スマートフォン用の表示で見る

クライメートゲート事件

サイエンス

クライメートゲート事件

くらいめーとげーとじけん

 アメリカペンシルベニア州立大学教授のマイケル・マンイギリスイーストアングリア大学の気候研究所(CRU)教授のフイリップ・ジョーンズが共謀して、ここ30年の気温変動が急上昇しているとしたが、これはデータを恣意的に解釈したものだとの説があり、この一連の騒動をクライメートゲート事件と呼ぶ。

クライメイトゲート事件表記ゆれ