(FUTANARIイイ(・∀・)!)喪男日記(BLACK METALイイ!(・∀・))

2014-11-20

hellkult2014-11-20

[] 23:18

くしゃみがひどい

[] 23:18

  • Vlad Tepes - Celtic Poetry/Into Frosty Madness/Winter

言わずと知れたフランス産プリミティブブラックメタル

過去作をリミックスリマスタリングした上でフランスの

Drakkar Productionsが2014年リリースした。


リミックスリマスタリング効果のおかげで

劣悪だったノイジーな音質は若干角が取れ、

ドラムやギター・Bassがよく聞こえるようになった。

とはいえ、十分チリチリジリジリしており、

オリジナルやブートと比べれば音質が良くなったという

レベルなので、やはりノイジーではある。

一部で悪名高いMütiilationのリマスターブート等とは違い、

オリジナルの雰囲気も壊していない、良いリミックス・リマスターだと思う。


ちなみに、本作に限らないがDrakkar ProductionsBandcampでも買える。

つい数年前まではオクで高値、ブートが出たりと敷居の高い音源だったものだが、

Bandcamp/デジタル販売様々である。

2014-11-18

hellkult2014-11-18

[] 23:16

風邪の引き始めのような気がする。

[] 23:16

  • Bloody Vengeance - Promocaust 2010

ドイツ産デス/ブラックメタル、2010年プロモTape。

自主制作でリリースされた。

I Iのメンバー等が絡んでいる。


ザラついた音質でズンズン勢いよく鳴らされるリフ、

ボコボコドコドコブラスト疾走するドラム、

テンション高く吐き出される低音デス〜中音域ガナリVo等が絡む。


1stアルバム同様、スラッシーな要素を混ぜながら非常に

勢い・暴虐感のあるデス/ブラックメタルを展開。

1曲目からConquerorのカバーをしていることからも

このバンドの熱さがお分かりいただけると思う。

収録曲は上記のカバーとオリジナル曲、インストリハ曲の

3曲となっており、ボリュームは少ないのだが

プロモとしては非常にインパクトのある作品。


そんなわけで、上に挙げた様なバンドや1stが好みであれば、本作も楽しめるのではなかろうか。

1stはBandcampで買えるのになぜかこのプロモはDL購入できないってのが

敷居を無駄に上げていて残念であり、BandcampでDLできるようにすべきだと思う。


関連:

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20141117

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20141110

2014-11-17

hellkult2014-11-17

[] 23:46

寒すぎやしないか

[] 23:46

  • Bloody Vengeance - Destruição Nuclear

ドイツ産デス/ブラックメタル2014年作。

自主制作でBandcamp及びTapeでリリースされた。

I Iのメンバー等が絡んでいる。


ズンズン重く、勢いよくザクザクと刻まれる

デスメタル的・スラッシュ的なリフ、

イかれた高速ギターソロ、

Rawな音質でドカドカ叩かれるハイテンションドラム、

低音咆哮〜中音ガナリVo等が絡む。


ドイツ産ではあるが、非常にスラッシーで荒々しくRawな

作品になっており、まるで南米や東南アジア産デス/ブラックを

彷彿とさせる。SarcófagoのカバーやMutilatorのカバーを入れているぐらい

なので、恐らくかなりの影響を受けているのだろう。

ブラックメタル的寒々しさは一切ないためそういう向きは注意がいるが、

スラッシーな勢い、暴虐さが非常によく出ているため、その方面が好きな方は

ツボにはまるのではなかろうか。

スラッシュ(ギターのノリ)+Conqueror(ドラムの勢い)とでも言えばいいか。

あるいはスラッシーになったAmptatorか。


そんなわけで、上に挙げたバンドの他、Tyrants Blood、Dark Managarm等の

スラッシーで勢いあるWar Blackが好みであれば、

本作も楽しめるのではなかろうか。


関連:

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20141110

2014-11-16

hellkult2014-11-16

[] 23:43

もう冬だ

[] 23:43

  • Stiny Plamenu - Propadle vody

チェコ産ブラックメタル2014年作。

チェコのNasphyr Recordsより333枚リリースされた。

UmbrtkaやTrollech等のメンバーが絡んでいる。


寒々しく、ズンズン、奇妙なメロを入れてくるトレモロ・リフ、

緩急つけてバコバコ叩かれるドラム、

ウギャウギャテンション高くガナルチェコ語Vo等が絡む。


基本は今までの作品同様、チェコ産らしいどこか怪しげ、不可思議な

展開を入れながら、独特の語感を持つチェコ語でガナリながら

疾走するブラックメタルを展開している。

音質や展開が若干ながら垢ぬけたかな?と1曲目で思ったが、

2曲目以降はいつも通りの疾走するブラックメタルであった。

時折不可思議なリフを入れてくるのは、同じチェコのMaster's Hammer辺りの

影響なのだろうか。実際Master's Hammerの疾走部分に似ている部分もある。

チェコ独特の怪しさ溢れる疾走ブラックメタルで、聞く人間の好き嫌いは別として

確実に個性を感じられる作品ではなかろうか。


そんなわけで、今までの作品が好みであればもちろん、

上に挙げた様なチェコ産ブラックメタルが好みであれば、

本作も楽しめるのではなかろうか。


関連:

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20091223

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20080915

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20080516

2014-11-15

hellkult2014-11-15

[] 00:16

CODの新作クリアしてしまったのでまたするものが無くなった。

[] 00:16

  • Kermania - Kehre Heim

ドイツ産ブラックメタル2014年作。

ドイツのVanからリリースされた。

Truppensturmのメンバー等が絡んでいる。


寒々しく哀愁漂うトレモロ・リフ、重苦しいリフ、

アルペジオメロディックなギターソロ、

ミドル主体でボコボコ叩かれるドラム、

ゆっくりと悲痛にガナルVo、荘厳・憂い気なクリーンVo、

アトモスフェリックなキーボードなどが絡む。


ギターリフに関しては前作を彷彿とさせる、

ドイツ的湿り気をおびた哀愁あるリフが満載だが、

本作では前作にはあったブラスト疾走展開は一切なくなっている。

その点は賛否がありそうだが、かわりに重厚かつより哀愁感が増している。

また1曲1曲がコンパクトにまとまり、よりアルバム単位で楽しみ安い作品となっている。

似た雰囲気だと、同じVan所属で交流もあるThe Ruins Of Beverastや

Verdunkelnの最近の作品が近いだろうか。

またゆったりと哀愁漂わせた展開は同じくドイツのLicht Erlischt

(現Latitude Egress)にも近いかもしれない。


そんなわけで、疾走感は無くなったものの、前作のリフが好みだった方、

上記したようなバンドが好みの方なら、本作も楽しめるのではなかろうか。

久しぶりの音源だがもうちょっと頻繁にリリースしてほしいところ。


関連:

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100606

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20080715

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20071217

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20060523