スマートフォン用の表示で見る

ラテン文字

一般

ラテン文字

らてんもじ

リスト::文字と記号

ギリシャ文字からエトルリア文字?を経て派生した文字で、ラテン語表記用の文字。ローマ字とも。英語では“Latin alphabet”又は“Roman alphabet?”、“Latin script?”と呼ばれる。

なお、単にこの文字のことをアルファベットと呼ばれることがあり、この場合は英語で使用される26文字を指す。

本来のラテン文字から C から G が作り出されたり、 I から J に分岐したり、V から U や W が派生したりして、現在の26文字となった。

のちに英語フランス語ドイツ語などヨーロッパ諸言語からアジアアフリカ少数民族言語まで広がっていった。ダイアクリティカルマークエスツェットなどの拡張文字の追加によって、言語表記を補う。

日本語の各種ローマ字中国語ピンインなど、補助文字として使用される例もある。

この文字からドイツ文字?(フラクトゥール?或いは亀甲文字?とも)やゲール文字?が派生した。

2008年現在、ユニコードではラテン拡張-Dまでが使用可能である。