ガルバルディ

アニメ

ガルバルディ

がるばるでぃ

プラモデル企画『MS-X』および、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場するモビルスーツ

ガルバルディα

模型企画『MS-X』に登場する、ジオン公国軍一年戦争末期にペズン計画に則り開発した高性能MS。型式番号はMS-17。

高い運動性能を持ちながらもビーム・ライフルを装備できなかったことにより採用が見送られたMS-15ギャンを再設計し、MS-14ゲルググの生産ラインでの製作を試みた機体で、ギャンの直系でありながら本機の外見はゲルググに似ている。大気圏内での飛行を目指したA型と宇宙用のB型が存在する。

一年戦争後に地球連邦軍ガルバルディを接収、更にB型をベースとして改良型であるガルバルディβが開発された。なお、ガルバルディαの「α」は、後にガルバルディβが開発された際に便宜上付けられたものである。

機動戦士ガンダムΖΖ』では、ネオ・ジオンが本機を発展・強化した機体AMX-117RガズアルとAMX-117Lガズエルが登場する。

ガルバルディβ

機動戦士Ζガンダム』に登場する、地球連邦軍量産型MSジオン公国軍が大戦末期に開発したMS-17Bガルバルディαをベースに、外装等を徹底的に軽量化し機動力を向上、また全天周囲モニター・リニアシートを導入するなど第2世代の局地戦用MSとしてリファインし、RMS-117という新たな型式番号を与え自軍の戦力とした。武装はビーム・サーベル、ビーム・ライフル、シールド(ミサイル×2搭載)。

製造後は主に月面都市グラナダルナツーに配備され、ライラ・ミラ・ライラ率いるガルバルディ隊によって運用された。後にティターンズに於いても運用され、パプテマス・シロッコの指揮するドゴス・ギアにも配備されている。 主なパイロットライラ・ミラ・ライラジェリド・メサなど。

ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』では高機動型ガルバルディβが登場する。