スマートフォン用の表示で見る

キプレス

気管支喘息の治療薬。

気管支喘息発作における、気管支収縮、血管透過性亢進および、粘液分泌促進など、喘息の発現や増悪の因子とされる、インターロイキン(IL)の特異的作用部位(受容体)を阻害することにより、喘息発作を阻止する。喘息がよくコントロールされた状態でも、服用を続ける必要がある。すでに起こった喘息、とくに発作の強いときには、この薬には気管支筋のけいれん性収縮を改善する作用はないので、そのときには気管支拡張剤やステロイド剤を必要とする。