(FUTANARIイイ(・∀・)!)喪男日記(BLACK METALイイ!(・∀・))

2014-10-29

hellkult2014-10-29

[] 23:42

冬の香りがする

[] 23:42

  • Besatt - Nine Sins

ポーランド産ブラックメタル2014年作。

ブラジルのMutilation Recordsよりリリースされた。

Det Gamle Besatt、Mystes等のメンバーが絡んでいる。


攻撃的にズンズン・ザクザク鳴らされる刻みリフ、

寒々しく荘厳なトレモロ、アコギ、ギターソロ、

緩急つけてかっ飛ばすドラム、

ウギャウギャ中音域で吐き捨てるようなVo等が絡む。


基本は前作の流れを踏襲した、ポーランド産らしい馬鹿速い展開と、

ブラックメタルらしい荘厳・しっとりした展開を交えた楽曲を展開している。

Det Gamle Besattからの影響があるのかもしれないが、

Voが若干ブラックメタルというよりスラッシュ的な吐き捨て声に

なっただろうか。これは賛否ある変化かもしれない。

また、前作よりメロディックなギターソロを入れたのも変化と言えるか。

馬鹿速い展開の合間に入ることが多く、口休め的な感じで合っている。

似た雰囲気のバンドをあげるとすると、同じくポーランドの

Azarath『Blasphemers' Maledictions』、Diabolicon辺りだろうか。

安定した楽曲の格好良さを持っている。


そんなわけで、Voが若干の変化があるものの曲自体は今までの作品と

大きく違うことは無いので、今までの作品が好みであったり、

上にあげた様なポーランドブラックが好みであれば、

本作も楽しめるのではなかろうか。


関連:

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100405

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20070606

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20060721

2014-10-28

Moloch - Die Isolation

[] 23:56

もう冬と言っていいような夜の寒さ。

[] 23:56

  • Moloch - Die Isolation

ウクライナ産アンビエント/ブラックメタル2014年EP。

フランスのDesireより300枚リリースされた。


完全な新譜と言うわけではなく、2010年にリリースされた

『Isolation der Essenz』に追加曲を加え、さらにリマスターを施したもの。

『Isolation der Essenz』の曲間に入っていたアンビエント曲は除かれ、

かわりにギターインストが収録されている。

よってA面は1曲目を除いてブラックメタル展開がかなり高く、

一方でB面はペイガンな雰囲気あるギターインスト

ダークで冷たいアンビエント曲の2曲入りで

アンビエント色が高いという構成になっている。

リマスターに関しては、若干CDの頃よりも生々しさが上がった感じだろうか。


そんなわけで、ブラックメタル曲自体は『Isolation der Essenz』の物のため、

ファン向け要素が強いものの、『Isolation der Essenz』はもっていない・Burzum

的なアンビエントブラックが好み、すでにCDは持っているが

新規収録されたB面のアンビエント曲に興味がある、と言った人は

買って損はないのではなかろうか。

ちなみに本作はフリーDLコードもついてくるので、レコード聴けない人も安心仕様。

関連:

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20140223

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20120526

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20110804

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20110702

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20110601

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20101110

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20101102

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100910

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100703

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100522

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100520

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100414

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100312

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100303

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100101

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20091208

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20091201

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20091119

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090928

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090919

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090711

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090620

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090503

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090426

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090323

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090322

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090315

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090314

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090313

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090306

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20100703

2014-10-19

hellkult2014-10-19

[] 01:22

秋と言うよりもう冬になってしまった。

[] 01:22

  • Bethlehem - Hexakosioihexekontahexaphobia

ドイツ産ロック/ブラックメタル2014年作。

ドイツのProphecy Productionsよりリリースされた。

通常版と限定Box版があり、写真は後者。限定版には

4曲入りのボーナスCDが付く。

Mor Dagor、Inferius Torment等のメンバーが絡んでいる。


ズンズンと重苦しく刻まれるリフ、儚げ、ノリの良いリフ、ソロ、

ミドル中心でバコバコ叩かれるドラム、

ドイツ語で歌い上げるクリーンVo・低〜中音でガナルVo、

薄ら被さるキーボードテクノな打ち込み等が絡む。


このバンド、ダークな鬱ブラック、エレクトロニカ、ロックと

出すアルバムによって路線が大きく異なる。

ここ最近は『A Sacrificial Offering to the Kingdom of Heaven in a Cracked Dog's Ear』

『Stönkfitzchen』等、ブラックメタル路線の作品を出してきたが、

本作では『Mein Weg』路線(Voも同じ)のロック色を前面に出した作品となっている。

とはいえ、適度にガナリVoも取り入れており、ロック色8、ブラック色2ぐらいな感じだろうか。

鬱Voはないものの、厭世感、湿り気ある楽曲は、

若干Lifelover等に通じる部分があるかもしれない。

ちなみにボーナス曲は鬱ブラック色のある悲痛なVoとトレモロ入り1曲、

本編に近いロック路線1曲、テクノな1曲、ロックなインスト1曲を収録。


そんなわけで、ブラックメタルかと言われればそうとは言いにくく、

かといって全編ロックかと言われればこれまたあてはまらず、

なんとも人に勧めるには難しいバンドではあるのだが、

上にあげた様なロックと鬱色が混じったバンド、Joylessや

Forgotten Woods、Simple Existenz辺りが好きな人、

『Mein Weg』が好みだった人などは、本作も楽しめるのではなかろうか。

関連:

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20101129

http://d.hatena.ne.jp/hellkult/20090616

2014-10-01

hellkult2014-10-01

[] 00:23

暑かったり肌寒かったり。

[] 00:23

  • Profanity Angel - Acts of Desecration and Blasphemy

ポーランド産デス/ブラックメタル2014年DemoTape。

ポーランドのPutrid Cult/カナダのTOUR DE GARDEから

300本リリースされた。


ズンズン荒々しく勢いよくかき鳴らされるリフ、

ズドズド緩急つけて鳴らされるドラム、

ウゴウゴゴウゴウ邪悪に咆哮する低音デスVo等が絡む。


レーベルの紹介等でもあるとおり、フィンランドの

ArchgoatやカナダのBlasphemy、アメリカのBlack Witchery等

から強い影響を受けたであろう、背徳的・暴虐的なデス要素の強い

ブラックメタルを展開している。

Demoとのことだが、音質も上記バンドのアルバム並ぐらいの

音質となっており、ちょうどいい塩梅で格好良し。

ポーランドのArchgoat、Blasphemyと言っていいのではないか。

(他にも似た様なバンド探せばいるかもしれないが、自分の知ってる中では彼らが一番近い)


そんなわけで、上に挙げた様な汚らしく荒々しいデス/ブラックメタル

好みであれば、本作も楽しめるのではなかろうか。

2014-09-26

hellkult2014-09-26

[] 00:07

台風去ってまた台風

[] 00:07

  • Deathwinds - Endless Wastelands

カナダ産デス/ブラックメタル2014年DemoTape。

カナダのVault of Dried Bonesより100本リリースされた。


ズンズンキュルキュル重苦しく、荒々しく掻き鳴らされるトレモロ・リフ、

緩急つけてドンドコゴロゴロテンション高く叩かれるドラム、

ウギャウギャガナル・低音咆哮Vo等が絡む。


カナダのデスブラック重鎮といえばBlasphemyだが、

彼らから強く影響受けたであろう、力強く荒々しい

デス/ブラックメタルを展開している。

疾走時はBlasphemyや同じくカナダのRevengeのような

疾走感、重苦しいスロー・ミドルパートはオールドデスとバランスよく進んでいく。


そんなわけで、上に挙げた様なWarBlackが好みであれば、

本作も楽しめるのではなかろうか。

トータルで8分ちょっとしかない収録時間の短さが難点。

アルバムに期待。