ロードヒーティング

一般

ロードヒーティング

ろーどひーてぃんぐ

道路のアスファルトの下に電気コードや温水を流すためのパイプなどを敷き、降ってきた雪を溶かしたり路面の凍結を防いだりするシステム。交通量の多い道路の信号付近や、急な坂道などで見かけることが多い。また、個人の家でロードヒーティングを敷設しているところもある。

ただ、札幌市などでは財政面・環境面などの問題から、「脱・ロードヒーティング」の動きも見られる。

http://www5.hokkaido-np.co.jp/sapporokenbu/opinion-reader/002/