スマートフォン用の表示で見る

ジョン・ノイマイヤー

アート

ジョン・ノイマイヤー

じょんのいまいやー

John Neumeier

20世紀バレエコリオグラファーの中でも、ジョージ・バランシンモーリス・ベジャールらと並び重要な位置を占める振付家。

1973年からハンブルグバレエ団の監督とチーフコリオグラファーを務める。1942年、アメリカウィスコンシン州ミルウォーキーに生まれ、そこでダンスのレッスンを受ける。その後、コペンハーゲンロンドンのロイヤル・バレエ・スクールでバレエを学び、英文学文学修士を獲得。1963年、彼はシュツットガルトバレエ団のジョン・クランコと出会い、ダンサー・振付家として進歩する。

1969年ウルリッヒエルフルスがノイマイヤーにフランクフルトバレエ団の監督になるよう依頼し、『くるみ割り人形』、『ロミオとジュリエット』、そして音楽がラヴェルの最高傑作と名高い『ダフニスとクロエ』などの新解釈によってセンセーションを巻き起こす。1973年にはハンブルグバレエ団に移り、彼の指揮下でバレエ団はドイツを代表するバレエ団となり、国際的にも認識されるようになった。

ドイツ連邦功労十字賞、デンマーク国旗勲章など数多くの賞を受賞している。

ジョージ・クルーニー的目鼻立ちのはっきりしたイケメン。

 

参考:http://www.hamburgballett.de/e/neumeier.htm