スマートフォン用の表示で見る

スーパーチャージャー

一般

スーパーチャージャー

すーぱーちゃーじゃー

スーパーチャージャー【Super Charger】

本来は過給器全般の意味だが、現在は排気タービンを使ったターボチャージャーに対してエンジンの動力そのものを使ったメカニカルチャージャーの意味で使われる。

エンジンとコンプレッサをベルト等で繋ぎ、その回転でコンプレッサを動かしエンジンに圧縮空気を送り込むシステム。

もともとは航空機用のエンジンで用いられたメカニズムである。

排気タービンに比べて、応答性が良いことや燃費悪化率の低さ、中回転域からの動作などがメリット。

反面、コンプレッサをエンジンの力で動かすため高回転域ではロスが多くなるデメリットがある。

また、圧力自体は低いため、最大パワー偏重の傾向が強い現在はターボに比べて分が悪いのは否めない。

関連語:ターボ