Hatena::ブログ(Diary)

窯猫通信覚書〜銅版画日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-1-1 謹賀新年 このエントリーを含むブックマーク

f:id:kamaneko:20180101152058j:image


明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

年始は2つの小品展に出品します。

第26回 折々の作家たち展

1月13日(土)〜1月28日(日)1/15(月)・1/22(月)休廊)

12:00〜19:00(最終日17時まで)

ギャラリーヒルゲート

京都市中京区寺町通り三条上ル天性寺前

f:id:kamaneko:20180101153344j:image:medium

f:id:kamaneko:20180101153352j:image:medium

2018年新春小品展

1月13日(土)〜1月28日(日)木曜休廊

12:00〜19:00(最終日16時まで)

三鷹市下連雀4ー15ー2ー101

ぎゃらりー由芽と由芽のつづき

f:id:kamaneko:20180101153359j:image:medium

2017-11-1

夜の庭

[] を含むブックマーク

展覧会、無事に終了いたしました。

期間中は雨の日が続きましたが、多くの方にいらしていただき、ありがとうございました。

今後もまた日々精進いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

2017-10-20

[] を含むブックマーク

f:id:kamaneko:20171020105723j:image:w560

市川曜子

〜Yoko Ichikawa Exhibition OFFICE IIDA〜

2017年10月10日(火)〜 10月21日(土)日曜閉廊

13:00-18:30/last day 17:00

会場:オフィスイイダ 中央区銀座1-9-8 奥野ビル4階408号室

上段右がNHK俳句の挿画、古今亭志ん輔師匠の号。いろんなことが繋がっている。というお話。(展示している作品の掲載号は画廊で見られるようになっていますので、よろしければ絵と併せてご覧ください。)

中央のタブローはバク。少し前までカバー写真に使っていた多摩動物公園のバクに寄せて。

左は昔出た絵本「焼かれた魚」の中の挿絵です。半身食べられた秋刀魚です。

下段の猫3点は紙版画。自前の手漉きの紙に刷りました。パネルにアクリル板装。

2017-9-27 市川曜子展 2017 オフィスイイダ〜Yoko Ichikawa Exhibition

[]市川曜子展 2017 市川曜子展 2017を含むブックマーク

市川曜子

〜Yoko Ichikawa Exhibition OFFICE IIDA〜

2017年10月10日(火)〜 10月21日(土)日曜閉廊

13:00-18:30/last day 17:00

会場:オフィスイイダ 中央区銀座1-9-8 奥野ビル4階408号室


銀座1丁目の奥野ビルにて2年ぶりの個展です。

前回に引き続き、雑誌NHK俳句に連載中の、俳人ではない各界の方々の俳句にまつわるエッセイ「俳句的日常」のための挿画を主に

新作・旧作銅版画やその他をギュッと詰め込んだ作品展です。

どうぞお運びください。

f:id:kamaneko:20170927082235j:image:w360:left

f:id:kamaneko:20170927082236j:image:w360:left

2017-8-11

[] 今日観てきた展覧会  今日観てきた展覧会を含むブックマーク

太田三郎展「POST WAR 72世紀の遺書」 コバヤシ画廊

第二次世界大戦で戦争犯罪人として裁かれて、死刑になった人達の遺書を展示した作品。20点のうちの半分以上が20代から30代の人達だった。理不尽な死を嘆く人、天皇陛下万歳と記す人。皆妻や子どもたちのことを案じている。最初はかしこまった文体だけれど、だんだんと口語体になっていく人もいる。ひとつひとつが悲しく辛い。
奥の部屋には西東三鬼の句の切手の作品が展示されていた。
つい先日、子供の頃に好きだったテレビドラマ「冬の桃」のDVDをレンタルして見たばかりだったから、この時代の空気が漂うようなひんやりした画廊を出ても、鉛を飲みこんだようだった。

太田三郎展「POST WAR 72世紀の遺書

2017年8月7日(月)―8月19日(土)

11:30−19:00(祝日開廊、休日休廊、14日・15日・16日休廊)

コバヤシ画廊

画廊が暗かったのと、老眼鏡が合わなくて小さい文字が読みづらいのが少し困った。虫眼鏡必須か。