スマートフォン用の表示で見る

ライク・サムワン・イン・ラブ

映画

ライク・サムワン・イン・ラブ

らいくさむわんいんらぶ

アッバス・キアロスタミ監督の映画作品。

84歳の大学教授「タカシ」、デートクラブでアルバイトをする女子大生「明子」、明子の恋人「ノリアキ」の3人を中心とした物語。

イラン人であるキアロスタミが監督を務め、日本人キャストとスタッフを使用し、日本で撮影された。第65回カンヌ国際映画祭コンペテイション部門正式招待作品。

Like someone in love

スタッフ

キャスト