スマートフォン用の表示で見る

イオンエンジン

サイエンス

イオンエンジン

いおんえんじん

キセノンなどの陽イオン化した推進剤を電磁気的に加速して噴射、その反作用により推進力を得るロケットエンジンの一種。

化学エンジンの10倍以上という高い比推力を有し、少ない推進剤で大きな速度が期待できる。

その反面、推進剤が軽量なため長時間の加速が必要となり、また瞬間的な推力が低いため重力や空気抵抗のある状態での運用に適さないことから、地球からの打ち上げに使うことはできない。そのため主に衛星の姿勢制御や長距離を飛行する探査機の主エンジンとして利用される。