スマートフォン用の表示で見る

ドイツ統一

社会

ドイツ統一

どいつとういつ

ドイツが統一された国家となること。

歴史的には二度、19世紀と20世紀に行われている。

ドイツ帝国

神聖ローマ帝国というゆるやかな連合体の結合は、宗教改革の激動を経て最終的にナポレオンの手によって解体された。

変わって登場した統一のための原理は民族国家(国民国家)の理念であり、最終的には1871年にプロイセン王国ドイツ帝国の樹立に成功した。

ドイツ連邦共和国

1945年ドイツ第三帝国は崩壊、ドイツの国土は連合国によって分割占領された。後、東西冷戦の開始によって西側占領地域と東側占領地域は分断、1949年西ドイツドイツ連邦共和国)と東ドイツドイツ民主共和国)が成立した。

時は流れて1989年11月、ベルリンの壁が崩壊して東西間の往来が自由化された。社会主義諸国の優等生といわれていた東ドイツでも、やはり西側に対抗するには力不足であり、1年後、1990年10月3日に東ドイツ西ドイツに吸収された。