スマートフォン用の表示で見る

アメリカ帝国主義

一般

アメリカ帝国主義

あめりかていこくしゅぎ

American imperialism

 アメリカ合衆国覇権主義的な側面を揶揄する言葉。略して米帝。現在では世間のごく一部の偏向した思想の持ち主(極左反米主義者、サヨクアメリカ嫌いのレイシストなど)くらいしか使う人はいない。1867年にロシアからアラスカを購入したり1898年にハワイを併合したいしたことなど、帝国主義的な行動を行ったことに由来する。また、第二次世界停戦後の覇権主義的な行動を揶揄する言葉としても用いられている。

 この言葉を実生活で使ってアメリカを批判すると極左暴力集団(過激派)や、サヨク思想の奴隷に成り下がったバカだと思われるので注意が必要である。