スマートフォン用の表示で見る

タッシリ・ナジェール

地理

タッシリ・ナジェール

たっしりなじぇーる

ベルベル語: Tasili n Ajjer)

アルジェリア南東部、サハラ砂漠にある台地状の山脈。およそ500kmにわたり拡がっており、最高点は標高2158mの Adrar Afao(北緯25度10分、東経8度11分)である。台地を侵食した渓谷には糸杉が点在し、考古学的な景観も含んでいることから、「タッシリ・ナジェール国立公園」として国立公園、生物圏保護区、ラムサール条約登録地に指定されており、ユネスコ世界遺産にも登録されている。最も近い町は山脈の南西約10kmにあるジャーネットである。