Hatena::ブログ(Diary)

helmokの日記

RemoteTubeからログインすることでiPhoneをリモコンのように使用してYouTubeの動画を見ることの出来るアプリ「RemoteTubePlus」を現在230円で公開しています。
YouTubeにアプリの動画をアップしていますので、興味があれば確認してみてください。機能を限定した無料版RemoteTubeLiteもあります。

2009-08-18

[]iPhone用有料アプリにおけるYouTube API/MapKitの使用可否について

YouTube API を使った有料 iPhone アプリは利用規約違反(だと思う)という記事。

YouTube APIを使用したアプリを開発しているので、

私もこの件については開発前にかなり調べました。


最初に結論だけ書いてしまうと、

YouTube APIを使用した有料アプリを開発するのは一定の条件下でOK

・MapKitを使用した有料アプリを開発するのもおそらく一定の条件下でOK

といった感じです。

以下、長々とその根拠を説明します。


YouTube API利用規約では

The following commercial uses are permitted provided that You comply with all other terms and conditions of this Agreement:

ということで一定の条件下での商用利用が許可されていて、その中には

. the sale of an API Client;

という項目があります。

また、YouTubeの公式ブログにはYouTube APIs + iPhone = Cool mobile appsという記事があり、

The YouTube APIs Terms of Service permits commercial use of the APIs under certain conditions, and in most cases, as long as you play fair, you are free (and highly encouraged) to develop great iPhone apps using the YouTube APIs and sell them in the iTunes App Store.

と書かれていますし、

Using the YouTube APIs to Build Monetizable Applicationsというページには

Charging customers to use your application or service

という項目において

You can also charge customers for using your application. However, please note that you cannot levy fees specifically for the ability to watch a video, upload a video or access any other API functionality.

For example, you could write an iPhone application that uses the YouTube API and then sell that application on the iPhone app store. You could also sell a subscription for a service that repackages content available through the API, such as a service that looks at your friends activities on YouTube and highlights your shared interests.

With those examples in mind, the following business models are acceptable:

* You can charge a subscription or one-time fee for users to have access to your entire site or application.

* You can charge a subscription or one-time fee for access to premium features on your site, which may include YouTube-specific functionality.

と書かれています。

なので、基本的にはYouTube APIを使ったアプリを有料で販売するのは問題ないはずです。

ついでにMapKitについても簡単に調べてみました。

iPhoneSDK用には一般の規約とは別の利用規約があり、その中には

最初に引用した記事の根拠となっているもとの利用規約

9.1 Free, Public Accessibility to Your Maps API Implementation. Your Maps API Implementation must be generally accessible to users without charge. You may require users to log in to your Maps API Implementation if you do not require users to pay a fee. Unless you have entered into a separate written agreement with Google or obtained Google's written permission, your Maps API Implementation must not:

という記述がなくなっています。

また、一方でiPhone利用規約

License Restrictions

には

10.4 charge users or any other third party any incremental fee solely for the use of the Maps API Implementation, the Service, or the Content, unless you have entered into a separate written agreement with Google or obtained Google's written permission to do so (but if you are a consultant who creates or hosts Maps API Implementations for third party customers, you may charge such customers a fee for your consulting or hosting services);

とあります。

any incremental fee solely for the use of the Maps API Implementation

という記述の判断は悩ましいところですが、

非公式のフォーラムではこの記述について

No, it is fine to have MapKit in a paid app.

However it is not OK to charge users just to enable the mapkit features.


Example of things not allowed:

in app purchase that just enables Google Maps API.

と書かれている人がいて、

私もこの判断で大丈夫だと思います。

YouTube API利用規約における

please note that you cannot levy fees specifically for the ability to watch a video, upload a video or access any other API functionality

という記述も同様の判断でOKでしょう。

MapKitを有料アプリで使用できるようにするために

上記のような規約の変更があったのではないでしょうか。


ということで、YouTube APIもMapKitもiPhone用有料アプリで使用しても大丈夫なのではないかと。

もちろん、気になるならばAppleGoogleに問い合わせた方がいいと思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close