Hatena::ブログ(Diary)

himazu blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2011-08-14

海外データローミングの代わりにIDEOSと前払い(プリペイド)SIMで過ごしてみた

背景

私が使っているスマートフォンはSIMロックされている。解除することは不可能ではないが、そうするといろいろ面倒なのでやっていない。海外でのデータローミングが1日1480円だったときに1週間余りの海外滞在中にデータローミングを使ったら総額1万円を優に超えてしまった。便利だとはいえ、それはちと高い。そして今は1日2980円になってしまった。

目標

そこで今回、イギリスと合衆国に滞在するにあたり、データローミングは使わずに、携帯型Wi-Fiホットスポット装置に現地の前払い(プリペイド)SIMを入れて使い、スマートフォンでのデータ通信はもっぱら、そのホットスポット経由で行おうと思った。

ホットスポット装置選択

ホットスポット装置として以下のものを考慮した。

  • Novatel Wireless MiFi 2372, 2352
  • Buffalo DWR-PG(SIMロック解除のためにファームウェア変更が必要)
  • Huawei E583, E585

できれば、アジア・ヨーロッパ・北米どこでも使える使えるものが望ましい。そしてできるだけ安くあって欲しい。DWR-PGSは合衆国で使えたという報告はあるが、ヨーロッパでは不明。Novatel・Huaweiのものはヨーロッパ用と北米用が別のように思えた。

一方、日本通信がIDEOSというAndroid 2.2搭載のスマートフォンをSIMロックなしで販売していて、これはホットスポットとして使える。世界各地で販売されているので、いろいろな国で使えそうに思える。2011年7月上旬の時点ではAmazon.co.jpで2万6000円ほどだった。Amazon.co.jpでは日本通信版のほか香港版が1万6000円ほどで販売されていた。現時点(2011年8月中旬)では円高の影響でそれぞれ2万4173 円、1万2800円となっている。海外での利用を考えてのことなので香港版を購入した。型番号はIDEOS U8510-Bである。

動作確認

海外に行く前に国内で動作確認を行っておきたかった。でないと海外でうまく動かないときに困るだろうから。そこで日本通信(b-mobile)のU300というSIMを買った。香港版IDEOSでは、そのSIMは使えない。

しかし、Vodafon Italyのファームウェアに入れ替えれば使えるようになるということなので、ファームウェアファイルをインターネットで検索してダウンロードし、Micro SDカードにコピーし、Micro SDカードをIDEOSに装着し、電源を入れる際に、通話終了ボタンと音量を上げるボタン両方を押しておくことでファームウェア入れ替えを行った。その結果、動作確認を行うことができた。

イギリス

現地の知人から「3」という会社(three.co.uk)の前払いSIMを買うとよいと聞いていた。ヒースロー空港にはSIMの自動販売機があり、1Gバイトまでデータ通信が行えるSIMが20ポンドで売っていた。ロンドン市街へ向かう電車の中でそのSIMをIDEOSに入れたところ、何も設定しなくても使えた。

そのSIMは、買った時点では電話を懸けたりSMSを送ったりはできないが、データ通信専用というわけではなく、電話を受けたり、SMSを受信したりはできた。通話料金やSMS料金をチャージすることもできる。

7日間の滞在中、主に仕事ばかりで出歩いたわけではなく、またホテルではWi-Fiを使っていたこともあり、行ったデータ通信の総量は100Mバイトほどであった。そのうちのかなりの部分を仕事のためのPDFファイル転送が占めているはずである。

合衆国

事前に知人からAT&Tの前払いSIM(Pay as You Goと呼ばれている)を譲り受けていた。611にダイアルすることで、チャージができるとのこと。譲り受けた時点でデータ通信・通話・SMSともに空の状態であった。ニューヨークのJFK空港ではSIMは売っていなかった。買うのであれば街中のAT&Tのお店で買うのであろう。繁華街なら結構いたるところにあったように思う。

ホテルにチェックインしてから、そのSIMをIDEOSに入れ、611に電話を懸けた。自動音声(英語かスペイン語)に従って、クレジットカードでチャージが行える。日本のクレジットカードだと自動音声だけでは本人確認ができず、最終的にオペレーターと話さなければならない。データ通信のチャージは15ドルで100Mバイトか25ドルで500Mバイトの2種類。なんとなく15ドルにしてしまい、ちょっと後悔した。2週間の滞在の最後のほうで足りなくなりそうで15ドル追加したからである。

イギリスの場合と同様、IDEOSに何も設定をしなくてもデータ通信が行えた。

2週間の滞在中のデータ通信の総量は結局100Mバイトで収まってしまった。あまり出歩かなかったし、仕事ではほとんど使わなかったし、ホテルではWi-Fiを使っていたし、レストランでもWi-Fiを提供しているところが結構あったので。最も多くデータ通信を使ったのは、不案内なとこでの移動の際で、地図アプリを使ったり、行き方を調べたり、道中の写真をアップロードしたりで、1回の移動で25Mバイトほど消費した。

制限事項

少なくともiPhoneでは@softbank.ne.jp宛てのメールはiPhone自身がデータ通信を行っていないと受け取れない。それ以外の制限は感じなかった。iPhoneのアプリケーションはどれもIDEOS経由で問題なく使えた。

IDEOSの電池はあまり持たない。Wi-Fiホットスポットにして使っていると満タン充電から数時間も持たない感じである。なので、1日中使うのであれば電源対策が必要になる。電池を長持ちさせるために使わないときは機内モードにしておくことことは有効である。起動に時間がかからないのであれば、電源のon/offで対応すればいいのだが、IDEOSは起動に1分ほど必要なので。

IDEOS等の電話機がMiFi等のホットスポット専用装置に勝っている点

IDEOSはまがりなりにもスマートフォンなので、タッチスクリーンを見ながら操作できる。SIMさえ対応してれば、音声通話もSMSも可能である。キャリアがSMSでいといろ伝えてくることがあるので、SMSの受信はできたほうがいい。

感想

海外滞在中にIDEOSを使って満足している。ただし、今回の滞在で、本当にデータ通信が必要になったのは見知らぬ土地を移動した2回だけで、それに対応するだけであれば特別な準備は何もせず、必要なときにだけデータローミングを使うというのが安かったと思う。ただそれは、振り返って言えることであって、やはり費用がそれほどかからないデータ通信の手段は持っていたほうが安心である。

前払いSIMでのデータ通信がイギリスでは1Gバイト20ポンド(約2500円)、合衆国では500Mバイト25ドル(約1900円)と比べると、日本通信の前払いSIMはU300でも短期滞在で使うには割高に感じる。U300で通信速度が制限されていてるのはいいとして、音声通話もSMSも受けることさえできないというのは不便であるとともに海外の人には意外に感じられることだろう。

 | 
カレンダー
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2009 | 01 | 02 | 04 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 07 | 08 |
2011 | 01 | 03 | 07 | 08 |
2012 | 03 | 09 | 10 | 11 |
2013 | 04 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 03 |