スマートフォン用の表示で見る

ガン×ソード

アニメ

ガン×ソード

がんそーど

解説

宇宙の吹き溜まりと言われている惑星エンドレスイリュージョンを舞台に、共通の敵を追い続ける二人の男と一人の少女、そして彼らを取り巻く人々によって繰り広げられる痛快娯楽復讐活劇。テレビ東京AT-Xにて、2005年7月より同年12月まで放送。全26回。

ロボットアニメでもあることは、放送前には伏せられていた。「スーパーロボット大戦K」「スパロボ学園」に参戦。

ストーリー

それは、宇宙の底にある、おとぎの国・・・

荒野に夢、街に暴力があふれる、ボンクラ達の理想郷・・・

人呼んで、惑星・エンドレス・イリュージョン

放浪の男、その名はヴァン。

さらわれた兄を追い求める少女・その名はウェンディ

荒野の果てに、1人は絶望を、1人は希望を見つめ、

二人は今、運命の旅へと踏み出すのだった。


no title公式サイトより

作品世界

地球ではない。太陽系でもない。

現代でもない。

文化、文明は現代より過去。

街の概念は、現代日本ではなくアメリカRPG世界に近い。

隣の町へは数十キロから数百キロと言う世界。

但し、経済、言語は共通で流通している。暦も同じ。

(監督メモより)

放送局

スタッフ

主題歌

オープニングテーマ「GUN×SWORD」
歌:中川幸太郎 feat.鬼太鼓座
エンディングテーマ「A Rising Tide」
歌:Okino,Shuntaro (沖野俊太郎

*1:週によっては特別編成のため、時間変更の場合あり