スマートフォン用の表示で見る

バタフライ

キーワードの候補

3件

スポーツ

バタフライ

ばたふらい

4大泳法のうち最も新しい泳ぎ方。バタ・バッタ・Fly、競泳ではBu。

元来は平泳ぎの一泳法で1933年にM・メイヤース(アメリカ)がリカバリを水中ではなく水上で行うことから発達した物である。

その当時のルールでは左右対称の泳ぎでありキックがカエル足であれば平泳ぎ程度であったため、泳法違反にはならなかった。

スピードが出るものの上下運動が大きなためカエル足との相性が悪く、長距離を泳ぐには向かない泳法でありバタフライ平泳ぎを行う選手であってもオーソドックスな平泳ぎとレース中に分けて行うようになった。バタフライ平泳ぎ1936年国際水泳連盟会で正式に公認されたが200m平泳ぎではオーソドックスな平泳ぎに完敗した。

1935年にD・アームブルスター(アメリカ)とJ・ジーグ(アメリカ)がドルフィンキックを取り入れ1ストローク2キックという現在のバタフライとほぼ同じ泳法を生み出している。しかし、平泳ぎのルール上この泳ぎが使われることはなかった。

1937年にはオーソドックスな平泳ぎバタフライ平泳ぎをレース中に分けることが禁止されることになる。

その後バタフライ平泳ぎの発達により上位を独占していくようになる。

1947年に原則的にオーソドックスな平泳ぎバタフライ式平泳の混泳が禁止される。

1953年正式に平泳ぎバタフライが分けられ、1956年メルボルンオリンピックからバタフライという競技が誕生することになる。

1954年頃、長沢二郎(日本)が平泳ぎの選手であったが膝の故障によりカエル足が困難になりドルフィンキックを取り入れその後の改良で1ストロークで2キックを行う現在のバタフライを完成させる。

ルール

1.スタートおよび折返し後、最初の腕のかき始めから身体はうつ伏せで、両肩は水面に対して平行を保っていなければならない。

2.スタートおよび折返し後の水中でのサイドキックは認められるが、いかなる時も仰向きになってはならない。

3.両腕は水面の上を同時に前方へ運び、同時に後方へかかなければならない。

4.両脚・両足の動作は、常に同時に行われ垂直の上下動は許される。両脚・両足は同じ高さになる必要はないが、交互に動かしてはならない。平泳ぎの足のけりは許されない。

5.折返しおよびゴールのタッチは、水面の上もしくは下で、両手同時に行わなければならない。

6.競技者は、スタートおよび折返し後、水面に浮き上がるため水面下で回数に制限なく蹴ること、および水中での「ひとかき」は許されるが、かいた手は必ず水面上に抜かなければならない。

7.スタートおよび折返しの後、身体は完全に水没していてもよいが、壁より15mの地点までに頭部が完全に水面上に出なければならない。また、次の折返しあるいはゴールまでは、身体の一部が必ず水面上に出なければならない。

(「日本水泳連盟競泳競技規則」の第9条バタフライに関する条文を抜粋)

記録

2008年2月 女子二百メートルバタフライ 中西悠子枚方SS)日本短水路選手権2分3秒12(短水路世界新

スポーツ

バタフライ

ばたふらい

[英文表示] BUTTERFLY

バタフライは、卓球関連用品販売を行うタマスの登録商標

ラバー、ラケット、ボール、ウェア、シューズ、ケース、卓球台などで用いられている。

音楽

バタフライ

ばたふらい

新谷良子のシングル、「Happiest Princess」のカップリング曲。Webドラマ「ねこだもん。」テーマ曲。