スマートフォン用の表示で見る

たのきんトリオ

アイドル

たのきんトリオ

たのきんとりお

ジャニーズ事務所に所属していた田原俊彦野村義男近藤真彦のトリオ。

トリオ名の由来は3人の姓名の頭文字「田・野・近」をとってたのきん。

結成は1980年、解散は1983年。

3人は結成前の1979年10月から、TBSドラマ「3年B組金八先生1」に出演し、田原(沢村正治)と近藤(星野清)は少しグレているツッパリ中学生役、野村(梶浦裕二)はお風呂屋(銭湯)の息子役として出ていた。

結成後は映画「スニーカーぶるーす?」やレギュラー「たのきん全力投球!?」に出演したが、活動はそれぞれのソロに重点が置かれ、トリオとしてはデビューしなかった。

しかし、田原俊彦のデビュー曲「哀愁でいと」のB面(CDで言うカップリング)として「君に贈る言葉(アフター・スクール)」を歌った。

1980年代の「アイドルブーム」の先頭として立ち、ジャニーズ人気を引っ張ってきた最大の貢献者たちでもある。


* リスト:リスト::ジャニーズ関連キーワード//固有名詞