スマートフォン用の表示で見る

シカゴ・カブス

Chicago CUBS

MLBナショナルリーグ中部地区所属の強豪チーム

チーム創設は1874年。現MLBチームの中ではシンシナティ・レッズに次いで2番目に長い歴史を誇る。

シカゴホワイトストッキングスコルツ→オーファンズと変え、1907年にカブスとなり現在に至る。


MLBの前身である1876年のナショナルリーグ (National League) 発足から、1901年アメリカンリーグ (American League) 発足までの1リーグ時代に6回のリーグ制覇、2リーグ制後は10回のリーグ制覇を行う。ワールドチャンピオンは1907・1908年の2回。いずれもデトロイト・タイガースを相手に4連勝で退けている。

その後、7回ワールドシリーズに出場するものの、ことどこく負け続け、1945年を最後にリーグ優勝から遠ざかり、現在に至るまで長いトンネルが続いている。

この事は「山羊の呪い」と言われる。