スマートフォン用の表示で見る

チャレンジカップ

キーワードの候補

2件

スポーツ

チャレンジカップ

ちゃれんじかっぷ

日本中央競馬会JRA)が阪神競馬場 の芝・外回り1800mで12月上旬・中旬に施行する中央競馬重賞GIII)競走。

出走条件はサラブレッド系3歳以上(国際)(特指)、負担重量はハンデキャップ。

沿革

1950年、4歳(現3歳)以上の競走馬によるハンデキャップ重賞チャレンジカップ」として創設され、阪神競馬場・芝2400mで行われた。

1952年、施行距離を芝2000mに変更。

1954年、負担重量を別定に変更。

1957年、負担重量をハンデキャップに戻す。

1953年朝日新聞社より優勝杯が提供され、「朝日チャレンジカップ」に名称変更。

1981年、負担重量を別定に戻す。

1984年グレード制施行によりGIIIに格付けされる。

2001年、馬齢表示が国際基準に変更されるのに伴い、出走条件を「4歳以上」から「3歳以上」に変更。

2005年、国際競争に指定される。

2012年、施行時期をそれまでの9月から12月に変更。負担重量をハンデキャップに戻し、施行距離を芝・外回り1800mに変更。

2014年、「朝日杯フューチュリティステークス」が中山競馬場から阪神競馬場に移転されるのに伴い、朝日新聞社による優勝杯の提供がなくなり、競走名を創設時の「チャレンジカップ」に変更。代わって朝日新聞社の優勝杯は「セントライト記念」に提供される

スポーツ

チャレンジカップ

ちゃれんじかっぷ