(FUTANARIイイ(・∀・)!)喪男日記(BLACK METALイイ!(・∀・))

2014-10-19

hellkult2014-10-19

[] 01:22

秋と言うよりもう冬になってしまった。

[] 01:22

  • Bethlehem - Hexakosioihexekontahexaphobia

ドイツ産ロック/ブラックメタル2014年作。

ドイツのProphecy Productionsよりリリースされた。

通常版と限定Box版があり、写真は後者。限定版には

4曲入りのボーナスCDが付く。

Mor Dagor、Inferius Torment等のメンバーが絡んでいる。


ズンズンと重苦しく刻まれるリフ、儚げ、ノリの良いリフ、ソロ、

ミドル中心でバコバコ叩かれるドラム、

ドイツ語で歌い上げるクリーンVo・低〜中音でガナルVo、

薄ら被さるキーボードテクノな打ち込み等が絡む。


このバンド、ダークな鬱ブラック、エレクトロニカ、ロックと

出すアルバムによって路線が大きく異なる。

ここ最近は『A Sacrificial Offering to the Kingdom of Heaven in a Cracked Dog's Ear』

『Stönkfitzchen』等、ブラックメタル路線の作品を出してきたが、

本作では『Mein Weg』路線(Voも同じ)のロック色を前面に出した作品となっている。

とはいえ、適度にガナリVoも取り入れており、ロック色8、ブラック色2ぐらいな感じだろうか。

鬱Voはないものの、厭世感、湿り気ある楽曲は、

若干Lifelover等に通じる部分があるかもしれない。

ちなみにボーナス曲は鬱ブラック色のある悲痛なVoとトレモロ入り1曲、

本編に近いロック路線1曲、テクノな1曲、ロックなインスト1曲を収録。


そんなわけで、ブラックメタルかと言われればそうとは言いにくく、

かといって全編ロックかと言われればこれまたあてはまらず、

なんとも人に勧めるには難しいバンドではあるのだが、

上にあげた様なロックと鬱色が混じったバンド、Joylessや

Forgotten Woods、Simple Existenz辺りが好きな人、

『Mein Weg』が好みだった人などは、本作も楽しめるのではなかろうか。

関連:

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20101129

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090616

2014-10-01

hellkult2014-10-01

[] 00:23

暑かったり肌寒かったり。

[] 00:23

  • Profanity Angel - Acts of Desecration and Blasphemy

ポーランド産デス/ブラックメタル2014年DemoTape。

ポーランドのPutrid Cult/カナダのTOUR DE GARDEから

300本リリースされた。


ズンズン荒々しく勢いよくかき鳴らされるリフ、

ズドズド緩急つけて鳴らされるドラム、

ウゴウゴゴウゴウ邪悪に咆哮する低音デスVo等が絡む。


レーベルの紹介等でもあるとおり、フィンランドの

ArchgoatやカナダのBlasphemy、アメリカのBlack Witchery等

から強い影響を受けたであろう、背徳的・暴虐的なデス要素の強い

ブラックメタルを展開している。

Demoとのことだが、音質も上記バンドのアルバム並ぐらいの

音質となっており、ちょうどいい塩梅で格好良し。

ポーランドのArchgoat、Blasphemyと言っていいのではないか。

(他にも似た様なバンド探せばいるかもしれないが、自分の知ってる中では彼らが一番近い)


そんなわけで、上に挙げた様な汚らしく荒々しいデス/ブラックメタル

好みであれば、本作も楽しめるのではなかろうか。

2014-09-26

hellkult2014-09-26

[] 00:07

台風去ってまた台風

[] 00:07

  • Deathwinds - Endless Wastelands

カナダ産デス/ブラックメタル2014年DemoTape。

カナダのVault of Dried Bonesより100本リリースされた。


ズンズンキュルキュル重苦しく、荒々しく掻き鳴らされるトレモロ・リフ、

緩急つけてドンドコゴロゴロテンション高く叩かれるドラム、

ウギャウギャガナル・低音咆哮Vo等が絡む。


カナダのデスブラック重鎮といえばBlasphemyだが、

彼らから強く影響受けたであろう、力強く荒々しい

デス/ブラックメタルを展開している。

疾走時はBlasphemyや同じくカナダのRevengeのような

疾走感、重苦しいスロー・ミドルパートはオールドデスとバランスよく進んでいく。


そんなわけで、上に挙げた様なWarBlackが好みであれば、

本作も楽しめるのではなかろうか。

トータルで8分ちょっとしかない収録時間の短さが難点。

アルバムに期待。

2014-09-24

hellkult2014-09-24

[] 00:19

台風が来るようだ

[] 00:19

  • Hadanfard - Avoghetens Besvartade Akallelser

スウェーデン産ブラックメタル2014年作。

スウェーデンのAncient Recordsよりリリースされた。

Grifteskymfning、Svartrit、Grav等のメンバーが絡んでいる。


呪術的・神秘的にかき鳴らされるトレモロ・リフ、アルペジオ

緩急つけて適度なノリを持って叩かれるドラム、

呪文を唱えるかのような怪しげなスェーデン語クリーン、ガナリVo等が絡む。


基本的に今までの路線を踏襲したと言える、

怪しげで神秘的なリフと怪しげなガナリVo等が

絡む、地下臭プンプンのスウェーデン産らしいブラックを展開している。

怪しく神秘的な雰囲気は関連バンドのGrifteskymfning、Svartritにも

通じるし、音質も似てはいるものの、本バンドの方がより呪術的雰囲気が

強いのが特徴だろうか。似た雰囲気の他のバンドをあげるなら、

同じくスウェーデンの1st〜3rd辺りのLIKにも近いかもしれない。

適度に良いノリを持たせた楽曲と、そこへ絡む怪しげなスウェーデン語Voが怪し格好良し。


そんなわけで、上に挙げた様なバンドや、Arckanum、

アメリカのSixx辺りの怪しげな楽曲を持つブラックが

好みであれば、本作も楽しめるのではなかろうか。


関連:

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20120129

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20111002

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20110614

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20101211

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20101113

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100322

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100228

2014-09-23

Karg – Malstrom

[] 08:33

朝は肌寒い

[] 08:33

  • Karg – Malstrom

オーストリア産ブラックメタル2014年作。

ドイツのObscure Abhorrence Productionsよりリリースされた。

Harakiri for the Skyのメンバーが絡んでいる。


憂いさ、儚さの感じられるトレモロ・リフ、アルペジオ

ミドル主体でダカダカ叩かれるドラム、

若干嘆くような感じでウギャウギャガナルドイツ語Vo等が絡む。


前アルバム辺りから顕著になった、

Lifelover辺りのポスト/鬱ブラックに影響を

受けたかのような、儚さ溢れるブラックメタルを展開。

Harakiri for the Skyのメンバーがやっているということもあってか、

若干Harakiri for the Skyに近いともいえるが、

こちらの方が疾走感が抑えられ若干デブレッシブロック色が感じられるか。

似たバンドを探すとすれば、すで言ったように関連のHarakiri for the Sky、

同じくオーストリアのAnomalie辺りだろうか。


そんなわけで、前作が好みであればもちろん、

上に挙げた様なデプレッシブロック色のある

ブラックメタルが好みであれば、本作も楽しめるのではなかろうか。


関連:

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20120429

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20101228

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20101022

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100201