スマートフォン用の表示で見る

黄色靭帯骨化症

サイエンス

黄色靭帯骨化症

おうしょくじんたいこっかしょう

脊柱靭帯骨化症の一種。

脊柱管の後方にある椎弓の間を結ぶ靱帯(黄色靱帯)が骨化し、脊柱管が狭くなり、神経の圧迫症状現れる病気。

原因は不明。

症状

下肢の脱力やしびれ。

悪化すると両下肢まひをきたす可能性がある。