プランク

Max Planck(1858年〜1947年


ドイツ物理学者。20世紀の理論物理学の二大支柱の一つ、量子論の先駆者。

もともとは熱力学の人である。19世紀物理学における二大難問の一つ、黒体放射の問題に取り込み、1900年にこれを解決する式の導出に成功*1している。この時にプランクの提唱した量子仮説は、さらにボーアらによる量子力学へと展開する扉ともなった。


1918年にノーベル物理学賞受賞。

*1:この過程で導出された光の最小単位hはプランク定数と名付けられている