ボリンジャーバンド

(一般)
ぼりんじゃーばんど

株価チャートの1つ.
ジョン・ボリンジャーにより考案された.

作成方法
中心値*1からの標準偏差のN倍バンド2-3本を上下にとって作図する.

データが正規分布しているなら平均値±標準偏差内にデータが入る確率は約68%、平均値±標準偏差の2倍内にデータが入る確率は約95%、そして平均値±標準偏差の3倍内にデータが入る確率は約98%である.つまり,価格の大半がこの標準偏差のバンド中に収まる.
バンドが広いとボラティリティが大きく、狭いとボラティリティが小さいということである.
大底を探ったり,保ち合い相場に有効といわれる.

関連キーワード

  • 投資
  • テクニカル分析

*1:移動平均線,引値加重平均など

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ