スマートフォン用の表示で見る

スペランカー

ゲーム

スペランカー

すぺらんかー

アイレムから発売されたアクションゲーム

「洞窟探検」というテーマのくせに、主人公が生まれたての海亀より弱い。


様々なハードで発売されているが、その中でも特に有名なのはファミコン版である。

少しの段差からの落下(推定30センチ)や、コウモリの糞ですぐに死んでしまうゲーム史上最弱の主人公を操作して、

地下のピラミッドの宝を手に入れるのが目的である。

すぐ死んでしまうので、クリアすること自身困難だが、クリアしても2周目、3周目と無限に続く。


また、アイレムホームページで連載されている「ふる里4コマ小唄」でもスペランカー先生というキャラクターとして登場している。


なお、この比類なき弱々しさから転じて、怪我(故障)が絶えず思うように稼動できなかったり、その才能に見合うだけの活躍を果たせないスポーツ選手を揶揄する表現としても使われる。

多村仁志(怪我が多いことで知られるプロ野球選手)が有名だが、唐川侑己プロ野球高原直泰小野伸二久保竜彦(ともにサッカー)にも使われることがある。

スペランカー

スペランカー

オールドゲームヒーローズ スペランカー ソフビ完成品

オールドゲームヒーローズ スペランカー ソフビ完成品