スマートフォン用の表示で見る

伊予松山城

一般

伊予松山城

いよまつやまじょう

松山城は、愛媛県松山市に位置する城。金亀城勝山城とも呼ばれ、備中国などの松山城と区別するために、「伊予松山城」とも称するが、単に「松山城」という場合、伊予国にあった本城を指すことが多い。

概要

松山市の中心部である標高132mの城山(勝山)山頂に本丸がある、連郭式の平山城

天守は層塔型・三重三階地下一階の連立式。

天守を含む21棟の建造物が現存し、国の重要文化財に指定され、城郭は国の史跡に指定されている。

慶長七年(1602)、加藤嘉明によって築城が始められ、寛永四年(1627)に完成。勝山山頂の本丸と山麓の二の丸を竪石垣で結ぶ縄張りが特徴的。

天守幕末に再建されたもので、現存十二天守のひとつとなっている。