スマートフォン用の表示で見る

ローソク足

一般

ローソク足

ろーそくあし

時系列チャートの一種 candle stick

日本が生んだ、最も歴史の長い、かつ洗練されたチャートである。

ある期間の「始値」「高値」「安値」「終値」の4つの値段(四本値)をローソクのような形であらわすことよりこう呼ばれる.

始値終値と、高値・安値との相互関係でできる形、あるいは複数の足が形成するパターンにはさまざまな名前がついている。

終値始値より高い形を「陽線」といい、赤で塗るのが一般的。終値始値より安い形を「陰線」といい、黒で塗る。始値終値が同じ形を寄り引け同時線という。形が十字になるので、星ともいう。