スマートフォン用の表示で見る

悪魔の飽食

読書

悪魔の飽食

あくまのほうしょく

1981年に発売された森村誠一の作品。

日本が支配していた旧満州国における731部隊の所業について記したこの本はベストセラーとなり、

当時の社会へ大きな反響を与えた。

その後、時を経て、この本における証言、伝聞、写真等には不審な点が多いことがわかり、

長編ドキュメントと謳ってはいるがノンフィクションとしての価値があるのかを疑われている。