レッドブル・レーシング

スポーツ

レッドブル・レーシング

れっどぶるれーしんぐ

F1コンストラクター

オーストリアエナジードリンクメーカー「レッドブル」がジャガーF1チームを購入し、2005年より参戦。

ジャガーのマシンが戦闘力の低かったため、当初は活躍が期待されていなかった。しかしデビッド・クルサードが4位入賞2回を果たすなど予想を裏切り、その活躍は「春の衝撃」と呼ばれた。

2006年はフェラーリエンジンを購入、さらにはマクラーレンから空力工学のスペシャリストであるエイドリアン・ニューウェイCTOに就任し、ますます戦力アップが期待された。

2007年から2018年までルノーエンジン(またはパワーユニット*1)を採用。とくに2010年にセバスチャン・ベッテルの活躍で初のF1コンストラクターチャンピオンを獲得してからは4年連続でコンストラクターチャンピオンとなり、黄金時代を築き上げた。エンジン規定がハイブリッドパワーユニットとなってからも3強の一角として注目を集める。

レッドブルのジュニアチーム

2005年に資金難のミナルディを買収し、2006年からジュニアチーム「スクーデリア・トロ・ロッソ」(トロロッソ)として活動することになった。

以前はトロロッソのドライバーをレッドブルのテストで起用するなど交流が活発になされていた*2トロロッソで成果を上げたドライバーがレッドブルに昇格するという仕組みは健在である。

過去にはレッドブルトロロッソシャシーの共通化を試みたものの、レギュレーションに阻まれ失敗に終わったことがある。以降は可能な限りの共通化をしつつも別のシャシーを採用、開発部門のレッドブル・テクノロジー社から両チームに部品が供給されるという体裁で協力関係を続けている。

*1:2016〜2018シーズンはタグ・ホイヤー名義

*2:後にレギュレーションでテストが厳しく制限されるようになった。また、当時トロ・ロッソのエンジンはフェラーリV8エンジンではなく、コスワースV10エンジン(吸気制限付き)を使用していた。