えて行っています。京都の町の景観保持の為にも何とかこうしたお家を残して頂きたく願いました。

2012-07-08 京都 琴(箏)だより (町家で琴体験)

:w360]

昨日から漸く雨が上がった京都です。着物を着てお出かけし古典芸能などを楽しむという会の方々が 町家で琴体験をして下さいました。大阪豊中など遠方から来られました。体験の後、三条会である「七夕祭り」に行かれるということでして浴衣姿でチャレンジです。 一度弾いてみたかったけれども機会がなかったので来て見ました、と伺いました。皆さん やはりお洒落に浴衣を着てられますね。母やお弟子さんのチビちゃんにも手伝って貰いましたが皆さん頑張って弾かれましたので 何とか合奏までいきました。 少し私の演奏と箏の説明をさせて頂きお茶を飲みながらお話しもしました。 雨も降らず暑くもありませんでしたので七夕祭りに行かれるのに良かったです。 「初めて箏を弾いてみて押し手など力がいることがわかりました。今度箏演奏を見ることがあれば あーこういう風にしているのだなあとわかりますね。」と感想を話されておられましたが皆さん夫々箏に親しみを持って下さった様でしたので機会がありましたら又、弾いて見て下さればと願いました。お疲れ様でした。

2012-07-01 京都 琴(箏)教室だより (人が寄ります)

:w360]

京都は雨です。梅雨だなあと思います。今日から7月になりました。昨日は朝、生徒さんが伊賀上野から子供さん連れで来てくれました。「こうちゃん」です。見る度に大きくなり驚きます。お母さんが箏を弾かれますので箏爪を見ると、指につけるものだと理解している様です。面白いなあと感心しました。さすがに男の子です、車や電車が大好きということで、これから京都駅へ行って電車を見せてあげようと思います、とのことでした。ほどなくチビちゃんがお稽古に来ましたので お別れしましたが本当に、いつまでも一緒に遊んであげたくなりました。孫がいるおばあちゃんの気分です。その後、大学の邦楽部の方達がお稽古を見学に来られましたが、近く「七夕コンサート」で演奏されるということでしたので「三段の調べ」を聴かせて貰い少しお稽古してあげました。1年生で箏を春から始めたばかりだそうですが 非常に熱心に練習されていて 上手に弾かれていました。爪のあて方や気づいた事などお話ししていましたが誰にも教えて貰えなく自分だけで考えながらということは なかなか難しいものがある様に思います。特に基礎が大切ですので基本的なことを知らないでお稽古していると後で困ることになってしまうことがあるからです。皆さんがとても熱意を持って練習されてられましたので 色々な事を伝えてあげられたらいいなと感じました。 

2012-06-28 京都 琴(箏)だより (MeetUs Kyoto)

harumi-20gen2012-06-28

今週は過ごし易い気候の京都です。 ご縁があって「MeetUs Kyoto」というユニークな試みの活動の一端に私も加えさせて頂く事になりました。 京都大学法学部院生である品川さんという方が主催されてお声掛けして下さいました。内容は下記のHPなどで 紹介されてられますので御覧になって下さいませ。 品川さんの出身は関東ですが大学で京都へ来られて 京都がとても好きになられたそうです。観光などでこの京都を訪れられた外国の方々に この地に親しんで頂くべく様々な事を考えられています。楽しい企画で私も参加したいものがいくつもあります。 ただの思いつきだけでなくビジネスとしても立ち上げていける様にというところに感心しました。 私に出来ることは箏ですので出来ることでお役に立つ様なことがあれば嬉しいです。 始まったばかりですので これから試行錯誤しながら前進していくことになるのでしょうが どうか若い方々の思いが実り多きものとなりますようにと祈ります。よく他府県の方から京都の人達は外へ向けて文化を発進していくことに非常に消極的だと言われるのですが 京都生まれでない若い方達が京都を好きになって下さり この地に愛着を感じて 何かを始めてみようと思って下さることに力を貰います。私も皆さんを見習って自分に出来ますことで努力していけたらと思います。


●HP http://meetus-kyoto.com/

●Facebookページ(外国人向け) http://on.fb.me/M1VCuh

●Facebookページ(日本向け) http://on.fb.me/NJqVeQ

2012-06-27 京都 琴(箏)演奏だより (京都 島原輪違屋さんで)

:w360]

昨日はお世話になっております太夫さんの お座敷がありましたので島原の輪違屋さんへ行きました。 5年前に太夫さんがご病気になられましたので久し振りの輪違屋さんです。 仲良くさせて頂いていた引き舟さんが(太夫さんのお世話をされている方のことです)先日亡くなられ もうお会い出来ないと思うと寂しい限りでしたが同い年の86歳の女将さんは お元気そうでお孫さんのお話しやら楽しいお話しを伺いました。 ご病気にもなられたそうですが今も現役でお客様を2階の「傘の間」に案内されたり飾ってある素晴しい「打ち掛け」の説明をなさったりと接客されてられました。 「こうしてお人が来てくれはってお仕事をしていることが元気でいなあかんという心の糧どすなあ」と言われていました。私も女将さんがお元気で居て下さる事が何より嬉しく思います。少し前まではタッタと階段を駆け上って?られましたのでお客様曰く「重要文化材のこの輪違屋の店より何より女将さんが一番の文化財ですなあ」と感心されてられたくらいです。長くこちらへ寄せて頂いておりますが枝垂れ柳の島原大門をくぐった時から何年たっても変わらない京都らしい輪違屋さんは独特の雰囲気が今も残っています。 変わったと言えばお店の前の道路が特別に整備されて今はここでは道中が出来なくなってしまったそうです。少し先に歌舞練場があり(今はデイサービスセンターになっています)昔は傘持ちさんに太夫さんが傘をさして貰いながら内八文字に練り歩かれた道中が当たり前でしたが道路法などの決まりで それもしてはいけなくなりました。風情がなくなっていきますね。本当に昔からある建物ですのでメンテナンスも大変ですが どうか日本の文化が残り続けられますようにと祈ります。 

2012-06-24 京都 琴(箏)演奏だより (披露宴演奏 京都八坂 東観荘)

f:id:harumi-20gen:20120703002456j:image:w640

昨日は暑くなるといっていましたが それほどでもなくしのぎ易い一日でした。久し振りに八坂の東観荘さんでご披露宴演奏がありましたので段取りを考えながら支度をしようと思っていましたら別の用事で東京の方とお会いすることになり 慌てて家を出ました。宴の後では飛行機の時間に間に合いませんので前にお会いすることになりましたが、どこでお会いするかなと心配になりました。何しろ観光シーズンではありませんがいつも人と車が多いところです。私は楽器もありますのでいつも車で行きます。 でもお会いする方が京都出身の方でしたので土地勘もありわざわざ東観荘まで来て下さり何とすぐお隣にありますお寺の茶店の様なところを見つけて下さいました。本当に東観荘のすぐ横でしたので、驚きました。こんなところにお店があったのですね。バタバタとしましたので「みぞれ」をお願いしましたら優しいお店の方が、がりがりと氷をかいて作って下さいました。静かで小さな長閑な雰囲気のところで嬉しくなりました。よくこちらへ来ていましたが今までこんなところにお店があるなんて全く知りませんでした。又来ようかな。奇遇にも、お会いした方のおじいさまがお箏の名手だったそうで何だかとてもご縁を感じました。その後東観荘へ戻り、演奏をさせて頂きました。ご親戚だけの宴でしたが9月には男の子のお母様になられるという新婦様とお優しい新郎様を囲んで皆様がとても和やかに過ごされました。最後のお見送りの時には お二人とも感激の涙されておられましたがご列席の皆様もとても喜んでられました。どうぞお元気な赤ちゃんをと私も願います。

2012-06-22 京都 琴(箏)だより (東福寺と町家コンサート)

f:id:harumi-20gen:19990201134724j:image:w360

雨続きの京都でした。昨日も一日強い雨が降りましたが朝、東福寺の「退耕庵」へ「山崎史朗作品展」を観に行きました。「退耕庵」の御住職様とは親しくさせて頂いておりますので、こちらで催しをされます時にはいつもご案内を頂いております。長崎出身の山崎さんは今回長年、技を磨いてこられたジュエリー茶杓に加え新たに取り組まれた「万華鏡」を出展されました。 万華鏡は覗かせて頂きましたがとても綺麗です。何より万華鏡自体が素敵なオブジェであり彫金してあったりして素晴しいものでした。 オリジナルのジュエリーも芸術的で素敵です。デザインが優れておりいいなあと思いました。山崎さんが色々と説明して下さいましたがやはり美しいものは素敵ですね。何点か気になるものがありました。私は殆ど物欲が無いのですが素敵なものを見たらやはり気になるものですね。24日までありますので迷っているところです。さて夜は月例のウチの町家コンサートをしました。京都に警報が出ているということでしたが山科の方から一級建築士の方など来て下さいましてお話しを伺ったりしました。私の演奏も聴いて頂きましたが皆さんとお話しさせて頂く事が嬉しいです。

2012-06-17 京都 琴(箏)だより (月ヶ瀬が)

少し時間が出来てきましたので朝はジムのフットセラピーへ行き 午後からは演奏会のお顔出しに祇園コーナーへ行きました。 丁度先日お世話になりましたので建仁寺様の方へも寄りました。 昨日の大雨がウソの様に今日は 暑いながらもとてもいいお天気でした。 高島屋で箏の楽譜も買い、ほっこりしましたので帰りに甘いものを食べて帰ろうと「月ヶ瀬」へ寄りましたら何と張り紙がしてあり閉店しました、とのことで7月からは祇園の方で新店舗として営業します、と書いてありました。87年に渡りこちらでお店を開いてられたそうですが長年お世話になって?通っていた私としては衝撃です。本当に驚きました。 京都には甘味のお店は沢山ありますが、こちらのクリーム蜜豆は本当に美味しいと思いますので皆さんにもお勧めしています。高島屋にも入っているのですがやはり本店でなければいけません。とても気さくな女将さんがおられいつも着物を着ておられました。私が女学生の頃に既に、おばあちゃんでしたから今はもうおられませんが代々の方々も皆、優しいいい感じの方です。 祇園に新しくお店が出来たら又、行こうとは思うのですが何だか一つの時代が終わってしまった様で とても寂しいです。今の祇園は前の祇園ではありません。新しいおみやげ物屋さんのような和の店が一杯出来ています。お若い方が多く観光に来られる場所ですので、そういう店が多くなっているのでしょう。新旧交代していくことがいいことなのかも知れませんが少し寂しくなりました。

2012-06-14 京都 琴(箏)演奏だより (建仁寺にて)

昨日は暑くなった京都です。12日に引き続き京都祇園にあります「建仁寺」でICDAの行事がありました。 今回は「和」の雰囲気でということで母と弾かせて頂きました。 母も前日は法然院で毎年行なわれます八橋検校の法要の演奏に 行っておりましたので連日でしたが 今のところ元気にしておりますので助かります。 さて建仁寺での演奏は初めてさせて頂きましたが、お寺の皆様が本当に、お優しくて色々なことを ご親切にして下さいました。お声掛けして頂いて楽しくお話ししていて箏は龍の姿になぞらえているのですと説明しましたら 「それならばここで弾かれたら一番雰囲気がいいですね」と言って下さいまして 毛氈やら箏やらをすぐに移動して下さり立派な雲竜図の襖絵のお部屋へ箏を置いて下さいました。とてもいい雰囲気になりましたので迎賓の時に弾かせて頂きましたら お客様も大変喜ばれました。嬉しかったです。その後 移動して今度は お庭のところにかかっています渡り廊下のところが沢山のゲストの方からよく見えますので、そこで弾きました。 私達も綺麗なお庭を眺めながら弾かせて頂いてつくづく京都はいいなあと思いました。 ドイツからいらしたというお客様とお話ししたりインドからの方々と仲良くさせて頂きました。皆様も京都がとても気に入られた様で嬉しい限りです。今日はご希望の方は愛知トヨタレクサスの工場を見に行かれるという事でしたが 日本でのいい思い出になればと思いました。今回ご依頼下さいましたNSSCの皆様やお手伝い下さいましたスタッフの東京商社の方々、そして本当にお優しい建任寺の皆様に厚く御礼申し上げます。

2012-06-13 京都 琴(箏)演奏だより (ガーデン・オリエンタル京都にて)

f:id:harumi-20gen:20050621050740j:image:w360

このところ雨のせいか肌寒い感じの京都でした。 今日は又暑くなりましたが。昨日は「国際クロム協会」(ICDA)の年次総会が京都であり 歓迎行事が高台寺の「ガーデン・オリエンタル京都」でありましたので演奏に行きました。色々な国からの お客様が沢山お見えになっておられましたが インド南アフリカからの方々が特に多かった様です。 本当は去年日本で開かれる予定だったそうなのですが おりしも震災などがありましたので今年になりました。年に2度様々な国で行なわれていて次は11月頃にスウェーデンであるということです。北欧ですのできっと寒いかも知れませんね。 さてお客様方はこちらへ来られる前に夕暮れの高台寺を訪ねられました。春の頃、秋の頃はもう人が大勢でタイヘンな場所ですが今は丁度落着いていい雰囲気だったのではないでしょうか。昨晩は皆様の友好を深められますようにと鏡割りの後は 和やかに過ごされていたようです。 ギターとの演奏も喜んで頂けて良かったです。ガーデン・オリエンタルは演奏で伺ったことがありますが素敵な雰囲気のところです。もとは著名な画家のアトリエだったそうですね。皆様に親切にして頂きましてお礼申し上げます。

2012-06-09 京都 琴(箏)演奏だより (披露宴演奏松山閣松山)

f:id:harumi-20gen:20070121010214j:image:w360

近畿梅雨入りとなりましたので昨日はかなりの雨でした。 今日は京都の原谷の「松山閣松山」というところで披露宴演奏がありました。 こちらへは初めて伺わせて頂きました。何しろ大変風光明媚なところですので 先日一度確認の為に お邪魔させて頂きましたが私の苦手な山道の様なところを車で運転して行きますので 演奏と言うよりは無事に現地へ到着できるのだろうかと心配しておりました。 急なカーブも2箇所ありますし山手の道路は車1台分しか通れませんので対向車が来たらどうしよう、とか路肩が溝ですので暗くなって見えなくなったら落ちちゃわないかな、とか悩みはつきません。きつい上りの道をドキドキハラハラしつつ運転しながら、何とか行き着くことが出来まして一安心です。 30人位の近しい方々のご披露宴でしたが お客様はこの自然の素晴しい眺めのお座敷を とても気に入られたようでした。山頂が間近に迫り靄がかかった景色は別世界にいるようです。和やかな宴でしたので箏に興味を持って下さいましたお客様方から 色々とお声掛け頂きまして楽器のお話しをしたりしました。お客様や新郎新婦様、お母様など皆様に大変喜んで頂きまして嬉しい限りです。宴が終わった後、今日は下鴨神社のほうで「蛍火のお茶会」の催しもありましたので時間の関係で私は弾けませんでしたが 様子を見に行きました。 今年も多くのお客様が来られていたようです。 雨も降りませんでしたので宮司様もお喜びになってられました。 色々とあった一日です。松山閣のお優しい女将さんを始め 皆様との温かい交流に感謝致しました。

2012-06-07 京都 琴(箏)だより (衣替え)

harumi-20gen2012-06-07

かなり暑い毎日です。寒さには弱い私ですが 今はむしろ暑さの方が弱くなりました。 その内体温に近い暑さとなってくるでしょうし先が思いやられます。 昨日は頑張って洋服と着物の 入れ替えをしました。 着物は袷を着る方が多いですが 単のものや夏の絽や紗も 着ますので この時期は入れ替えをしなければいけません。帯や着物は結構重いですので 重労働です。でも何とか済ませました。 関西はこの夏 節電要求が出ているようですので大変ですが 元気で夏を乗り切れます様にと願っているところです。

2012-06-04 京都 琴(箏)教室だより (子供の視力)

harumi-20gen2012-06-04

気がつけば もう6月です。1年の半分過ぎているとは驚きです。 さて家の会も無事終わりましてお弟子さん達も 従来のお稽古に戻り新しい曲を 練習しています。初舞台だったチビちゃん達に会の感想を聞きますと それなりに?緊張していたということでした。でも人前で演奏して 自信もついたようですし良かったなあと私も嬉しい気持ちです。 一生懸命練習してくれたから上手に弾けました。 と言う訳で新しい曲を お稽古始めましたが 何だか夫々楽譜が見えにくそうですので 尋ねてみましたら学校の視力検査で かなり悪くなっていることが分かり 今眼鏡を頼んでいるところとか。 片方は1.0だけど片方は とても悪くて 小さな頃から眼鏡を持ってるのという4年生の子もいます。 こんなに小さな頃から 目が悪くなっているなんて可哀想ですね。 近頃の若い人達は 視力がいい人が珍しがられる位、皆さん目が悪いように思います。 お世話になっております馬場先生のお母様は亡くなられます直前まで 毎晩眼鏡無しで文庫本を読んでられたそうですが 今はもうそんなことは考えられないのかも知れません。 生まれた時から 携帯やパソコンがありますので 目が悪くならない方が不思議です。ずっと普通の視力で 見えにくいという状態がわからなかった私ですが それなりの年となり、小さな数字や字が読めなくなってきました。 目が悪い人の気持ちが よく分かります。 眼鏡をかけるのが 気乗りしなさそうな感じの小学生のお弟子さん達。 可哀想だなあと思いました。

2012-05-23 京都 琴(箏)演奏だより (披露宴で布袋寅泰)

昨日は大安でしたので 下鴨神社で披露宴演奏がありました。ウィークデイであっても6組も結婚式が行なわれていました。 新郎新婦様が大ファンでということで 是非この曲をとご希望されましたので布袋寅泰の「POISON」をバラード風にアレンジして貰いギターと箏で弾きました。 私も昔はロックが 大好きでしたので色々とよく聴いたものでしたが今はよくわかりませんので「うーん布袋寅泰かあ」と思いました。皆さんは色々とこだわりをお持ちですので 一生に一度の大切な良き日には 思い出深いものをと思われるようです。 近頃のお天気予報は あまり当たらない様で 宴の途中で雨が降ってきたりしていましたが 御開きの時には あがっていました。 夜はお誘い頂きまして 高島屋ビアガーデンに行きました。 私はお酒が殆ど飲めませんので こういう所へ来たのは久し振りでしたが何だか面白くて楽しめました。昨晩は寒かったですが 結構お客さんも来られていました。皆とワイワイ言いながら過ごさせて頂きました。 

2012-05-20 京都 琴(箏)演奏だより (2012邦楽ストリート)

昨日は 京都三条会商店街の中の 寺子屋というところで「2012邦楽ストリート」という催しがあり チビちゃん達と弾いてきました。 去年からこの催しが行なわれているということだそうです。昨日は 暑かったのですが会場のクーラーのリモコンが見当たらない?ということで まあ暑い中での演奏となりました。 可愛らしいお部屋の様なところでしたので控え室用にと お向かいの商店街のお店の方が お店を使わせて下さったりしました。沼津のご出身という店主のお父様は83歳ですが 大変気さくな方で色々なお話しを して下さいました。すっかり仲良しにさせて頂いて嬉しかったです。 関東からいらしたという詩吟の伴奏をいつもされてられる方や 着物が好きな方々などお客様も楽しい方々で 大変和やかな一時を過ごさせて頂きました。 暑い中聴いて下さった皆様に御礼申し上げます。

2012-05-18 京都 琴(箏)だより (町家コンサート)

初夏のようなお天気続きの京都です。 昨晩は「千円コンサート」の日でした。明日京都三条会商店街の中である「邦楽ストリート」の催しで弾く事になっていますので 会に引き続き小学生のチビちゃんの練習かねて弾いたりしてもらいました。昨日は若い方達が多く賑やかに過ごさせて頂きました。皆さんと音楽を通じて集えることが嬉しいです。

2012-05-16 京都 琴(箏)だより(鹿と電車が)

家の会も終わりましたが 暫くヨガのレッスンも受けていなかったせいか首などが凝っていて いつも通っている南丹の病院へ行きました。 治療を受けて駅までの病院の送迎の車を待っていましたら 車の運転手さんが話しかけてこられました。先週その方が行き帰り 私一人だけの為に車を運転して下さっていましたので道中少し話しをしていたのです。 病院は長閑なところにありますので皆さん のんびりした方ばかりのようです。 送って頂き電車に乗りましたが 何と今日は鹿と電車が接触したとのことで 時間が大幅に遅れているそうでした。 自然が一杯の路線ですので色々なことが起こります。 仕方ないなあと思いながら ゆっくり家まで帰ってきたのでした。 

2012-05-13 京都 琴(箏)教室だより (琴綾会演奏会)


京都は今日とても良いお天気でした。 毎年恒例のウチの「琴綾会演奏会」が 室町池坊学園のこころホールでありました。 初舞台のチビちゃん達も張り切って弾いてくれました。 沢山のお客様にも来て頂きまして 皆お弟子さんは頑張ってそこそこ?いい演奏が出来た様に思います。 今日の為に夫々一生懸命に練習をしてきましたので何とか無事に弾き終わり 今頃ホッとしているかも知れません。 1年に一度こうして皆で集って演奏会が出来ることに感謝しております。 学校に行っている人 仕事をしている人 子育てに頑張っている人など立場は違いますが 仲良くお琴を弾く事が出来て私も嬉しいです。 これからも箏を通じて和が出来たらいいなと思います。 お忙しい中 お出かけ下さり聴いて頂きましたお客様にお礼申し上げます。又 賛助出演して下さったり 箏や舞台のお世話をして下さった皆様に社中一同感謝致しております。 ありがとうございました。

2012-05-11 京都 琴(箏)だより (失踪 さくら)

f:id:harumi-20gen:20120510213028j:image:w360

我が家には 12才になる猫の「さくら」がいます。いたって臆病、小心者ですので 外へ自由に行き来出来る飼い方をしていてますが 12年間外泊はゼロです。 ごく普通のどこにでもいる和猫の雑種のオスです。 ウチの古い町家の2階の使っていないクーラーの室外機の裏で 野良猫として生まれました。 丁度桜の季節でしたので「さくら」と名付け我が家の家族となりました。 もともと野良猫だったせいか雷がなるなど気象条件が悪くなったり 脅えることなどありますと すぐに外へ出てどこかに隠れています。 5、4キロもありながら喧嘩も滅法弱く他の猫に勝ったためしもありません。 そんなオドオドの気弱な「さくら」が 先日朝からいなくなりました。 餌を食べていつもの様にフラッと 屋根伝いに散策に出たまま帰って来ません。 折りしもその日は父が庭で 釣り道具など広げてガタガタと 一日中片付け物をしていましたので 又怖がっているのだろうと深く考えませんでしたが 夜になり12時をまわっても帰りません。段々心配になり2時位まで起きて名前を呼んだりしていましたが 次の日朝になっても姿がありませんでした。 一応保健所に連絡しましたら 警察にも遺失物ということで届けを書いて出しておいて下さいとのことでしたので近くの交番へ行くことにしました。 事故で車にひかれたかな どこかへ入り込んででられないかな 水も飲めなかったらどうするの とか昼食をとりながら家族で話していたら 何と突然戻ってきました。 身体も温かく汚れてもいません、水を3杯程 飲んで餌も食べていましたが 特に悪びれた?様子も無く平然としているので唖然としました。探し猫の紙を張ろうとしていたところだったのです。 家の会前でこのタイヘンな時に人騒がせだねと皆で呆れましたが まあ兎にも角にも無事で何よりでした。 猫とは言えど大切な家族です。かなりの高齢になりましたが 元気で一日も長くいてくれますように と願っています。

2012-05-05 京都 琴(箏)教室だより (皆で下合わせ)

harumi-20gen2012-05-05

昨日は 家のおさらい会の下合わせ稽古を朝からしました。 いつもは夫々にお稽古に来て自分一人のお稽古ですが 毎年この季節、恒例の家の会では皆寄って合奏したりしますので いつもは会わない生徒さん同士仲良く集います。 手分けしてお手伝いなどもして頂いています。私は皆のお稽古をみたりしていますので わかりませんが皆さんが仲良しですので お手製のおやつや食べるものを持参して下さってお話ししながら お手伝いをして下さっているようです。 夕方で終わりまして 夜は隣りの町家にお客様がありました。 自ら食料持参で来て下さり和やかにして頂きまして演奏も少し聴いて頂きました。四方山話をして楽しんでいましたら 次は娘の友達達がこれも又、食料持参で遊びに来て下さったので 総交代することにしました。 そのまま引き続いて遅くまで盛り上がっていたようです。今朝のぞいてみたら お友達が一人帰りそびれて?寝ていました。まあまあ古い家ですが 気楽ですので皆、気を使わなくていいのでしょう。夜に「あー、一日終わったなあ」とお風呂に入り、湯船に浸かっていたら又、うたた寝してしまいました。やれやれ。  

2012-05-03 京都 琴(箏)教室だより (和洋で合奏)

家の会で小学生の韻ちゃんと 町家でしているギター教室の生徒さんの拓望君が一曲合奏します。 去年も一緒に弾いたから今年も仲良く和洋の取り合わせで 弾いてもらうことにしました。 皆のよく知っている曲がいいので「幸せなら手をたたこう」にしました。 私が二十絃箏で弾く時より簡単な様にアレンジして貰いました。同じ弦楽器でもギターの音は箏より音が小さいですので 会の時は拓望君の方に少しマイクをつけます。 今日、練習しましたが微笑ましい感じで良かったです。

2012-04-29 京都 琴(箏)教室だより(合奏しています)

家の会が近くなりした。HPに会の案内(←クリック)を載せておりますので宜しければ御覧になって下さい。 さて昨日は小学生の生徒さん達の合奏のお稽古をしました。 何でもこの時期は6年生の修学旅行の時期らしく 名古屋へ行きました、お伊勢さんへ行きましたということです。お土産のチョコレートを持って来てくれたりして後で 皆でお話ししながら頂きました。 学校の部活では吹奏楽部に入ったよとか クッキングをしているのとか楽しい話題で盛り上がります。 源氏物語が大好きと聞いて驚いたり。 でも今時の小学生の子供さんというのは 本当にしっかりしているなあと思います。話す内容もそうですが 小さいなりに自分の希望などを きちんと伝えたり出来ますし考えていることなども大人より しっかりしていたりします。 偉いなあと感心しつつ 楽しくお稽古しました。 

2012-04-23 京都 琴(箏)演奏だより

京都は 今日とても暑い一日でした。車に乗っていたらもう暑くて参りました。昨日はお昼に下鴨神社で披露宴演奏がありました。新郎新婦様は大学の邦楽部で 知り合われたご縁だそうでして 披露宴での箏演奏をご希望下さいました。とてもお優しい新郎様は 8月にはお父さんになられるということだそうです。 赤の内掛けが とてもお似合いの可愛い新婦様、元気な弟様や妹様の良き御姉様でもあります。 ご家族の皆様とも仲良くお話しさせて頂きましたが 本当に仲良い楽しいご家族でした。 夏には小さなご家族も増えて いいですね。どうかどうかお幸せにと願います。 和やかなうちにお開きとなりまして家に戻ってからは 今度は来月の家の会の合わせ稽古です。あれやこれやと言いながら賑やかに練習をしました。 社中の皆さんに色々な会の準備のお手伝いを して貰ったりしながら遅くまで わいわいと言っていました。 演奏の方は まあ何とか?なりそうな雰囲気ではありました。 皆さん遅くまでお疲れ様でした。 一日が漸く終わりましてお風呂に入ってくつろいでいたら何と湯船で暫し、うたた寝していました。 危ないなあと思いましたが まあ一日何とか無事に過ごせました。 

2012-04-20 京都 琴(箏)演奏だより (桜祭り 嬉楽家さんで)

今日は生憎のお天気の京都でしたが 昨日はいいお天気でした。昨年の桜の同じ時期に 演奏に行かせて頂いた永原診療会の嬉楽家さんからご依頼がありましたので 今年も弾いてきました。 今週はこちらの桜祭りで 色々な企画をされてられたようです。1本の枝垂れ桜は今が丁度見頃ですので その桜の下で長く茶道の先生をされて来られた 何と102歳のおばあちゃまが野点をされて皆様をもてなされ 私が箏を弾くという大変のどかな 一時でした。 外でしておりますので 通り掛りの方々なども楽しんで下さっていたようです。 去年もその様な感じでさせて頂きましたので 今年もあのお茶の先生に お会い出来るかなと 楽しみにしておりました。本当に お元気そうで今年も頑張って お茶を点てて下さいました。 大したものですね。 歩かれる時に杖はついてられるものの お耳もよく聞こえて健康そのものです。 凄いなあと感心致しました。 演奏は 皆様に大変喜んで頂きましたが 終わってから私にも わざわざお手前して下さいました。とても嬉しかったです。頂いたお茶はとても美味しかったです。 こちらのスタッフの方はお若い男の方が多いのですが 皆さんとてもいきいきと お仕事をなさってられたのが印象的でした。 又 来年も皆様とお目にかかれたらいいなあと 思いました。