スマートフォン用の表示で見る

シカゴ・カブス

Chicago CUBS

MLBナショナルリーグ中部地区所属の強豪チーム

チーム創設は1874年。現MLBチームの中ではシンシナティ・レッズに次いで2番目に長い歴史を誇る。

シカゴホワイトストッキングスコルツ→オーファンズと変え、1907年にカブスとなり現在に至る。


MLBの前身である1876年ナショナルリーグ (National League) 発足から、1901年アメリカンリーグ (American League) 発足までの1リーグ時代に6回のリーグ制覇、2リーグ制後は10回のリーグ制覇を行う。ワールドチャンピオンは1907・1908年の2回。いずれもデトロイト・タイガース相手に4連勝で退けている。

その後、7回ワールドシリーズに出場するものの、ことどこく負け続け、1945年を最後にリーグ優勝から遠ざかり、2016年2016年に至るまで長いトンネルが続いていた。

この事は「山羊の呪い」と言われる。

2016年、71年ぶりにワールドシリーズ進出。シリーズではクリーブランド・インディアンスに1勝3敗と追い込まれたもののそこから3連勝し、108年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。

日本人選手としては福留孝介田口壮高橋尚成藤川球児和田毅川崎宗則らが在籍経験がある。