スマートフォン用の表示で見る

依田紀基

ゲーム

依田紀基

よだのりもと

囲碁棋士

1980年入段。1993年九段

名人4期、NHK杯優勝5回、など数々のタイトルを獲得してきた強豪。

原幸子四段は夫人。

国際棋戦にも強い。

2006年2月、上海で開催された、第7回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦の最終第3ステージにおいて、日本チームの主将として出場。韓国副将の趙漢乗八段、中国主将の孔傑七段、韓国主将の李昌鎬九段の3人抜きを果たし、日本チームに初優勝をもたらした。

ただし、日常生活にはかなり浮世離れした「ずぼら」な面があり、NHK杯の収録時間にあまりに遅刻を繰り返すため、「出場停止」処分となったこともある。

棋戦優勝歴

1983年第8期新人王
1986年第1期NEC俊英戦
第11期新人王
第17期新鋭トーナメント
1987年第12期新人王
第18期新鋭トーナメント
1989年第14期新人王
1990年第15期新人王
1991年第38回NHK杯
1993年第40回NHK杯
第12期NECカップ
第5回テレビ囲碁アジア選手権
1995年第33期十段
1996年第1回三星火災杯
第34期十段
第21期碁聖
1997年第21期碁聖
第3期JT
第4期アコム
1998年第17期NECカップ
第45回NHK杯
第23期碁聖
第10回テレビ囲碁アジア選手権
1999年第46回NHK杯
第11回テレビ囲碁アジア選手権
2000年第47回NHK杯
第25期名人戦
2001年第26期名人戦
2002年第24期鶴聖戦
第21期NECカップ
第27期名人戦
2003年第28期碁聖
第28期名人戦
2004年第29期碁聖
2005年第30期碁聖