スマートフォン用の表示で見る

加藤英司

スポーツ

加藤英司

かとうひでじ

70〜80年代のプロ野球選手。別名「加藤秀司」。

左投左打、ポジションは一塁手背番号は10→5→6→10→7番。

1948年5月24日生まれ。静岡県川崎町出身。

PL学園高校から松下電器を経て1969年ドラフト2位で阪急ブレーブスに入団。

1971年一塁手で一軍に定着。リーディングヒッターとして活躍。

1973年首位打者を獲得。リーグ優勝に大きく貢献。

同期入団の山田久志福本豊と共にブレーブスを支え、黄金時代を築く。

首位打者2回、打点王2回のタイトルを獲得。

1983年、水谷実雄との交換トレードで広島東洋カープに移籍。

1984年森脇浩司福井保夫との2対2の交換トレードで、大原徹也と共に近鉄バファローズに移籍。

小川亨と併用、一塁手、代打として活躍。

1986年、金銭トレードで読売ジャイアンツに移籍。

1987年南海ホークスに移籍。5球団目で通算2000本安打を達成した。

同年、現役引退。

1988年、関西テレビ野球解説者となる。

1995年、上田利治招聘され、日本ハム・ファイターズの一軍打撃コーチに就任。ビッグバン打線を誕生させた。

2002年、退団。

その後はマスターズリーグ大阪ロマンズの選手として活躍。

2004年、サーパス神戸の監督に就任。

2005年、退団。

その後、サンテレビ野球解説者や大阪ガスの臨時コーチなどを経て2016年中日ドラゴンズのチーフ打撃コーチに就任。

リスト::野球選手