オルガヌム

音楽

オルガヌム

おるがぬむ

中世西洋音楽において、最初に発生したハーモニーを伴う音楽。それまで単旋律で歌われていたグレゴリオ聖歌に、4度または5度での平行進行でハーモニーがついたもの。その後の多声音楽(ポリフォニー)につながる。